カテゴリ:straight play( 48 )

飛び加藤


飛び加藤
2012年06月23日(土)
シアターBRAVA!
13時開演
15時35分頃終演
休憩20分


筧さん主演だったから2公演は観たかったのに…
ライフの天守物語とダダカブリだったので、
1公演しか観れなかった…
でも2公演観ても良かったと思えるくらい、
いい舞台でした。
なんだろうね、
観客はあくまで観客でしかないのだけど、
でも一瞬、自分も舞台に参加してるような錯覚に陥る時があるよね。
この飛び加藤もそんな舞台でした。
なんだか最後はみんなで温かく見守りました的な…
決して甘いラストではなかったんだけど、切なかったけど、
素敵な余韻がありました。
演出は久しぶりの河原雅彦だったのだけど、
なんか思いがけず乙女ちっくな印象でwwww
また彼の演出舞台、いろいろ観たくなりましたよ。
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-03 20:19 | straight play

bambino.FINAL!


bambino.FINAL!
~最終章~
2012年06月22日(金)
サンケイホールブリーゼ
19時開演
20時45分頃終演
休憩なし


大阪上陸は今回で3作目。
私は二度目のバンビーノ来店です。
前回大阪に来たのは観てなかったみたい…。
余り思い入れもなかったですが、
きっちり閉店したのは良かったと思った。

でも懐かしいなあ…初めての上演の頃は、
テニミュ出身キャストずらっと揃えて鳴り物入りで始まった…
的な印象があったな。
新宿二丁目…を売りにしてたから、
てっきり腐狙いなのかと思いきや、
堤さんだからそっち路線ではなくて、
思いのほかハートフルな物語だったというwwww

考えてみたら栄治さんも歳をとったのよね…。
みっちゃんも久々に見れて良かった。
岡田くんも出てたのにはびっくりだったなあ。
キャストさんはみんなどっかで、つながっているなあって印象だった。

終わってしまったけど、未来を感じさせるエンディングで良かったと思います。
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-03 20:13 | straight play

ロイヤルをストレートでフラッシュ!!
2012年07月06日(金)
ABCホール
19時開演
21時05分頃終演
休憩なし


イケテツのコントもこれで何度目だ…?
大阪上陸当初から見続けていますが、
相変わらず全く必要性が無いのにちゃんとストーリー立ってるのに感動しますwwww
今回も力抜いて楽しませてもらいました。
イケテツの女子高生も、
今ではすっかり美少女に見えるくらいに慣れたわw
明賢さんがついに表現さわやか入りしてたのが衝撃でしたwww
前回はそう言えば男どもがチュッチュしまくってたけど、
今回はホモのプリンスオブ剣道だったわ…
イケテツはなんであんなにテニプリにこだわるのかしらwww
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 23:05 | straight play

私の頭の中の消しゴム


朗読劇 私の頭の中の消しゴム
2012年07月14日(土)
梅田芸術劇場 シアタードラマシティ
14時開演
16時頃終演
休憩なし


加藤和樹と新垣里沙の二人芝居…というか二人朗読。
タイトルは耳にしてたし確か芳樹さんとかも前にやってたよなー
とか思いながらチケット取った。
笑いあり涙ありで。
二人の息もぴったりで良かったです。
でもなんというか、この若年性痴呆症?ての??
なんか私わりと人ごとに思えなくてww
結構リアルに怖かったわ…。
あと痴呆の人と暮らすのって凄い大変なのを実感してたから、
綺麗ごとに見えたのもちょっとあんまり入れなかった要因でもあったかな。
客席は盛大に泣いていたけど…
最後まで私はどこか達観して観てた気がします。
終演後にミニライブがついてたんだけど、
客席がまだ涙涙の中でライブ…
はちょっとお気の毒だったかなぁ苦笑
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 23:00 | straight play

TIGER&BUNNY THE LIVE


TIGER&BUNNY THE LIVE
2012年08月25日(土)
Zepp Diver City
13時開演/18時開演
15時25分頃終演/20時20分頃終演
休憩20分


どちらかというとショー要素のほうが強かった、
そんなタイバニ舞台。
まさかの平田広明!!
まさかの森田成一!!
主演のお二人が声の人…という…
衝撃のキャスティングw
ぶっちゃけると、やっぱ二人ともあと10年若ければな…
という印象は拭えない。
まわりのキャストたちがめっちゃハマっていただけに。
この神スタッフならリアルに虎徹とバーナビー連れて来れるんじゃ?
と思ったりも。
でもでも。
2回目観た時にはそーいうの吹き飛んでました…w
平田さんは虎徹だったし森田さんはバニーちゃんだった!!!!
恐るべし舞台マジック!!!!!www

たけちゃんのネイサンは凄い再現度だったなぁ。
あとしょうたの折紙先輩もそっくりだったわ…めっちゃアクロバティックでビビったwww
永徳さんのスカイハイのお怪我がほんとに残念でした。
(この後、結局降板になってしまったのだけど)
是非ともリベンジしていただきたいものですなぁ…。

舞台ならでは…な仕掛けがたくさんあって、
風を感じたり熱を感じたりw
ほんとなんかのアトラクションみたいな感じで!!
これはユニバはプレミアショー的なやつでやりたいんでは…
と思ったりも。てか、やってくれ!!!!!

オリオンをなぞるのサビで手話を披露してたキャスト陣ですが、
この日、まだ2日目とかだったけど、
既に客席で手話やってる人がいてビビった思い出…
タイバニクラスタ恐るべし。
この時の森田がほんとにかわいくて私、双眼鏡でガン見してました。
みんな手拍子してるなか私、ちょっと気持ち悪い人でした。ごめんなさい。
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 21:57 | straight play

abc


abc★赤坂ボーイズキャバレー 3回表
~喝!&勝つ!~
2012年08月31日(金)
シアターBRAVA!
19時開演
21時20分頃終演
休憩15分


abcも3度目です。
初日はなんかちょっと客席が割とガラガラで…
来年以降の大阪公演が心配になってしまいました汗
相変わらず本編と全く関係の無いコスプレで盛り上がる開演前。
私はとりあえず兼ちゃんからチラシをもらったので満足して着席www
修ちゃんの浴衣とか素敵だったです。
あとヤスカの初音ミクな……………(どこへいくのだヤスカよ…)

本編は相変わらずな感じで。
堤さんの優しいメッセージがあふれる内容。
まぁ、基本、やってることは毎回、変わらんwww
一部は役者たちが集ってきて、開演までのごたごた、
二部は舞台上演と、その後。

今回はしかしいつも出てた斉藤くん(役名がわからんが…)
が出てなくてだな…寂しかった。
もはやabcでしか見れなくなってしまったアイルやら寿里やら…
ダイゾーとか、今年も会えて嬉しかったよ!!w
そして辻本くんが胡散臭いプロデューサー??役を好演していたwww
若手ばかりの中に清水さんとか粟根さんとか…
投入してるとこに堤さんの意図を深読みしてみたり。
しかし去年も一昨年もキャストほぼわかったのに、
今年は半分以上知らんキャストさんやった…
大丈夫かな…(私が)
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 21:29 | straight play

真田十勇士


真田十勇士
カッコ良くなきゃ死ぬだけさ
2012年09月21日(金)
サンケイホールブリーゼ
19時開演
21時30分頃終演
休憩なし


大阪4公演分のチケットがあっという間に消えた…
もはやそれは2012年夏の怪奇現象とでも呼ぶべき出来事でありましたwww
行ってみれば場内はほぼ…なんつうか…
関係者?
ご招待??
的な人々で埋め尽くされていた異様な客席。(ほぼパンフを買わない人々………)

まぁそれはそれとして、
ぶっちゃけると私はこの舞台の演出の人が苦手なので、(ぶっちゃけた)
あんまり期待はしてなかったんですが、
やっぱりそれなりの感想しか出て来ないです……………。

まずオープニングの殺陣なんだけども…
なんという乱雑さwwww
あんなにゴチャゴチャした殺陣はじめて観たような…
誰を見ていいかわからん。
冒頭から殺陣で惹きこんで欲しいのに、
なんかとても残念な気分に…。

あとクライマックスでの佐助の立ち直りの早さには椅子からずり落ちかけた!!!
どこに葛藤があってどうやって立ち直ったんだか、
サッパリわからんかったwwwwww
ほんで気づけばバッタバッタと人が死ぬ。

…この人の舞台のおもしろさがどうしても理解できないんです。
もう好き嫌いの話だと思うので仕方ないと思います。
(好きな人は好きだと思うし!!!)

で、兼ちゃんは真田幸村の役です。

(何故わらう)
やっぱり兼ちゃんはこういう、コスプレものっての??
現代劇よりは時代ものとかのほうが似合う気がします。
役もいい役だったし、
演技も良かったです!!(上から目線の感想)
そして根本さん!!
彼の和モノのハマりっぷりは異常!!!!!
ほんっとにかっこよかった~素敵だった~。
あと舞台BASARAの小十郎でしか見たことなかった吉田友一さんがだな…
やっぱり素敵だったということです。

この日は大阪初日にして公演も初日。
まぁ上演の10日前にキャストの不祥事…………
にて降板ありーのでバタバタの初日だったとは思います。
才蔵の人とても良かったですよ…(ほんといい役だったのに)
それにしてもギャグとかが滑りっぱなしでヒヤヒヤしたわ。
まぁ客席があれじゃな…(若い子すくなすぎる)
座長の井出くんは、
「いろんなことがありましたが無事に幕を開けることができました」
と舞台挨拶。
ほんと、無事に幕が開いて良かったなと思えた初日でした。
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 20:32 | straight play

傀儡女


傀儡女~時の男最終章~
2012年09月29日(土)
ABCホール
19時開演
21時15分頃終演
休憩なし


時の男シリーズの最終章。
ちょっと調べてみたら第一章が2005年で第二章が2008年。
…おぼえてねーよwwwww
しかも第一章て笠原さんが出てたんだねえ…
直也が出てたのは第二章だったんだねえ…
そんな記憶ももうあやふやだよ!!!!
…てわけで、前回のことをサッパリ思い出せないままの観劇でした。
うーん…
脱線が多くて長いのはいつものことなんだけど…
ちょっと、今回は、やりすぎてドンビキ?レベルだったかな…
とても薄ら寒かった。
前回を観てない人とかおぼえてない人とか、
お構いなしな感じだったかな。
設定とか人物とか背景とかもわかりづらかった…。
とってつけたような文楽もな…
気持ちはわかるけど、
要るか?それ。
コングさんのあの受け入れ難い茜子さまもほんとwwww
なんか船戸さんも出てるし割と期待して観に行った割には…
残念な印象だったです。
訴えたいことやりたいことはわかりますけど、
まず、お客を満足させてナンボじゃないでしょうか演劇てのは…。
わかっていたけどこのシリーズの野田さんはマロなのでwww
せっかくの美貌もサッパリわかんないしw
出番もあんまりないから、テンション下がりっぱなしだったわ。
船戸さんも馴染めてるんだか馴染めてないんだか…w
やや台詞も滑り気味だったので心配です。
[PR]
by edenblue3 | 2012-10-02 19:47 | straight play

容疑者Xの献身

初演は2009年でした。
その時も足を運んだのですが、再演されることとなって、
もちろんチケット取りました。
7000円だったので残念ながらリピートはできませんでしたが…
(リピるにはもうちょっとお安くないと無理かなあ…せめて6000円台!!)
あとパンフが2000円。
無理!!!!笑
舞台パンフは2000円超えるともう手が出ないなー。
1800円とかだと買う時あるのにね。2000円て凄く高いイメージ。
なのでサントラだけ買ったぜー笑
前回の時に欲しかったんだよね。
平日夜のドラマシティでしたが、場内は満席。
制服の高校生とか学生風、いわゆる、演劇やってます系の人が多くてね…
開演前から騒々しくてな汗
キャラメルは客層にちょっと辟易するんだけど…苦笑
舞台始まったら静かになったので良かったです。(まぁ上演中の私語はなくならんわな)

舞台の印象は初演とほぼ変わりません。
朗読から始まって淡々と物語は進んでゆく。
過剰な演出もなく、純粋に、原作を堪能できます。
笑いはちょっと増えたのかなあ??
割と、
え、そこで笑わせるか?!
みたいなとこあった気がしました笑

…しかし私ちょっとこの作品観すぎかな??
テレビでやってもついつい観てしまうし、舞台もこれで2回目。
確かに何度観ても泣いちゃって、
大好きなんだけど…
さすがに慣れてしまって、ちょっと食傷気味かも…汗
なにごともほどほどにせんとな!笑


前回は西川さんでしたが今回石神を演じるのは近江谷さん。
…ずっと近江さんなのか近江谷さんなのか、曖昧でしたが、
近江谷さんだった!!!とてもスッキリした…笑
近江谷さん、ハマっていました。
なんかほんと、見てていたたまれなくなるくらい…
不器用で…ただ、数学が好きで。
生き下手な感じが出てて切なかった。
ラストの慟哭は本当につらかったです。
舞台挨拶、近江谷さんが担当でしたが、
喋ってるうちに面白いこと言わないといけない気がしてくるので、
まだ石神が残ってるうちに締めます。
的なことを言ってて爆笑でしたw

湯川は今回も岡田達也。
いいよねぇ。声、いいよねぇ。
近江谷さん石神との対比も鮮やかだった。
今回は舞台挨拶が近江谷さんだったから、
岡田さんの面白挨拶聞けなかったな…笑

花岡も引き続き西牟田さん。
前回は映画の印象が強い頃だったから、
松雪泰子に比べてそりゃ地味だと感じたわけですが…
でも、今回はそんなことはなかったです。
しっかり、花岡だった。

草薙役の小林さん、刑事の川原さん始め、
工藤を演じた三浦さんなどなど…それぞれがいい味わいだったです。
次にまた再演されたら…
やっぱり観に行っちゃうんだろうけどねw


キャラメルボックス2012スプリングツアー2
容疑者Xの献身

日時:6月8日(金)19時開演
会場:シアタードラマシティ
原作:東野圭吾
脚本/演出:成井豊
演出:真柴あずき
出演:
近江谷太朗
岡田達也
西牟田恵
川原和久
小林正寛
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-17 23:51 | straight play

ロミオ&ジュリエット

史上最も美しく切ないロミオ&ジュリエット
…などというアオリがありましたが。
いやぁ驚愕!!!!!
個人的には我が観劇史上、
最も下品で泣けないロミジュリだったけどな。
下ネタにしろ、ジュリエットパパンの台詞にしろ…
よくもまぁこんな汚い言葉で罵るよなぁ…
と途中、ちょっと不快になりました。
確かライフのロミジュリも松岡さん翻訳だったはずだけど、
全然、印象違いましたけど??
有名な演出の方らしいですが、日本人に合うのかなこの感覚??
と思わずにはいられなかった…
私には合わなかったようです。
スマホとかはさすがに登場しませんでしたがw
そこそこ現代風の衣装でした。
馴染みやすくはあるのかもしれないけれど…
しかしなぁ…
ロミオとジュリエットの死ぬところも、
別に盛り上がるわけでもなくw
いやぶっちゃけ、
ロミオが死ぬのは自業自得だしジュリエットももういいよ死んで…
みたいなこと思っちゃったよ!!汗
まわりの大人がみんな揃いも揃ってひどいのばっかり、
それなのに二人に感情移入できない、て…
どーゆーこと?!!!
ある意味びっくりしたw
どこで盛り上がっていいんだか、
首をひねらずにはいられない演出だったです。


舞台で初めて拝見した佐藤たけるんですが…
彼を目当てにチケットを取ったと言っても過言ではないです。
初舞台だったのですね…
うーーん、正直、凄く地味でびっくりした。
最初の登場で、たけるんキターーー!!
てめっちゃテンション上がったのに、
あっという間に存在感なくなって睡魔訪れる…
みたいな汗
それこそ、他に演出のしようがなかったのかな??
て盛大に疑問。
もっと素敵にかっこよく演じて欲しかったなあ…
単にジュリエットに振り回されてるだけの気の弱いにーちゃんでしたw

石原さとみちゃんは相変わらず演技派ですね。
凄く巧みにジュリエットを演じていたけれど、いかんせん、
そのジュリエット像がな…
単なるわがまま少女だったな。
くるくる気のかわる恋する少女だったけれども、
あんまり共感できなかった…

姜くんは不毛なパリス役でした。
なんか割と普通に好青年なので、
あっさりロミオに殺害されてしまって凄く不幸…
報われなさすぎる。

コングさんと楠見さんの夫婦は濃かったw
あんまり出番はなかったけどね…。

キャピレット夫妻は違和感バリバリでした…。
てかもうほんと、
キャピレットのジュリエットに対する罵り方がひどくて、
別に娘死んでもどうでもいいだろお前
て感じてしまうくらい冷めてしまったわ。
娘が父親の所有物である世界観を差し引いても、
あの演技はひどすぎると思いました。
最後にあっさりモンタギューと和解するけど、
これまたすっごいとってつけた感wwwww

乳母は緑子さん。
さすがだなぁと思うんだけど…
そこは別に笑いをとりにいかなくてもいいよね??
みたいなシーンで笑わせるキャラだったのでちょっと…
いやほんと、品が無かったのも残念。

神父さとし。
だからそこは笑わせなくてもいいだろ??
っていう…
乳母ともども、不謹慎な感じのするキャラでしたね。


ロミオ&ジュリエット
日時:6月6日(水)19時開演
会場:シアターBRAVA!
原作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:ジョナサン・マンビイ
美術/衣装:マイク・ブリットン
翻訳:松岡和子
音楽:かみむら周平
配役:
ロミオ→佐藤 健
ジュリエット→石原さとみ
ティボルト→賀来賢人
マキューシオ→菅田将暉
ベンヴォーリオ→尾上寛之
パリス→姜暢雄
モンタギュー→コング桑田
モンタギュー夫人→楠見薫
エスカラス大公→原康義
エイブラハム→玉置玲央
サムソン→平間壮一
グレゴリー→平埜生成
ピーター/ジョン→玉置孝匡
薬屋/警察→石倉良信
キャピュレット夫人→石野真子
キャピュレット→長谷川初範
乳母→キムラ緑子
ロレンス神父→橋本さとし
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-17 23:50 | straight play