カテゴリ:musical( 16 )

エリザベート

3回目!!
そしてこれで今回は打ち止め。

3回目にしてようやく井上トートです。
ルドルフは京本さんでしたが、
マイヤーリンクにて、ルドルフからトートにキスをするという…
衝撃の展開に息を飲み、その後のシーンの記憶があやふやです笑
いや、だってトートからでしょ??トートからいくもんだと思いこんでたから…
そそそそうきたか!!!!!!!
と思ったらニヨニヨが止まらなくて…
でも世間ではそこそんな重要じゃないのかしらね笑
私だけの妄想が大暴走しておりましたよ…………………
確か井上くんは稽古の時も、
山崎ルキーニにキスをする演出を勝手に加えて、
さすがにそこはダメ出しを食らったとか?!
なんなの井上トート…
油断もすきもありゃしない!!!笑
ぜったい大阪きてよね!!!!!!!

ゾフィもようやく香寿さん。
なんか二幕、死ぬ直前のゾフィーが余りにもおばあちゃんで、
観てて切なかったわ…
香寿さんおばあちゃん演技うますぎるわ…

ルキーニはとうとう山崎さん観れず…
フランツも田代さん観れませんでした。
無念だ!!!!!!
ちょう偏った観劇となってしまいましたが、
大阪に来てくれることを心からお祈りしております。

a0255804_21311216.jpg


 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-08-15 23:08 | musical

エリザベート

2回目です。
キャストは前回6月に観た時とルドルフ以外は全く同じでした…。
城田トートと花總シシィ、
前はもっと身長差があったけど笑
今回はしろたんが割と屈みがちだったりして、
余り身長差が気にならないようになっていたような…(慣れか?!)
そして古川ルドルフは本当に麗しかった…。
闇広では妄想が広がってほんと申し訳なくてごめんなさいも広がりました…。
いろいろ広がるよね…。

a0255804_21331950.jpg


 
 
 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-07-25 23:57 | musical

エリザベート

12時30分開演。休憩25分。終演15時45分。
終演後舞台挨拶、城田優、尾上松也。(敬称略)

城田んトート復活!!!
そして花總さんシシィ!!!!
城田ん今回も大阪には来てくれそうにないので、
地方民は今回も遠征です…。

なんかキャストもですけど、演出もがっつり変更になってました。
初見の時はただただ驚きの連続で笑
そこも?!
そこも変えちゃう?!!!!!

て感じで笑
前の演出に慣れ過ぎていたせいで、落ち着かなかったな~。
次に観る時はもうちょっと安心して観れるかと思います。
変わってしまった演出はほぼ好きな感じでした~。
もともと過去にもトンデモシーンあったしな…笑
某レミゼとは違い、
エリザベートの変更は受け入れられるものだったです。(私は)

前々からずっと疑問に感じていた一幕ラスト、
シシィが真っ白なドレスになって出て来るシーンですが…(大好きなシーンです)
なんでいつも下手側から出てくるんだろう?!と思っておりました。
あそこはどどーんとセンターからでしょ?!(宝塚はセンターだ!!!)
と長らく思っていたのですが、今回とうとう、
センターになったーーーーー!!!!!!
素敵ー!!!!!!すてきすてきすてき!!!!
やはりあそこはセンターからどーんと出て来て欲しい!!!!笑
もうあのシーン、そのあとの三重唱も鳥肌ものでした。
夜のボートの演出も素敵だったな…(映像ですけど)

馬車とかもなくなって、シンプル演出になった感じかな??
ただ、
私だけにの演出はちょっと引っかかったな~。
初見ではえ?!ここ笑うとこ?!!!!
と思わず周囲を見渡した…(笑っているのは私だけであった…)
あの板をずりずり…ずり落ち演出は思わず笑ってもたわ…。
二幕でもあの斜め板は登場なさいました。
ルドルフのとこな…
ちょっと微妙やったな…。(私だけやと思うけど)
あとは革命家たちがルドルフを讃える歌の時の、
ダンスが変わってしまったのがちょっと悲しい!!
あの時の拳を突き上げる振付好きやってん…。
まぁこれはささいなことですけども。

とにかく何もかもが新しいエリザベートでした。

念願の花總シシィ。
拝見するのは初めてです。
宝塚版はDVDで見せて頂いただけで…
ずっと焦がれていたシシィです。
あぁ…観られて良かった!!!!!!
美しかった!!!!
歌も素晴らしかった!!!!!!
やはりこのエリザベート、私はシシィが主役だと思ってるんですね。
花總さんが主役にしてくれた…と思います。
もちろん今回は演出の変更もありましたから、
まさにシシィがセンターに立ったな、というか…
シシィが主人公!!!の舞台になったと感じました。それが嬉しい!!
最初の登場の時、ほんとに少女が立っているのかと思いました。
そこから徐々に成長していって、大人の女性へ。
二幕の老いてゆく様まで…素晴らしい演じ分け!!!!

お帰りなさいの城田トート。
より人外感が出ておりました笑
より白塗りな感じで笑
初登場での黒の翼…若干、厨二臭がしましたが笑
美しさは正義。
ただ…
花總シシィとのバランスが…汗
花總さんとにかく小柄なので、城田トートと並ぶと、
大人と幼女…
ちょっと犯罪めいて参ります笑
特に一幕冒頭は花總さんほんま少女みたいやからな…汗
バランス面ではちょっと微妙だったかな…
ルドルフとのチッスはやたら長かったですな!!

はじめましての京本ルドルフさん。
最初、あ~ダメかも…と思っていたのだけど、
だんだん可愛く見えて来た!!!!!
なんかやたら可愛いルドルフでした!!

こちらもはじめましての尾上ルキーニさん。
南米?!!!
麻薬密売してそうだ…とか思ったり思わなかったり笑
台詞いきなり間違えてこっちがヒヤリでしたが(この日が初日でした)
ちょっと緊張気味でらしたのかしら。
私この後の観劇も、ルキーニは全部尾上さんですので笑
楽しみたいと思います!!

a0255804_21351507.jpg

 




 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-06-14 23:09 | musical

デスノート The Musical

なんで今更?!
感が拭えませんでしたが笑
かつてめっちゃハマってみてた漫画・アニメでしたので、
チケット取ってみました。
ミュージカル…なんだけど全体的に歌は微妙だったような…汗
や、私の好みじゃなかっただけかな。
特に一幕ミサミサの歌のコレジャナイ感が凄かった笑
これ、原作が2003年からの連載だったんですね…。
いやぁ…そりゃまぁ2015年に上演するのは無理があるわ笑
Lがキラの行動範囲を最初にしぼりこむ、
世界同時配信と偽っての関東限定テレビ放映…
当時は凄い衝撃だった記憶があるんだけど、
今ならLなう!!とかつぶやいちゃえるだけに、
すぐバレるよねきっと…。
当時はツイッターもラインも無かったからなぁ~笑
休憩20分で3時間上演。
なんというか…
オマエラもう話知ってんだろ?!
てのを前提に進んでいたような笑
かなり急展開で、ライト=キラてすぐ結び付いちゃってて、
無理を感じたりもしましたが…
ほんでラストは超展開です笑
Lが死んだかと思ったら月も死んだよね~。
一部のラストのあとにすぐ二部のラストきた、みたいな。
凄いびっくりしたけど、
でもある意味、とても綺麗なエンドだったかなと。
Lと月、一緒に逝ったわけだしね笑
二人の死体を弄ぶリューク…全部もっていきましたね~。
そして息子の死をただ見下ろすだけの父、総一郎…もっていきましたね~。
虚しい系エンドだったんだけど…
そのあと、暗転してる間に二人が立ち上がるのかなと思ったら、
何故か明るくなってからひょこっと二人が起き上がって、
そのままカテコだったので、
笑いが起きてました笑
なんでそんな演出?!!!
最後はちょっと明るい感じにしてみました的な?!
なんかよくわかんなかったです笑
…しかし結構アニメの印象が強くて、
なんだったらマモ、獅童、あーやとかまんま出ちゃっても良かったんじゃね?
とか思ってた笑

や、キャストさんはとてもハマってて素晴らしかったです。

夜神月・キラは浦井健治さん。
当時も思ってたし改めて思ったけど、
月と書いてライトと読むて…………ほんま引くわ
浦井くんかっこよかったわ~。
制服も違和感なかったよ笑
月のしゅっとした感じをしゅっと演じてました笑
歌声ほんとに綺麗で聞き惚れた…。

Lは小池徹平さん。
ちゃんとつくりこんでて凄くLでした!!

リュークは吉田鋼太郎さん。
めっちゃ自由だった…めっちゃ楽しそうでしたね笑
ゆるっと演じてる感じだったのに、ラストのあの迫力。
怖かったわ…息を飲みましたね。
あ~最後、全部もってったな~って。

夜神総一郎は鹿賀丈史さん。
映画でもパパで舞台でもパパ♡
ラスト、息子の死体をただ、言葉もなく、
じっと見下ろしているのが凄く印象的でした…。
なんともいえない、後味。
妹ちゃんが泣き崩れてるのと対照的で、
目が離せなかった…。


 
[PR]
by edenblue3 | 2015-05-15 23:55 | musical

タイタニック

タイタニックと言えば、
レオナルドディカプリオ…な世代です。
映画で観た程度の知識で臨みました。
ジャックもローズも出て来ませんでした笑
物語はいわば、
タイタニック号に乗り合わせた人々の群像劇…ですかね。
乗船から氷山衝突までが一幕。
沈没で二幕。
オチまでこんなにもわかりきっている作品てのも珍しい…
なんというネタバレ
う~~~~ん、ぶっちゃけ、一幕が…長かったなぁ。
氷山に衝突するのはもう分かっているわけで…
それまでは乗務員だったり、乗客だったりの、
様々なバックボーンなんかが描かれていくのだけど…
長くて途中からちょっと退屈だったなぁ。
そうしてる間にも、
氷山のことがちょいちょい挿入されます。
だんだんと、悪夢へ向かっていく一幕。
氷山衝突の瞬間は、凄く緊迫感あってどきどきした…。
そして二幕…
船内に事態はまだ知らされていなくて、
のんきに一等客は歌ってたりします。
そこに突然の停電。
なんとなくホラーテイストな恐ろしさもあって…
演出、全般にはとても良かったです。
そしていよいよ沈没のクライマックス!!
てところですが、なんともあっさり…
淡々と、タイタニックは沈んでしまいました。
あの時、こんなにもあっさりと、
非情に、多くの命が奪われてしまったのだと…
思い知らされるエンディング。
これが現実なんだなと。
しかし一幕であんだけ尺とって描いてた人々、
さくっと死んでしまいました。
そこには何もドラマなどなかった。
ただ、たくさんの命が、
消えてしまったという現実に打ちのめされました。
悲劇ですからあたりまえですが、
なんのカタルシスも得られない、
ドラマもない。
事実のみを淡々と描いていました。
映画で散々ドラマティックな演出みちゃってるもんで(苦笑)
凄くあっけなかったな~~~~。
思えば映画はとてもスイーツなお話だったんだな…
現実はそんな甘くなどない…
そういう意味では舞台版、
シビアで良かったですね。
それにタイタニックを、
舞台でやれるんだなぁって感動しました。
役者さんたちも良かった。

加藤さんは設計士。
船が沈み始めてから、
設計ミス見つかったぁぁぁぁぁぁ!!!!!
とか歌っちゃうのがとても印象的?でした?????
あと設計士と船長と船主の三人で、
誰が設計したんだ!!
誰が急かしたんだ!!!
って責任転嫁する歌もとても壮絶だったです…
(ちょっと笑いそうになったけど笑)
それにしても、
設計士さんもちゃんと船に残ったんだなぁ…って。
まぁミス見つけちゃったもんね…切ない。
しかし和樹さん…
主役じゃなかったんかい?!!!
全く人物像的なことには触れられなかったですね。
ほんと群像劇だったので、あんま印象に残らな…汗
なんだったんだあの全裸ポスター

鈴木さんはオーナー。
そもそもお前がなぁ!!!!!!!!
ってみんな思っちゃったよね笑
しかも自分は救命ボートに乗るという…

入野さん見張り役。
でも乗客もやってたよ…
奥さんと赤ちゃんを逃がしてあげて、
船に残るパパ…という凄く胸に迫るシーンがあって、
涙がこみあげてきたのに…
次に出て来たシーンでは見張り役、
救命ボート乗っとるがなあああああ!!!!!!
あふれた涙ひっこんだわ!!!!!!笑
このあからさまな二役はどうなんです?!!!!!!!
とはいえ自由くんは歌もたたずまいも素敵でした♡

古川さんは三等客。
そして乗務員もやってたよね~~~
三等客は助かって乗務員は助かってないよね~
なんとかしろこの兼役!!笑
相変わらずすらりと素敵でした。
[PR]
by edenblue3 | 2015-04-02 23:00 | musical
ラカージュ私はこれで3回目の観劇になります。
2009年に初めて拝見した時から…
心を奪われた素敵な素敵なミュージカル。
大好きな作品です。

今回は初日と千秋楽を贅沢にも観劇しました。
よ~やく!!2回観劇ができた~~~~。
私も年を重ねたせいか涙もろくなってしまって笑
オープニングでいきなり懐かしさにじ~んとしたり…
ラストは幸せにあふれすぎて泣けてきたり…
でも本当に、
何度観ても、感動できる物語だと改めて感じました。

ストーリーについては前回の時に暑苦しく語っていましたので笑
今回は略。

冒頭から、ノリノリで客席を盛り上げるマエストロ塩田明弘氏。
いやぶっちゃけ彼がいちばん楽しんでたのではないかと!!笑
初めて観たよジャンピング指揮
あんだけ客席を煽るマエストロも初めての経験です笑
おかげでオープニングからめっちゃ盛り上がりましたけども。

そして私が愛してやまないジョルジュ、鹿賀丈史さん…。
今回も素敵だった~~~~~~♡
ザザへの愛、ジャン・ミッシェルへの愛が、溢れ返ってたよ…。
あの包容力!!!
すごすぎる…。
ほんで一幕の砂に刻む歌の優しい歌声にやっぱり泣かされました。
なのにあれ、
歌ってる場合ちゃうがな!!!
ってオチがつくんですよね笑
最高!!!笑
この涙と笑いの絶妙なバランスがたまりません。
市村さんとのコンビネーションは、
本当に長年連れ添った夫婦のようで…
この二人にしか醸し出せない空気感、
これからもずっとザザ市村さんを愛して欲しいです笑
手と手をとって二人で、おなじ歩幅で、
ゆっくりと歩いてゆくラストシーン、
本当に素敵でした。

市村さんは…
モーツァルト!に続いてまた拝見できて嬉しいのですが…
でもちょっと立て続けすぎないかな…
と心配です…(勝手に)
20kgのスパンコールがついた衣装をまとってたりするらしく、
観る天国、演る地獄
ておっしゃってました。
ただでさえ舞台はハードですから…
余り、余り、急がないでほしいなぁと思ったりも…
が。
ラカージュは今年で30周年だそうです。
「足腰たたなくなっても演る!!」
と力強く宣言されていたので笑
私もついてゆきたい所存です!!
一幕ラストのありのままの私、心揺さぶられました。
本当に素晴らしかった。

今回のジャン・ミッシェルは相葉裕樹さん!!
いやぁ~ずいぶんお歌うまくなりましたよね!!(テニミュ比)
二幕の見てごらん(リプライズ)は号泣するかと思ったです…(してないけど)
その前の台詞のところ…
「彼は僕の母親です!」
あそこ本当に大好きなシーンです。
おやこ三人の絆が素晴らしくて、
ほんと大泣きするところでした。(しなかったけど)
ラカージュにはいろいろな愛の形が描かれていますが、
やっぱりこの家族の愛が、ことさら胸を打ちます。
男とか、女とか、関係なく、
たいせつに想う気持ちが、凄く素敵に描かれていて。

アンヌは前回からの続投で愛原実花さん。
アンヌはちょっと一幕が残念なんですけども笑
二幕、ジャン・ミッシェルへの愛を貫くところが本当に素敵…。
あぁジャン・ミッシェルいいこ選んだな~って。
ちゃんと見る目があったのねっていう…笑

ダンドン夫妻は今回も今井清隆さんと森久美子さんですが…
もりくみさんはむしろ痩せたんじゃないかと錯覚するほど、
なんだかもうよくわからないカラダ笑
いや相変わらずのダイナマイトバディだったす!!

初日は…
最後なんかスタオベ早すぎじゃね?!!!!
っていうタイミングで席を立ち始める客たち笑
カーテンコールまで待ってられるか!!て感じでした。
役者さんたちも早すぎでちょっと驚いてたかな?!笑
いやなんだったら一緒に歌っちゃう?!みたいなノリでしたよ客席が。
ほんと盛り上がってたな~鳴りやまない拍手、みんな笑顔で…
素敵な舞台の素敵なカーテンコールでした。

千秋楽では、
何度アンコールあったかわからんくらい笑
何度も何度も呼び出してたな~
最後は、市村さんが、
「また来るね~!!」
って客席に向かって。
そしてキャストさんたちには、
「また来ようね!!」って。
何度もおっしゃっていたから…
私も安心して、次を待っていようと思います。
またこの素敵な舞台に再会できる日を楽しみに。
 
 
 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-03-06 23:32 | musical

女子高生チヨ


女子高生チヨ
2012年12月11日(火)
サンケイホールブリーゼ
19時開演
21時30分頃終演
休憩15分


なんでチケット取った?!
と盛大に思ってしまったのだけどw
馬場さんのために取りました!!!!(あとまさし)
主演は木の実ナナさんでした!(知らんかった…)
ほんでミュージカルだった!!!(知らんかった…)
まぁそんくらいの関心しかなかったわけですがw
ミュージカル…
つってもオリジナル曲じゃなくて、なんつうか、ナツメロ?
80年代くらいのJポップの替え歌でな…
正直、微妙であった…
でも、楽しかったですよ!!
話は凄いベタだったけど、ミュージカルって、
そういう難を全て吹き飛ばしてくれるよね…歌でwww
最後はオールスタンディングでツイストを踊りwww
盛り上がって幕でした。

木の実さん初めて拝見しましたがお若いなあ…!!
セーラー服から純白のドレスまで…
いや、もう、圧巻でしたよww
いつまでもあんなチャーミングな人でありたいね。

木の実さんの孫娘役で高橋愛ちゃん。
こちらも初めて。
めっちゃ可愛かったー!
声が可愛いんですねえ。
歌は…私はあんまり好みではなかったけど、
でも声っていうか演技が可愛かったのでめっちゃ癒されましたw

ほんで馬場さんですよ。
あなたのために取ったチケットですよ!!!
オールバックで白のスーツ…
ええと…ちんぴら?!笑
二幕の劇中劇シンデレラでは王子様でした。
王子…様?!
かつてはラケットの王子様だったというのにw
オモシロメイクのトンデモプリンスだったよ…(しかもまさしとは兄弟プリンス)
いいの、楽しかったから!
でも、たまには普通の演技してる馬場さんが観たいわ…
(私つかこうへいしか観れてないから…)

まさし…久しぶりに観たんだけど…
肥えすぎwwwwwwww
仮面かぶったらもはや誰だかわからん…
くらいにちょっと、太っちゃってるよね。
舞台でも「リバウンド中!!」なんて台詞があったりでw
リアルかよ!!てつっこんだよw
最後ノリノリでツイストを踊っていたのが忘れられない…
久しぶりに会えて良かったw
やっぱりテニミュキャストさんたちは、どんな世界を歩んでいたとしても、
いつまでも応援していたいです。(応援させ続けてくれ、とも言う)
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 23:03 | musical

CLUB SEVEN


CLUB SEVEN 8th stage!
2012年08月29日(水)
梅田芸術劇場 シアタードラマシティ
18時開演
21時頃終演
休憩20分


去年に続いてテニミュキャストさん登用でしたのでw
観て来ました。
今年はあいばっちとなかがうちとおのだが参戦。
あと、ジャニーズから町田さんが!!!!!
テニミュ出身者とジャニーズさんが共演だなんて…!!!!
なんだか色々と感慨深かったですwwwww

しなやかなあいばっちのダンスやっぱ好きだわ。
10年前は町田くんのダンスが大好きだったのよ…(忘れてたけど)
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 21:41 | musical

エリザベート


エリザベート
2012年09月10日(月)/19日(水)
梅田芸術劇場 メインホール
13時30分/18時30分開演
16時35分頃/21時35分頃終演
休憩30分


瀬奈シシィ×山口トート
春野シシィ×石丸トート
の組み合わせで観ました。
瀬奈さんは前回も観ましたが、
春野さんは今回が初見。石丸さんも初見。
しかしこう言っちゃアレですが、
地味なシシィだな…とついつい思ってしま(ごにょごにょ
一幕ラストの真っ白なドレスが映えるシシィが観たいです…。
石丸さんは想像してた以上にコッテリしていて、
祐さまとあわせるとほんと、お腹いっぱいな感じになりますねwww

フランツは岡田さんが初。
ちょっと早くない…??と思ったけど、
案の定、二幕はちょっときつかったですかね…
てか、一幕のシシィへの求婚のあたりで早くも、
食われるぅ~~!!!!!
と思ってしまいましたよ…(瀬奈シシィに)
禅さんのフランツは盤石な感じですが、
今回は特に夜のボートが切なくてたまらんかったです。
なんてすれ違い夫婦www

ルドルフは古川雄大。
ファントムぶりのミュージカル雄大だったけど、
歌、めっちゃうまくなってたなぁ。発声とか変えた?
てか、ちゃんと、ボイトレしたんやろな…と思ったwww
ほんでめっちゃ美しい!!
麗しくて眼福の皇太子でした。

野沢っちが卒業して以来、
めっきりアンサンブルに興味がなくなってしまいましたが、
今回、久々に気になるアンサンブルさんを見つけました!!!
で、はりきってパンフ買ったんやけど…
余りにアンサンブルすぎて(ほんとにたぶん役名がない)
どれだかわかりませんよ!!!!!
ウィーンのカフェの店員さんです。
彼が働いてるカフェならずっといりびたっていたいわ。
あと革命家でもある。
やっぱ革命家はええね。
他にもいっぱい出てるけどね。
たまに見失うね。
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 20:46 | musical

ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~
2012年09月28日(金)
森ノ宮ピロティホール
19時開演
21時45分頃終演
休憩20分


坂本真綾ちゃんと井上芳雄くんの二人ミュージカル。
二人て!!!!!
始まる前は、
二人っきりで2時間40分とかありえねーとか思ってたけど、
始まったらあっという間に惹きこまれました!!
凄く素敵だった!!!!!
とにかくジルージャ役の真綾ちゃんがね!!!
冒頭から喋りっぱなしの歌いっぱなし!!www
ジルージャっていう女の子が凄くハマってて、
等身大…てわけじゃないんだけど、ほんと、ジルージャ役がピッタリでした。
かわいいしおもしろいしww
真綾ちゃんのコメディセンスに脱帽です。
ほんと、台詞とか間合いとか絶妙で…何度笑わされたことかww
お隣にいたリーマン風の男性もめっちゃ笑ってはったわー。
客席みんなで笑ってちょっぴり涙して…
幸せな気分になれるミュージカルでしたね!!
井上よっちゃんも素敵だったよー!!
めっちゃ素敵なはずやのにちょっとダメな感じとかww
凄く素敵なお二人でした。
カーテンコールでは場内割れんばかりの拍手喝采で…
なんでスタオベにならなかったんだと思うくらい。

舞台挨拶が少しあって、
それから寄付のお願いもあったのだけど…
ボックスの中が千円札だらけでビビったでござる。
こそっと百円玉を数枚いれてきましたよ…すいませんよ…。

それにしても森ノ宮の夜は早すぎるわ…
お茶できるとこが軒並み22時で閉まるのはきついです。
居酒屋には困らんけどな…。
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 19:57 | musical