19時15分開演。20時40分終演。休憩なし。UNIVERSAL STUDIO JAPAN。WATER WORLD。
ショー後イベント。山口勝平、山口由里子、古川登志夫。(敬称略)
 
今年もやって参りましたよ、ワンピースの夏がww
今回はバルトロメオが前説から出て来ます。
最初はキャストさんが地声でやってらして、
途中から祥ちゃんになりますw
初日はドミニクさんだったけど、
もう、ほんと、凄かった!!!
めっちゃバルトロメオ!!!!!
驚異の再現度!!!!!
とにかく可愛いったらない!!!
更にお声も祥ちゃんぽくて…
相当研究されたんだろうな~と。
素晴らしかったです。
そして個人的にはキャベンディッシュが超ツボwww
WTWに響く石田彰様の声…尊い!!!!
まためっちゃええキャラしてて声が可愛い!!
やたら可愛い!!!笑
これだけでもうじゅうぶん満足しましたがw
最後は三兄弟に持ってかれましたねぇ…。
しかも幼少期あかんて!!!!!
あれはあかんやつ。
どうせたぶんひまわりなんだろうけどw
めっちゃ可愛かったです…
そして阪口くん声もWTW初登場おめでとう!!!笑
ゾロとルフィ大好きな私としては、
ルフィのピンチにやたら張り切るゾロさんが観れたので、
もう何も望むものはないですwwwww

最近のプレショは、
ルフィさんが正義の味方的な描かれ方してて、
なんかちょっと違和感を覚えたりもしたのですが、
今回はそれなかったのも良かった。
一味のこまかいやりとりとか凄い面白かったし、
小ネタはばかばかしいし、
近年まれにみる楽しい脚本だったな!!!

初日キャストは、
ルフィたくみくんゾロ國藤さんナミMIKIさんサンジJUJUさんバルトロメオドミニクさん
くらいしか把握しておりませんww

7月29日(水)
ルフィまっちゃんゾロ國藤さんナミMIKIさんサンジJUJUさん
8月に取ってると思ってたチケットが7月でした。
この日は最前列。
目の前でひのけんミスッタが前説を…笑
最前はキャストさんも目の前だからほんと楽しいなぁ。
ゾロ、サンジ、そしてハクバのアクションが凄い迫力だった!!

8月03日(月)
ルフィテルポップゾロ國藤さん
当日券で観ました!!
Oブロックだったかな。
後方席だったから最初ルフィたくみくんかと思ってた…汗
柄谷さんがボンボンだった。
昼は水バトで海兵やってたから、
ほんと一日中USJですね笑

9月30日(水)

 
 
 
 
[PR]
# by edenblue3 | 2015-07-03 23:07 | event

運命の子供

伊藤えん魔プロデュース。

子供…つっても2歳児くらいまで?!の世界を描いている近未来モノ…かな。
産まれたばかりの子供を施設みたなとこに預けて、教育させるっていう。
題材としては面白いのかもしれないけども、
観ててあんま興味がわかなくて面白みを感じなかったのが実際のところでした。
えん魔さんはなにげにファンタジーが好きかな。
ってこれもある意味ファンタジーなのかもしれないけれど。

山浦さんは相変わらずかっこよかったな…。
メイクかっこよかったな笑
もはや彼はラスボス的な…
そういう肝となる役どころが多いですね。

えん魔さんは相変わらずの出オチでしたが、
ちょっと今回は怖すぎたわ!!www
あわさん不在が個人的にはつらいです…。



 
 
 
[PR]
# by edenblue3 | 2015-06-28 23:09 | straight play

ひとり、独りの遊戯

玉造小劇店 配給芝居vol.16。
 
わかぎさんの舞台も、世界館も久しぶりだったなぁ…。
今回、当券だったので早目に世界館に行きましたが…
相変わらず何も無いなあそこwww
とりあえず駅前のマクドで腹ごしらえはしました!!
 
舞台は満州。
時代は第二次世界大戦下。
激動の世、女として産まれながら、
男として生きざるを得なかった、 
一人の女。
嘘はつきとおせば真実になる。
長く偽って生きてきたけれど、最後は女に戻ります。

うえだひろしさんが女を演じているのだけど、
幼少期と、女性の時は、
お人形になりますwwww
…まぁ仕方ないか。
スタジオライフなら一人の役者が演じ切る…
くらいのことはしますけどもww
うえださんは男として生きてる時代を実際に演じます。
でもね、
たいしてつくりこんでる感じはないのだけど、
ほんとに女性に見えるんだから不思議。
女性が、男になってるように見えるんだから。
うえださんはたたずまいがとても寂しくて、
観ていて胸がしめつけられるよう。
凄く孤独を感じました。

お久しぶりの野田さんは、
そんなうえださんの舎弟みたいなもので。
ずーっと舎弟www
最後は女に戻ったうえださんにプロポーズしに行く、
という素敵な役どころ笑
つっても相手は人形なんだけどもww
それでもなんだか観ていてこっぱずかしかったわ!!
不思議~笑

人数的には多くない役者さんたちでしたが、
盤石のキャスト。
一人で何役もこなされている方もいましたが、
どれも安心で、見応えがありました。
いい役者さんがそろう舞台はほんと、安心だ。

…まぁ設定的に無理があるのはご愛嬌。
序盤の何かとつめこまれてる思想的な何かも、
さほど気にはならなかったのでギリギリセーフ。

 
 
[PR]
# by edenblue3 | 2015-06-28 22:11 | straight play
19時上映開始。休憩10分。22時40分終了。なんばパークスシネマ。
 
横アリだったけどチケット取れなかった…
いつになったら現地に行けるのか?!
全く予測がつきませんが、
今回もシネライとか略すやつに行って来ました笑
なんやかんやでもう4回目なんですね~凄いな!!
もうここまできたらずっとやる…みたいにキャストさんたちもなってましたね笑

最後にマモが、みんなで修学旅行行きたい!!
みたいなことを言いだして、他のキャストさんも、
行きたい行きたい…になってたのが凄かったな~。
ほんと仲良しなんですね。

…しかしこのメンバーに今後はもしかしたら、
へぶんずさんが加わるのか…?!
と思ったらちょう怖いです…
とりあえず来年のライヴの日に小野Dさん武道館でほんとホッとしてる…
心からホッとしてる笑

 
 
 
 
 
[PR]
# by edenblue3 | 2015-06-19 23:15 | event

エリザベート

12時30分開演。休憩25分。終演15時45分。
終演後舞台挨拶、城田優、尾上松也。(敬称略)

城田んトート復活!!!
そして花總さんシシィ!!!!
城田ん今回も大阪には来てくれそうにないので、
地方民は今回も遠征です…。

なんかキャストもですけど、演出もがっつり変更になってました。
初見の時はただただ驚きの連続で笑
そこも?!
そこも変えちゃう?!!!!!

て感じで笑
前の演出に慣れ過ぎていたせいで、落ち着かなかったな~。
次に観る時はもうちょっと安心して観れるかと思います。
変わってしまった演出はほぼ好きな感じでした~。
もともと過去にもトンデモシーンあったしな…笑
某レミゼとは違い、
エリザベートの変更は受け入れられるものだったです。(私は)

前々からずっと疑問に感じていた一幕ラスト、
シシィが真っ白なドレスになって出て来るシーンですが…(大好きなシーンです)
なんでいつも下手側から出てくるんだろう?!と思っておりました。
あそこはどどーんとセンターからでしょ?!(宝塚はセンターだ!!!)
と長らく思っていたのですが、今回とうとう、
センターになったーーーーー!!!!!!
素敵ー!!!!!!すてきすてきすてき!!!!
やはりあそこはセンターからどーんと出て来て欲しい!!!!笑
もうあのシーン、そのあとの三重唱も鳥肌ものでした。
夜のボートの演出も素敵だったな…(映像ですけど)

馬車とかもなくなって、シンプル演出になった感じかな??
ただ、
私だけにの演出はちょっと引っかかったな~。
初見ではえ?!ここ笑うとこ?!!!!
と思わず周囲を見渡した…(笑っているのは私だけであった…)
あの板をずりずり…ずり落ち演出は思わず笑ってもたわ…。
二幕でもあの斜め板は登場なさいました。
ルドルフのとこな…
ちょっと微妙やったな…。(私だけやと思うけど)
あとは革命家たちがルドルフを讃える歌の時の、
ダンスが変わってしまったのがちょっと悲しい!!
あの時の拳を突き上げる振付好きやってん…。
まぁこれはささいなことですけども。

とにかく何もかもが新しいエリザベートでした。

念願の花總シシィ。
拝見するのは初めてです。
宝塚版はDVDで見せて頂いただけで…
ずっと焦がれていたシシィです。
あぁ…観られて良かった!!!!!!
美しかった!!!!
歌も素晴らしかった!!!!!!
やはりこのエリザベート、私はシシィが主役だと思ってるんですね。
花總さんが主役にしてくれた…と思います。
もちろん今回は演出の変更もありましたから、
まさにシシィがセンターに立ったな、というか…
シシィが主人公!!!の舞台になったと感じました。それが嬉しい!!
最初の登場の時、ほんとに少女が立っているのかと思いました。
そこから徐々に成長していって、大人の女性へ。
二幕の老いてゆく様まで…素晴らしい演じ分け!!!!

お帰りなさいの城田トート。
より人外感が出ておりました笑
より白塗りな感じで笑
初登場での黒の翼…若干、厨二臭がしましたが笑
美しさは正義。
ただ…
花總シシィとのバランスが…汗
花總さんとにかく小柄なので、城田トートと並ぶと、
大人と幼女…
ちょっと犯罪めいて参ります笑
特に一幕冒頭は花總さんほんま少女みたいやからな…汗
バランス面ではちょっと微妙だったかな…
ルドルフとのチッスはやたら長かったですな!!

はじめましての京本ルドルフさん。
最初、あ~ダメかも…と思っていたのだけど、
だんだん可愛く見えて来た!!!!!
なんかやたら可愛いルドルフでした!!

こちらもはじめましての尾上ルキーニさん。
南米?!!!
麻薬密売してそうだ…とか思ったり思わなかったり笑
台詞いきなり間違えてこっちがヒヤリでしたが(この日が初日でした)
ちょっと緊張気味でらしたのかしら。
私この後の観劇も、ルキーニは全部尾上さんですので笑
楽しみたいと思います!!

a0255804_21351507.jpg

 




 
 
[PR]
# by edenblue3 | 2015-06-14 23:09 | musical
17時上映開始。休憩なし。TOHOシネマズなんば。
 
アニメ化も決定している落語心中ですが、
OAD??の完成披露先行上映会のLVに行って来ました。
よくわかんなかったんだけど笑
この上映会のあとに原作を揃えました。

上映のあとキャストさんが登場です。
関智一、石田彰、小林ゆう、林原めぐみ。(敬称略)
錚々たるメンバーが揃いました。
関さん、石田さんはがっつりと落語のシーンがありますので、
そのご苦労がしのばれるお話が。

関さんは落語経験者。
だからキャスティングされたのかと思ってらしたそうですが、
実際はスタッフさんはご存じなかったようです。
家だとだらっとしてしまうから、
車の中で落語をきいて練習をしてたそうです。
本編でちらっと拝見した落語、
凄くいきいきとして楽しそうでした。
それにキャラにも凄くハマっていたなぁ。
落語経験の有無にかかわらず、納得のキャスティングです。

石田さんは、今までありがたいことに年下の役が多かった、
けれど、この役で一気にご自身の年齢を飛び越え、
演じた歴代のキャラの中でも最高齢、
となったそうです。
ご不安もあったそうですが、
完成したものをご覧になって、
ご本人も納得の出来だったようです。
石田さんも落語はお好きなんだそうですが、
実際に演じるのは相当のご苦労があった模様。
いや、本編でこちらも落語のシーンがありましたが…
凄い艶!!!!
凄い色気!!!!!

原作を読むと落語のシーンもたくさん出て来ますが、
石田さんが演じて下さるのかと思うと…
今から大興奮です!!!!!!

小林さんは相変わらずの低姿勢で笑
どこまでも何を相手にしても敬語でしたが、
(そしてそれをこまかくつっこむ司会のよっぴいさんもグッジョブでした笑)
落語のことを本当に愛してらっしゃるご様子で…
(後にATXのオレベストという番組ではご自身の好きな落語の演目を披露してらした)
アフレコの現場も心から楽しまれていたようです。

そして林原さん…
なんか凄い迫力でしたが笑
今回、小唄にも挑戦されたというめぐさん。
「20年越えのキャリアでもたどりつけない場所があるんだなって思いました」
とおっしゃっていたのが凄く深かったです…
小唄、何万回とは言わないけれど、とにかく何度も聴いて、
お稽古されたそう。
拝見するのが本当に楽しみ!!!

トークのあとはちょこっとクイズコーナーなんかもあって、
凄く充実した楽しいイベントでした!!
こういったイベントをライビュで見せてもらえるのは、
本当に本当にありがたいです。
行って良かった!!!!!

アニメじたいはまだ放映の詳細が出ていませんが、
とにかく拝見するのが楽しみで仕方がないです。
石田さんではありませんが…
この波に乗っかりたい!!!と思います!!!


 
 
  
[PR]
# by edenblue3 | 2015-05-16 23:17 | event

デスノート The Musical

なんで今更?!
感が拭えませんでしたが笑
かつてめっちゃハマってみてた漫画・アニメでしたので、
チケット取ってみました。
ミュージカル…なんだけど全体的に歌は微妙だったような…汗
や、私の好みじゃなかっただけかな。
特に一幕ミサミサの歌のコレジャナイ感が凄かった笑
これ、原作が2003年からの連載だったんですね…。
いやぁ…そりゃまぁ2015年に上演するのは無理があるわ笑
Lがキラの行動範囲を最初にしぼりこむ、
世界同時配信と偽っての関東限定テレビ放映…
当時は凄い衝撃だった記憶があるんだけど、
今ならLなう!!とかつぶやいちゃえるだけに、
すぐバレるよねきっと…。
当時はツイッターもラインも無かったからなぁ~笑
休憩20分で3時間上演。
なんというか…
オマエラもう話知ってんだろ?!
てのを前提に進んでいたような笑
かなり急展開で、ライト=キラてすぐ結び付いちゃってて、
無理を感じたりもしましたが…
ほんでラストは超展開です笑
Lが死んだかと思ったら月も死んだよね~。
一部のラストのあとにすぐ二部のラストきた、みたいな。
凄いびっくりしたけど、
でもある意味、とても綺麗なエンドだったかなと。
Lと月、一緒に逝ったわけだしね笑
二人の死体を弄ぶリューク…全部もっていきましたね~。
そして息子の死をただ見下ろすだけの父、総一郎…もっていきましたね~。
虚しい系エンドだったんだけど…
そのあと、暗転してる間に二人が立ち上がるのかなと思ったら、
何故か明るくなってからひょこっと二人が起き上がって、
そのままカテコだったので、
笑いが起きてました笑
なんでそんな演出?!!!
最後はちょっと明るい感じにしてみました的な?!
なんかよくわかんなかったです笑
…しかし結構アニメの印象が強くて、
なんだったらマモ、獅童、あーやとかまんま出ちゃっても良かったんじゃね?
とか思ってた笑

や、キャストさんはとてもハマってて素晴らしかったです。

夜神月・キラは浦井健治さん。
当時も思ってたし改めて思ったけど、
月と書いてライトと読むて…………ほんま引くわ
浦井くんかっこよかったわ~。
制服も違和感なかったよ笑
月のしゅっとした感じをしゅっと演じてました笑
歌声ほんとに綺麗で聞き惚れた…。

Lは小池徹平さん。
ちゃんとつくりこんでて凄くLでした!!

リュークは吉田鋼太郎さん。
めっちゃ自由だった…めっちゃ楽しそうでしたね笑
ゆるっと演じてる感じだったのに、ラストのあの迫力。
怖かったわ…息を飲みましたね。
あ~最後、全部もってったな~って。

夜神総一郎は鹿賀丈史さん。
映画でもパパで舞台でもパパ♡
ラスト、息子の死体をただ、言葉もなく、
じっと見下ろしているのが凄く印象的でした…。
なんともいえない、後味。
妹ちゃんが泣き崩れてるのと対照的で、
目が離せなかった…。


 
[PR]
# by edenblue3 | 2015-05-15 23:55 | musical

戦国無双

実はギリギリまで観劇を迷っていて…
戦国無双シリーズはたぶんぜんぶゲームやってるとはいえ、
やりこんでるの織田軍だけなんで笑
今回は関ヶ原の章ってことで、
あんまわかんないんじゃないかな~とか、
光秀出ないしな~ってことで(本音)、
GWの東京はホテルも空いてなかったし(現実)、
もういいかなって諦めかけてたところ、
池袋の常宿に空きが見つかって。
覚悟を決めて、観ることにしました。
結論。
観て良かった…!!!!!!!!!!!
もうね…時間が許せば夜も観たかったくらい…!!
ほんとにほんとに観て良かったです!!
観ずに後悔するより観て後悔するほうがいい…
ってほんと思った!!(そんで後悔してないし!!!!!)

久々の吉谷さん脚本・演出ですよ!!!!
脚本は、本当にうまくゲームの内容をまとめてたな~と思いました!!
よくこれだけぶっこんだなとも言う…笑
でもゲームやってない人にはやっぱりわかりづらかったのかな…
私めっちゃ感動して関ヶ原以降はもうほぼ泣いてたんだけど汗
それはやっぱりゲームやってたからこそ、
感動できた…のかな…
BASARAと違ってゲームやってるだけに、なんとも言えないな…
(BASARAはゲームやってないから、わけわからん!!て言えるけど笑)
無双はあんま笑える要素が無いけど、
そこはさすがの吉谷さん…
シリアス一辺倒ではなく、ちょいちょい笑いもぶっこんできました笑
私の隣で観てた男性のかた(たぶんゲームファン?)も、
すっごい笑ってらした笑
原作ファンからしたらどうかな?と思ったけど、
舞台の流れを壊すほどではなかったし、
私は良かったんじゃないかな~て思ったけど…(私は面白かった!)

さて吉谷さん演出ですよ。
フラッグ演出は健在でした!!!
そして布っきれヒラヒラ演出もな…(好きやなあれ)
冒頭にはキャスト揃っての剣舞もあるんだけど、これがめちゃくちゃ滾る!!!!!!!
めちゃくちゃかっこいい!!!!!
殺陣はそんなにないというか、
ずっと殺陣ばっかりやってるわけじゃないです笑
きっちりドラマの部分が描かれているので、凄くひきこまれました。
あとね、飛んだ!!!!!!
ワイヤー出てきたな…と思ったら、
まず幸村が飛びましたね!!!
そんで三成もね!!
政宗もね!!
華麗にフライングしていたわ…かっこよかった♡

衣装はさすがコーエーさんもついてるだけあって(?)
しっかりコスプレだったわ~
そして信長・秀吉・家康がアンサンブル扱いなのな…
もちろんそういう演出にしてるわけなんだけど、
仕えてる武将さんたちのほうがゴーカ衣装なのが違和感でな笑
いや、わざとそーしてるんだけどさ!!
ちょっと地味すぎて違和感は拭えなかったよやっぱり…。
なんでいちお、光秀も出てきました笑
アンサンブル扱いだったけどね…

そして音楽が~~~ゲームまんまで!!!!
無双って音楽が凄いいいんですよね!!大好きなんですよ!!
だから余計に気持ち盛り上がってしまって…
じ~んとしましたよ…。

クライマックスは関ヶ原と大坂夏の陣が交錯する、
吉谷さんお得意のあれです。
台詞も交錯するし、時間も交錯する。
気づくまでちょっと混乱しちゃうあれです笑
三成と、清正・正則は袂を分かつし、
真田兄弟もまた、別れて戦うことになるのです。
この怒涛のたたみかけに号泣…ほんとに圧巻の演出でした。
真田兄弟んとこはやっぱり泣けたけど、
子飼い(三成・清正・正則)には本当にやられたよ~
ここで最初に涙腺が崩壊してあとはボロボロだった…
義トリオも良かったよぉ~。
そしてラスト…
桜が散る中、幸村が駈けていくところ…
美しかった…
桜、ほんとはセットで観たかった気持ちもあるけども、
まぁ美方面での演出には期待してなかったんで笑
それでもちゃんと桜の木が見えたよ、私にも…
本当に鮮やかで、印象深い、美しいラストだった…。
なんかもうThe Oneもそうだったんだけど、
この春は桜の花びらが散るのを眺めて号泣してばかりだよ…。
日本、素晴らしい…。(じーん)

安西くんの真田幸村、ほんとに幸村だったよ~。
最後、たった一人で斬り込んでいくとことか凄い切なかった。
小沼くんの真田信之は最初はちょっと違和感あったんだけど、
加速度をつけて信之になっていきましたよ…。
ラストはほんと弟たいせつ弟だいすきなお兄ちゃんで…
桜吹雪の中で戦うシーンは涙、涙だった。

植田くんの石田三成も良かったです!!!!!
でもひとつだけ、倒れるシーンの時の両足が、
カエルさんみたいになってたのがキャワすぎて笑
観ててちょっとズコーでした笑
小野くんの加藤清正、
そして早乙女くんの福島正則!!!!!
もうこの子飼いトリオの関ヶ原がね…めっちゃ泣けた。
早乙女くんは本当に良かったなあ…
はけ際にいっつも「おい清正~~~!!」って言うのが可愛くてな笑
三人わちゃわちゃしててほんと可愛かったよ…。

安川くんの伊達政宗は可愛かった笑
衣装キラッキラで凄かったわ笑
鮎川くんの片倉小十郎。
も~~~めっちゃくちゃかっこよかった!!!!!
ほんと眼鏡に弱いな私…笑
立ち姿もすらっとしてて素敵でした♡

書き切れないけど、役者さんほんとにみなさん、ハマってました!!!
戦国を生きていました。
若い役者さんが多いので、つたない部分もありました。
正直、もう少し年長の役者さんで観たかったかな…
と最初は思っていたけれど、
途中からは本当に惹きこまれて観てました。
熱い舞台だった…。
あの熱量は若い役者さんだからこそ、かな。
尊くて、切なかった。

それにしても大阪での公演がなかったのが本当に悔しいです。
こんだけ真田幸村のこと描いてるのに…
大阪で上演しないなんてアリエナイヨ!!!!!


 


 
[PR]
# by edenblue3 | 2015-05-04 23:25 | straight play