<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

容疑者Xの献身

初演は2009年でした。
その時も足を運んだのですが、再演されることとなって、
もちろんチケット取りました。
7000円だったので残念ながらリピートはできませんでしたが…
(リピるにはもうちょっとお安くないと無理かなあ…せめて6000円台!!)
あとパンフが2000円。
無理!!!!笑
舞台パンフは2000円超えるともう手が出ないなー。
1800円とかだと買う時あるのにね。2000円て凄く高いイメージ。
なのでサントラだけ買ったぜー笑
前回の時に欲しかったんだよね。
平日夜のドラマシティでしたが、場内は満席。
制服の高校生とか学生風、いわゆる、演劇やってます系の人が多くてね…
開演前から騒々しくてな汗
キャラメルは客層にちょっと辟易するんだけど…苦笑
舞台始まったら静かになったので良かったです。(まぁ上演中の私語はなくならんわな)

舞台の印象は初演とほぼ変わりません。
朗読から始まって淡々と物語は進んでゆく。
過剰な演出もなく、純粋に、原作を堪能できます。
笑いはちょっと増えたのかなあ??
割と、
え、そこで笑わせるか?!
みたいなとこあった気がしました笑

…しかし私ちょっとこの作品観すぎかな??
テレビでやってもついつい観てしまうし、舞台もこれで2回目。
確かに何度観ても泣いちゃって、
大好きなんだけど…
さすがに慣れてしまって、ちょっと食傷気味かも…汗
なにごともほどほどにせんとな!笑


前回は西川さんでしたが今回石神を演じるのは近江谷さん。
…ずっと近江さんなのか近江谷さんなのか、曖昧でしたが、
近江谷さんだった!!!とてもスッキリした…笑
近江谷さん、ハマっていました。
なんかほんと、見てていたたまれなくなるくらい…
不器用で…ただ、数学が好きで。
生き下手な感じが出てて切なかった。
ラストの慟哭は本当につらかったです。
舞台挨拶、近江谷さんが担当でしたが、
喋ってるうちに面白いこと言わないといけない気がしてくるので、
まだ石神が残ってるうちに締めます。
的なことを言ってて爆笑でしたw

湯川は今回も岡田達也。
いいよねぇ。声、いいよねぇ。
近江谷さん石神との対比も鮮やかだった。
今回は舞台挨拶が近江谷さんだったから、
岡田さんの面白挨拶聞けなかったな…笑

花岡も引き続き西牟田さん。
前回は映画の印象が強い頃だったから、
松雪泰子に比べてそりゃ地味だと感じたわけですが…
でも、今回はそんなことはなかったです。
しっかり、花岡だった。

草薙役の小林さん、刑事の川原さん始め、
工藤を演じた三浦さんなどなど…それぞれがいい味わいだったです。
次にまた再演されたら…
やっぱり観に行っちゃうんだろうけどねw


キャラメルボックス2012スプリングツアー2
容疑者Xの献身

日時:6月8日(金)19時開演
会場:シアタードラマシティ
原作:東野圭吾
脚本/演出:成井豊
演出:真柴あずき
出演:
近江谷太朗
岡田達也
西牟田恵
川原和久
小林正寛
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-17 23:51 | straight play

ロミオ&ジュリエット

史上最も美しく切ないロミオ&ジュリエット
…などというアオリがありましたが。
いやぁ驚愕!!!!!
個人的には我が観劇史上、
最も下品で泣けないロミジュリだったけどな。
下ネタにしろ、ジュリエットパパンの台詞にしろ…
よくもまぁこんな汚い言葉で罵るよなぁ…
と途中、ちょっと不快になりました。
確かライフのロミジュリも松岡さん翻訳だったはずだけど、
全然、印象違いましたけど??
有名な演出の方らしいですが、日本人に合うのかなこの感覚??
と思わずにはいられなかった…
私には合わなかったようです。
スマホとかはさすがに登場しませんでしたがw
そこそこ現代風の衣装でした。
馴染みやすくはあるのかもしれないけれど…
しかしなぁ…
ロミオとジュリエットの死ぬところも、
別に盛り上がるわけでもなくw
いやぶっちゃけ、
ロミオが死ぬのは自業自得だしジュリエットももういいよ死んで…
みたいなこと思っちゃったよ!!汗
まわりの大人がみんな揃いも揃ってひどいのばっかり、
それなのに二人に感情移入できない、て…
どーゆーこと?!!!
ある意味びっくりしたw
どこで盛り上がっていいんだか、
首をひねらずにはいられない演出だったです。


舞台で初めて拝見した佐藤たけるんですが…
彼を目当てにチケットを取ったと言っても過言ではないです。
初舞台だったのですね…
うーーん、正直、凄く地味でびっくりした。
最初の登場で、たけるんキターーー!!
てめっちゃテンション上がったのに、
あっという間に存在感なくなって睡魔訪れる…
みたいな汗
それこそ、他に演出のしようがなかったのかな??
て盛大に疑問。
もっと素敵にかっこよく演じて欲しかったなあ…
単にジュリエットに振り回されてるだけの気の弱いにーちゃんでしたw

石原さとみちゃんは相変わらず演技派ですね。
凄く巧みにジュリエットを演じていたけれど、いかんせん、
そのジュリエット像がな…
単なるわがまま少女だったな。
くるくる気のかわる恋する少女だったけれども、
あんまり共感できなかった…

姜くんは不毛なパリス役でした。
なんか割と普通に好青年なので、
あっさりロミオに殺害されてしまって凄く不幸…
報われなさすぎる。

コングさんと楠見さんの夫婦は濃かったw
あんまり出番はなかったけどね…。

キャピレット夫妻は違和感バリバリでした…。
てかもうほんと、
キャピレットのジュリエットに対する罵り方がひどくて、
別に娘死んでもどうでもいいだろお前
て感じてしまうくらい冷めてしまったわ。
娘が父親の所有物である世界観を差し引いても、
あの演技はひどすぎると思いました。
最後にあっさりモンタギューと和解するけど、
これまたすっごいとってつけた感wwwww

乳母は緑子さん。
さすがだなぁと思うんだけど…
そこは別に笑いをとりにいかなくてもいいよね??
みたいなシーンで笑わせるキャラだったのでちょっと…
いやほんと、品が無かったのも残念。

神父さとし。
だからそこは笑わせなくてもいいだろ??
っていう…
乳母ともども、不謹慎な感じのするキャラでしたね。


ロミオ&ジュリエット
日時:6月6日(水)19時開演
会場:シアターBRAVA!
原作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:ジョナサン・マンビイ
美術/衣装:マイク・ブリットン
翻訳:松岡和子
音楽:かみむら周平
配役:
ロミオ→佐藤 健
ジュリエット→石原さとみ
ティボルト→賀来賢人
マキューシオ→菅田将暉
ベンヴォーリオ→尾上寛之
パリス→姜暢雄
モンタギュー→コング桑田
モンタギュー夫人→楠見薫
エスカラス大公→原康義
エイブラハム→玉置玲央
サムソン→平間壮一
グレゴリー→平埜生成
ピーター/ジョン→玉置孝匡
薬屋/警察→石倉良信
キャピュレット夫人→石野真子
キャピュレット→長谷川初範
乳母→キムラ緑子
ロレンス神父→橋本さとし
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-17 23:50 | straight play

逆境ナイン

アクサルの吉谷さんがいつの間にか取締役に就任してらっしゃいましたw
吉谷社長がプロデュースする第一弾は漫画原作の逆境ナイン。
アクサルでもやれんことはないだろうが、
女子が使えない、
というのは吉谷さん的にもう限界だったのかw
こちらは普通に女優さんがいらっしゃいます。

原作は知らないのですが、
なんというかとても漫画的なキャラが出て来るので(いや漫画なんだけど)
凄く面白かったです!!
原作もこんな感じなんだろうな~なんて思いながら観てました。
展開は相変わらずスピーディ。
なんだ、もう、意地でも2時間で収めたる!!
的な感じでしょうか笑
2時間でありながらなんか途中、ダレっとしたりもしましたが、
楽しかったです!!

ところで公演はとても良かったのだけど…
チケット関係とか、スタッフ絡みで、余りいい話を聞きませんでしたね。
今後も公演を続けてゆくのなら、大切なところだと思うので…
そのあたりも頑張って頂きたいですね。(何様)


主役を演じるのはアクサルの看板でもある、柄谷さん!!
アクサル前回公演の三銃士公開稽古にてうっかり、
「出番が少ない」などと愚痴ってしまったせいでしょうかw
もう、今回、ほぼ出ずっぱり!!!!!
演出家のどや顔が目に浮かぶほどの、愛されっぷりでございましたww
高校生役ですが無問題!!
そりゃ冷静になればオッサンかもしれないが、
タイソンさんもいるおかげかw舞台マジックで恐ろしいくらい若く見えます。
学ランも着ちゃうよ!!!しかも似合っちゃうよ!!!!
さすがです…(なにが)
女優さんとの絡みもありますがまぁ少年漫画ですから無問題!!笑
とにかく熱い、暑苦しい男でした~。
柄谷さんを存分に堪能できる2時間ですかねw
更に舞台挨拶では、仕切る柄谷吾史が見れます!!!!笑
アクサルじゃあり得ないポジション…座長のお仕事しっかり??お務めです。

伊崎さん多分はじめまして…??
双子ですよねー右典さんはピスメで拝見していたのですが…
ガタイ良いですね。迫力ありました!!

もっくんお久しぶり!!
ちょっと知的な感じのカワイコちゃんでしたw

そしてライフからは堀川くん参戦!!
手紙がくしゃっとなる時に一緒に体がくしゃっとなるわけですがw
あの時の顔がだんだんひどくなっていた気がします。
千秋楽ではきっと物凄いことに…?!笑

鳥越くんは相変わらずラブリィな声とお顔でw
役どころも、チーム唯一の美少年、だそうで。
更に男も女もいけるスイッチヒッターだってww
ピンクの頬がかわゆすでした。

ずみちゃん、ちょっと久々の諒くん、賢章くん、
ひまわり組は安定してますなあ。
しかし二流と書いてじろうって…ひどいなw

タイソンさんは高校生…なのよね笑
いやもうあり得ないはずなのに何故か違和感がない!!!
(それがあり得ない…笑)
劇中、めめめっていう女子高生役でも出て来るんですけど…
思い出したくないくらいひどい女装でしたw悪夢だ…
玉小の人たちといい勝負くらいの。
前説はタイソンさんが担当。
あと、日替わりで相方がかわるそうですが、
初日から3回続けてずみちゃんが担当してたみたいw

アクサルからは武原さんも出てました。
ほとんど台詞なかったけど…汗
威圧感あって逆に良かったですね。
なんか知らんがめっちゃ打ちそう、な感じで笑

女優陣は二人ともかわいかったです。
ただ横山さんのほうが叫ぶ演技がちょっとしんどかったかな…
しかし女優さんいると華やぎますなあ。

フッキーは…
無敵役もそりゃあ良かったんだけどもさ。
地味に審判とかさ。
あと無駄に巨乳の女医。女医!!女医!!!
女優いるのに女医やらされるフッキー!!!!!笑
もうあの女医が好きすぎた…。
無駄に大仰な演技…ヅラかぶっただけなのに、
何故か女に見える不思議!!!!笑
いや~フッキーほんと素敵です。

歴史教師の人、面白かったなー。
それはそれ、これはこれ。
とか絶妙でした。

校長の人は喝舌がいまいちで…
ちょっと台詞が聞きとりづらかったなぁ…残念だ。

日替わりゲストが磯貝龍虎。
久しぶりだ!!!!!
もう最後に観たのがいつなのかもわかりませんがw
日替わりとはいえ、
割と本編に絡んできます。
自由だったな…タイソンさんが女役で出て来たら、
「あ、タイソンさん」
て素で呼びかけてたのが爆笑だったw
DVD収録されないのが残念だなー。日替わり全部いれてほしい。


クリエイティヴ零 プロデュース
逆境ナイン

日時:6月3日(日)13時開演/18時開演
会場:池袋シアターグリーン
原作:島本和彦
脚本/演出:吉谷光太郎
配役:
不屈闘志→柄谷吾史
ハギワラ・リョウ→伊崎央登
源完人→太田基裕
新屋敷章→土佐和成
山下鉄男→飯泉学
後藤健→堀川剛史
大石倉助→嶋田真
小林孝志→中島大地
古家秀明→鳥越裕貴
南洋→北村健人
山根小太郎→山田諒
高田二流→小野賢章
勝木強→タイソン大屋
星野→武原広幸
桑原真実子→横山可奈子
無敵勇士→藤原祐規
サカキバラ・ゴウ→熊代悠喜
月田明子→市道真央
全力学園校長→永幡洋
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-17 23:50 | straight play

THE BEE

まぁチケット取れんだろう…と思って先行に申し込んでみたら、
割とさくっと取れた気がしましたお久しぶりの野田地図。
めったに大阪に来ないので~観れてラッキーでしたかね。

たぶん前回観た野田さんのが、
松たか子と古田新太の出てたやつだと思うのですが、
もう、まったく、さっぱり、意味がわからんまま終わった記憶しかなく笑
今回もどっきどきだったのですが…

話は、まぁ、わかりやすかった。
だがしかし、
なんで…?!
なんぞ?!!!!
みたいなね…
立てこもり犯に妻と息子を人質に取られた男が、
犯人宅に押し入って逆に犯人の妻と息子を人質にするっていう…
だから何!!!!
みたいな話で…汗
場面転換鮮やかでしたし、
4人の役がわりもお見事でした。
小道具とかも、凄く面白い使い方してて、
そういう意味では楽しめたのですが…
それにしても話がつらすぎ!!!!笑

特に野田さんの芝居が恐ろしすぎてだな…
平凡なサラリーマンが狂気へと落ちていく様を、
見事に演じすぎです…………。
怪演にも程がある的な。
まぁとにかく怖かったです。

宮沢りえ初めて観ました。
最前列でかぶりつきでしたが、めっちゃ香水が匂ってきた笑
演技が思ってたより骨太で良かったなあ。
ただ、女優としての魅力というと、ど、どうなんだろ…??

成志は相変わらず面白かったな…。
やっぱり彼の芝居は凄く好きだ。魅力的だと思います。

近藤さんもあの図体で幼児の役とかやるので、
とてもステキでした笑


NODA・MAP 番外公演
2012 THE BEE Japanese Version

日時:5月30日(水)19時開演
会場:大阪ビジネスパーク円形ホール
共同脚本:野田秀樹/コリン・ティーバン
原作:筒井康隆
演出:野田秀樹
配役:
小古呂の妻/リポーター→宮沢りえ
百合山警部/シェフ/リポーター→池田成志
安直/小古呂/小古呂の息子/リポーター→近藤良平
井戸→野田秀樹
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-17 23:49 | straight play

海盗セブン

一度観てみたい…と思っていた地球ゴージャスさん。
ようやく叶いました。

劇場は厚生年金会館改めオリックス劇場。
改装ホヤホヤという感じで場内、新しい匂いがしました笑
エレベーターもあったよ!!(もともとあったっけ…)
しかしキャパの割にはトイレ少ないですかねえ…。
ラウンジ行ってみたかったけど呼びこみが凄すぎて笑
スルーしてしまいました…。
次はゴエロクで来れたら良いなぁ。

さて物語は、
7人の伝説の大怪盗が一堂に会して…
最後はなんかみんなでショーをやるっていう…(説明になってない)
や、ぶっちゃけますと、
話はあーんまり、好みじゃなかったの…。
陳腐と言えば陳腐だし、在日の問題も、凄く唐突感があった。
ただ、岸谷さんが今、訴えたいことを詰め込んだ舞台なんだなーって、
そう思ったら、受け入れられました。
震災から一年が過ぎての公演。
岸谷さん自身がこの一年で考えたこと、感じたこと…
それらがメッセージになっていたので。
ストレートに伝わってきたので。
こういう舞台もいいんじゃないかなと。
それに、何より、楽しかった!!
好きな脚本じゃないのに、飽きることなく最後まで、
舞台に夢中になれたのは、楽しかったからだと思います。
岸谷さんはじめ、演者さんたちが楽しませてくれたから。
みんなに笑顔で帰ってもらいたいって言う、岸谷さんの思いがこもっていたから。
だから凄く楽しかった!!

真央様割とお久しぶりです。
相変わらずお美しく…いつまでもヒロインなのだなあ…笑
いやほんと、このまま極めていってもらいたいものです…(なにをだ)

そして春馬くん!!初春馬!!!!
ブラボー!!
マーベラス!!
いや~素晴らしかったですね。
観るまでは正直、アイドル演技なんじゃねーのー??
とか、お飾り程度の存在かと思っておりましたよ…
ホントごめん!!!!!!
お飾りとかとんでもなかった!!
めっちゃガッツリ舞台でもメイン張れる役者さんやったんですね。
芝居もいいし、歌える、踊れる、何より動ける!!!
なんという良質素材w
もっと他の舞台でも観てみたくなりました。
もう最初の登場の時の歌が凄く歌詞が変なのに笑
春馬くんが歌うとなんかわからんがかっこいい!!すてきな気がする!!笑
なんというミラクルだ…
これからも舞台に出る時はチェックしたいなと思います。

あとは安定のもりくみさんですかね…笑
出て来るだけでなんだか笑えてしまう、もはや出オチのような体型ですがw
真央様とは双子の姉妹役www
何がどうなった
相変わらずとてもチャーミングで素敵な女優さんでした。
ほんと舞台が華やかになりますねー!存在感的な意味でも…笑

寺脇さんも相変わらずお素敵で…
ちょっとダメなリーマン仕様なのも新鮮でよろしかったです。

そして岸谷さん。
たぶん…初?!!
あんなに踊ると思わなかった!!笑
いやはや魅力的!!

アンサンブルにはテニミュ卒業組がちらほら。
ルイルイをバックダンサーに従えての春馬くんの歌が、
超絶かっこよかった~!!
…でももしかしたらこの時トムもいたのかもしれないね。
アミュっ子すばらしい!!!!
そしてハルは最後までどの役なのかわかりませんでした…
とても無念でした涙


地球ゴージャスプロデュース公演Vol.12
海盗セブン

日時:5月25日(金)19時開演
会場:オリックス劇場
作/演出:岸谷五朗
演出補:寺脇康文
出演:
大地真央
三浦春馬
森公美子
施鐘泰
小野武彦
藤林美沙
原田薫
SHUN
折井理子
春川恭亮
岸谷五朗
寺脇康文
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-05 22:40 | straight play

戦国BASARA2

前回3やったのになんで今回2やねん?!
と思ったけどゲームが原作やから、
つまりそーいうことなんですかね?
まぁ、なんというか、前回が、イマイチ、あれだったので、(どれ)
今回は余りチケットを取る気が起こらず…
気が付けば先行とか思いっ切り終わっててビックリでした。
なんとか1公演、チケットおさえて観に行ったわけですが…
おもしろかった!!!!!!!
めっちゃおもしろかったよー。
前回、なんや言うとすぐに殺陣になって、
話がとっちらかってたというか…
ほんとゲームとか知らんかったらワケわからん…
みたいな不親切さがありましたが、今回、それがなかった。
芝居パートが増えて、おのずと殺陣は減りましたが、
おかげで話はとてもわかりやすくなった!!
ネタも増えて、凄く笑えました。
減ったとはいえ殺陣はやっぱりかっこいいし、
なんだかまるで前作と別モノを観ているようだ!!
…と、個人的には感じておりました汗
や、そんくらい前回がイマイチだったのでな。(個人的にはな)
このクォリティだったら間違いなく次回も取る!!2公演は取る!!!
今回は千秋楽ライブビューイングとかもあるので、
どんどん規模が大きくなってる感じですね。
当日券も凄い人が並んでいましたよ。
BASARA、今後ますます大注目かも!!!
今から次回作が楽しみです!!


なんと言っても今回は彼、前田慶次がメインです!!
中の人がまず大好きな私としましては、
またおまえかとつっこまずにはいられなかったけど、
伊阪くん!!笑
良かった!!!
凄いハマってたー!!
素敵だったよ。
もうね、今回は彼がすべてだった気がしますよ。
もともとアニメ観てる時も(ほぼ途中で脱落してきてるけど)
前田慶次のキャラって(中の人のことを差し引いても)好きだったんだけど、
今回彼のよさが凄い引き出されてた気がします。
伊阪くんが演じたことでよりいっそう!!
ラストも爽快で心地よくて…
最後のキメの台詞でちょっと感動して涙出そうだった。
それくらい良かったです。
こういう舞台を駆け抜ける系のキャラ好きだー!!
お祭り男をメインにしてほんと、正解だったと思う!!

崎本くんはずーっと仮面みたいのをつけていたので、
顔がほぼわからず残念だ…。
まぁでも最後までキャラに徹してるのは、
それはそれで良いかな。
舞台で拝見するのは初めてです。
彼はとにかく声が!!!
声がとても石田さんでしたwwww
演技も似せてたのかな。
素敵だったですよ。
顔がわからなかったのがほんとに残念。

秀吉は涼平さんでした。
苗字がついた涼平さんw(いまだ名前だけの印象のが強いww)
最初、あれ??めっちゃ大根…??
と思ったけど、秀吉なのでああいう役づくりだったのかな。
なんというか、威圧的というか。

悠来ちゃんは相変わらずかっこよすでした。
殺陣もかっこよす。立ち姿もかっこよす。
出番がな…少なめなのが寂しいけれど。
素敵悠来ちゃんを確認できて良かった。
二幕冒頭の宴会芸はもう恒例なのですね。
あそこの真顔でステップ踏むのが凄い好きww
次回もやってね。

圭ちゃんは相変わらずぱっぴぃテイストな幸村でw
ほんと、ぱっぴぃを彷彿とさせる台詞回し…
でも言えてないっていうww
怒鳴りながら台詞言うのは難しいよねぇ。
今回はお館様との殴り愛が遂に拝めて、
もう何も言うことはありません…感無量ww

小十郎相変わらずイケメンだったなぁ…。
背もすらりとしてかっこいいし。
そして今回、佐助の人にハマりましたw
いい!!!
あの人、いい!!!!!
なんだろう絶妙な味がありますね。
前回観た時はもうちょっとスタイルが…
とか思ってましたけど今回そんなん全然思わなかったなw
いいキャラでしたぁ。

家康は変わらずひろでしたね。
好演でしたね。
そして誠治郎も変わらず三成。
前回はこの二人がメインだったわけで…
ちょっと暗かったよね話…
エンディングもなんかしんみりしてたし、
それもあって印象がよろしくなかったのかなぁ。
(しかも三成が勝っちゃうENDしか観れんかったし)
今回は三成もネタキャラ化していてw
いちいち秀吉様や半兵衛に、
許可を取ったり許可を取ったり許可を取ったりするのが爆笑でした。
そして誠治郎の殺陣が私はとても好きです。
抜刀して斬って納刀して抜刀して斬って納刀して…
て忙しかったけどな!

謙信はAKIRA様!!
口開いたらめっちゃ朴さんでw
めっちゃ意識して役作りしてるんやなーと思った。
AKIRA様はもうちょっと背が高いとかっこいいんだけどなあ。
ちんまりしてるから、どうしても可愛らしい印象になっちゃうよね。
でもかすがとのシーンは凄く良かったわ笑わせてもらいましたw
殺陣はな…ハラハラしっぱなしやったけどな…。


戦国BASARA2
日時:1月19日(土)18時開演
会場:シアターBRAVA!
構成/演出/振付:西田大輔
原作:CAPCOM
原作監修:小林裕幸/山本真
配役:
前田慶次→伊阪達也
竹中半兵衛→崎本大海
豊臣秀吉→小田井涼平
伊達政宗→久保田悠来
真田幸村→細貝圭
片倉小十郎→吉田友一
猿飛佐助→村田洋二郎
徳川家康→広瀬友祐
石田三成→中村誠治郎
武田信玄→中村憲刀
上杉謙信→AKIRA
かすが→知念沙也樺
前田利家→真佐夫
まつ→別府あゆみ
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-05 22:37 | straight play

エンロン

割とギリギリまで観ようかどうしようか迷ってました…
が、思い切ってチケット取った!!
観た!!
ちょっと後悔!!!(おい)
いや…だって…
歌わないんだよ!!!!!
このメンバーで!!
なぜだ!!!!!笑
てっきりミュージカル的なものかと思ってましたのに…
会話劇というか、普通にストレートプレイでございました。
驚きです。
しかも話のとっつきにくさ半端なかった…
たぶん、男性とか好きかなって感じでした。
一企業の栄光と没落を描いておりましたので。(ざっくり)
一幕は正直、ほとんどついていけなくて睡魔と戦い、
二幕もほぼほぼ置いていかれたまま、エンディングを迎えました。
面白かったけどね…余りに難解でした私には…
歌で説明してくれればよかったのに(しつこい)
で、
実はこの記事を書いてて気づいたのですが、
アキシン出てたんかい!!!!!
どこに!!!!
全く気付いてなかった!!!!!!
たぶんチケット取った要因の一つであったはずなのに!!
ショック!!!(ばか)
林さんとか伊礼さんとかたっくんとかはわかったんやで…。
肝心のアキシンどうした。
はー。
ガッカリです。


エンロン
日時:5月12日(土)13時開演
会場:シアターBRAVA!
劇作/脚本:ルーシー・プレブル
演出:デヴィッド・グリンドレー
出演:
市村正親
豊原功補
香寿たつき
たかお鷹
秋山真太郎
伊礼彼方
植原卓也
末次美沙緒
ちすん
長谷川寧
林勇輔
古川雄輝
松原剛志
満島真之介
宮下今日子
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-05 22:36 | straight play

コーヒープリンス1号店

韓流とか一切、観たこともないし興味もなかったので汗
チケットどうしようか割とギリギリまで迷ってましたが…
キャストに負けてwチケット確保。
いや、面白かった!!
まぁところどころ、
?!
みたいなとこもありましたが…
イラッ
としたとこもありましたが…w
おおむね、楽しかったです。
ただ、
やたら劇中にケータイが出てくるのがな…(スマホか??)
若干、多用しすぎてウザかったかな。
あと、コーヒーショップである必要性を余り感じなかったような汗
コーヒーショップを舞台にはしてあるけど、
ただの恋愛モノですやんね…や、いいんだけど!!
ラストもなんか一気にまるくおさまってw
ちょっと感動しました。
帰り際、いかにも韓流スキーぽいおばちゃんたちが、
話みんな一緒やな!!
て言うてはったのは印象的であったけどww


なんといっても山崎くん。
あぁ…ほんとに素晴らしいですね彼は。
一幕はほんと彼が救いでしたw
やっぱり歌がね、絶品です。
特にラブソング。
高畑さんとのデュエットは涙が溢れてきましたよ。
なんて美しいハーモニーなんだ…。
デュエットでここまで美しく歌える人っているの??
誰を相手に歌ってても、美しいんだよ!凄いよ!!
また笑顔がキラキラでなぁ…
ほんとに、楽しいんだなぁ舞台が歌うのが…
てのが伝わってくる。観てて幸せになりますよ。
役的にはなんか、よくわからないとこもあったけどw
でも素敵だったので凄く満足です!!

和樹は出て来るまでに30分くらいかかって…
あんまり遅いから犬の着ぐるみの中に入ってるんではとw
でもかっこよかったです。
寡黙なのもハマっておりました。
上島さんはやっぱ和樹を素敵に演出して下さいますね。
…しかし彼が探してる人が誰なのか、
謎のまま終わっていったな。
再演的な、続編的なものでもあるのかな??
わっしーもいい役でしたー。
ほんとにここのカップルもうまくおさまったよなぁ…w
新納はとても無駄遣いだった気がしないでもないですが、
なんかこの人もよくわからんかったw(そればっか)
玉置さん久しぶりに見ましたが、あんな顔してたっけ…汗
確かめるまでわからんかった。

とても楽しいミュージカルだったです。
あとは名前に慣れるだけやな…。


ミュージカル「コーヒープリンス1号店」
日時:5月10日(木)19時開演
会場:森ノ宮ピロティホール
原作:SUNMI LEE
演出/振付:上島雪夫
作詞/脚本:葛木英
音楽監督:玉麻尚一
テーマソング:槇原敬之
配役:
チェ・ハンギョル→山崎育三郎
コ・ウンチャン→高畑充希
ノ・ソンギ→加藤和樹
ファン・ミンヨブ→鷲尾昇
チン・ハリム→井出卓也
コ・ウンセ→東亜優
ハン・ユジュ→玉置成実
チェ・ハンソン→新納慎也
ホン・ゲシク社長→尾藤イサオ
祖母→中尾ミエ
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-05 22:35 | musical

陽だまりの樹

手塚治虫の原作ですが実は知りません…
ちょうどCSでアニメやってたんですが、
6話くらい観て断念した…(中途半端な)
まぁでも幕末のお話なので、
凄く興味はありましたし、楽しみにしてました!!
舞台じたいは…
ツッコミどころもあれど、まぁ新歌舞伎座でやってるんだしな…
て納得できたんですが…
いかんせんその新歌舞伎座、客席が残念すぎて…ww
あんまりいい観劇だったとは言い切れない…かも…。
平日昼間に3階席で観てるような客には、
ろくでもないのが紛れてるな…
てのが実感です汗
もうお前家帰って寝てろよ!!!て言いたくなるようなオッサンとかいたわ。
ある意味オバチャンよりタチ悪くてびっくりだ。
…そんなわけで集中力削がれまくりましたが頑張って観劇しました!!!

脚本演出が方南ぐみの樫田さんだったんですねー。
オノケンが出てたのも納得かな。
前に大阪で公演のあった方南ぐみのあたっくNo.1、
あれにもオノケン出てたもんなぁ…と懐かしく。
あの時はすっごい泣けちゃったから、
今回もそんな感じ…??と思ってましたが…。
ラストとか美しかったですね。桜吹雪。

上川さんはおちゃらけ医者ww
人を笑わすのって泣かすのより難しいと思いますが、
上川さんはやっぱり絶妙だったなあ。
間合いとかね、客席を沸かせる術を知ってる方だなと。

一方の吉川さんは初舞台、なんだそうで。
武骨な感じの侍役が凄くハマってました!!
この日は上川さんのお誕生日回。
「男だけでの集まりと聞いてきたんだが!」
の台詞を、
「男だけの誕生日会と聞いてきたんだが!」
ってアドリブにしてて爆笑したわー。
あの堅物が誕生日会とかww

岡本健一も出てましたが、
若干、無駄遣い感漂う感じではありました…。

オノケンは医者見習い的な役どころ。
結構出てましたね。
最近ライフではめっきりご無沙汰なので、
こうして地方公演のある外部に出てくれると、
とてもありがたいです。


陽だまりの樹
日時:5月7日(月)12時開演
会場:新歌舞伎座
原作:手塚治虫
脚本/演出:樫田正剛
出演:
上川隆也
吉川晃司
岡本健一
高野志穂
花影アリス
石倉三郎
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-05 22:32 | straight play

漏れて100年

キャストが実に5パターンあって…
この回はスペシャルのSだったですよ。
…でももう忘れちまったですよ汗
いや、本編の後でやった、
ちょけて30年
が余りに印象的すぎたの!!!!
それまでの本編がほぼ吹き飛んだの!!!
まぁ要は、
サチの100年を描いたお話ですよ。(ざっくり)
なんかしら色々あった100年でした。(終了)
極めて演劇的な脚本と演出だったかと思いました…。
このキャストだから観たので、
余り深いことは言いませんwwww
それに本編のパロディ、
ちょけてが面白かったしな。
役名のところを全部、実名でやっちゃうのだ。
何故か上半身は裸やし…
誰に対するサービスやねん??
と疑問でしたが…
男の裸を露骨に喜ぶ女子ばかりだと思うなよ!
ああいうのはひっそり楽しむ女子も多いはずだwww
全然関係ないんだけど、
客席にツインテールの幼女がおって…
後ろ姿のかわゆさが破壊的でした。
あれは萌ゆる…!!
男でなくとも萌ゆる!!!
と打ち震えました。
(しかし内容的にちょっとお子様に見せるのは心配だったわ)

田渕くん相変わらず頑張ってましたよ。
澤田氏もな。
うーぼうぼうぼ宇保くんも髪が伸びて、
若干、高橋大輔風。
はじめまして松田くんは背が高くて、
とてもみなさまイケメンでした。
今後のご活躍を楽しみにしております。


裏ワザ1
漏れて100年

日時:5月6日(日)20時開演
会場:in→dependent theatre 1st
脚本:サリngROCK
演出:山崎彬
出演:
松田岳
澤田誠
宇保允
田渕法明
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-05 22:31 | straight play