カテゴリ:straight play( 48 )

ハムレット

シェイクスピアの中でもハムレットは好きな作品なのですが、
蜷川演出で観るのは初めてです。
13時開演で休憩15分の16時15分終演。
一幕はちょっと眠い時もあったけど、最後まで惹きこまれました。
シリアス一辺倒ではなく、笑えるとこもあって、
凄く面白かったです。
ラスト、
ハムレットが死にレアティーズが死に、
クローディアスがガートルードが死んでいて、
ホレイシオが嘆き悲しむ。
それをフォーティンブラスが見ている。
ってのがやっぱり凄いエンディングだなぁ…と思ってしまいます。
このラストに流れていた曲が、凄く美しくて…
悲しいんだけどどこか優しげで、
なんだか幸福な心地さえしてしまうような、
穏やかなラストシーンでした。

劇中、歌舞伎みたいな幕が降りてきたり、
ひな壇が現れたり(あのひな祭り凄かった)…音楽も、
和風な感じ蜷川さんだな~と思ったり…。
衣装が、ハムレットは全身まっくろ。
オフィーリアは純白のドレス、
クローディアスとかは深紅とゴールドで統一、
フォーティンブラスがブルー。
になってて凄い鮮やかで綺麗だった~。

…それにしても最も印象に残ったのが、
ハムレットとホレイシオの暑苦しい友情だったのですが笑
ちょっとイチャコラしすぎじゃないですかねこの二人…
っていうかハムレットはホレイシオを好きすぎでしょ!!!!
ホレイシオもハムレット好きすぎでしょ!!!!笑
ってくらいには絡んでますよね。
二幕でオフィーリアが狂っちゃったのは、
ハムレットとホレイシオの関係が濃密すぎるからですかと、
うっかり思っちゃうくらいには情熱的友情でしたね!

なんといっても、
ハムレットの藤原竜也さん!!!!!!!!!
凄かった…ほんっと凄かった…
特に一幕が圧巻すぎて、
対峙する満島ひかりが赤子に見えるレベル。
あれほどまでの怒りや憎しみやを表出させるって、
一体どんだけのエネルギーなのでしょうか…。
拝見できて本当に良かったです。

オフィーリアの満島さんは、
前述の通り一幕が…
藤原さんの熱量に追いついてない?
て感じに受け取れたのですが、
二幕、狂って出て来てからが凄かった…。
そうか、このためのキャスティングか…
と思ったほどに。
痛々しくて観てて胸がつぶれそうでしたよ…。
あんなん見たら兄も怒り狂うわ。

クローディアスと亡霊の二役だった平幹二朗さん。
御年81歳にしてあの膨大な台詞を淀むことなく、
しっかりと伝えられるって…凄すぎる…
二幕早々に半裸で水を浴びた時には、
場内がどよめきました笑
天晴すぎる…

ガートルードの鳳蘭さん、
ハムレット、やオフィーリアへの呼びかけが凄く綺麗だった…。
台詞がとても美しく響いてきて、聞いていてうっとり。

ホレイシオは横田栄司さん。
だから眼鏡は反則ですってば!!!!!!
めっちゃくちゃ素敵だったよぉぉぉ!
ハムレットが呼んだらすぐ来るし笑
常にハムレットに寄り添う男…
なんかほんとハムレットに対する扱いがとても丁寧で笑
大切なんだね…っていう。
そ~っとハムレットを横たわらせてあげるところとか、
細やかな気遣いが観ていて眼福でございましたよ…。

レアティーズは満島真之介さん。
なんとひかりさんの弟さんだそうで。
実際は姉弟だけど舞台では兄妹なのか!!
確かに若々しかったです笑

フォーティンブラスは内田健司さん。
なにやらここが蜷川さん的には肝だったようで…
上半身ぬいでましたけども笑
ほんで声ちっさ!!!!!!!
余りに小声なのでさすがに演出なんだと思いましたが、
私の座ってるとこまで届いてなかったですよ声…
あれ10列あたりで落ちてるよね声…
と思ってたけど最前列でも聞こえてなかったとか言ってるから、
かなりの小声やな!!!!!
そんな声でホレイシオとの会話が成り立ってんのかよ!!!!
と驚愕でしたが笑
結構がんばって聞き取ろうとしたけど、
なんか途中から笑いそうになった(余りに小声すぎて笑)

台湾やロンドンでも上演が決まっているらしく、
ひな祭りなんかはまさにそれを意識した演出…
なんて感想も見かけましたが…
個人的には、
ハムレットを蜷川さんの演出で観れて良かったな~と思いました。
改めてハムレット面白い…と思いましたし、
なんかもうオフィーリアとかガートルードとか、
ホレイシオとかフォーティンブラス、
ギルデンスターンにローゼンクランツとかとか!
名前の響き聞いてるだけでときめくもん!笑
 
 
 
 


 
[PR]
by edenblue3 | 2015-02-23 23:18 | straight play

プルートゥ PLUTO

浦沢直樹さん原作のPLUTOが舞台化。
原作とにかく好きで好きで仕方なくて…
舞台化が決まった時は不安でしたが…
(あとどうしても鉄人なんちゃらみたいな舞台になってたらどうしようと…)
意を決してチケットを取りました!w

客席は男性の姿も多かったです。
やっぱり原作の力なんでしょうね。
終演後も、興奮気味に感想を語っていたのは、
男性のほうが目立っていたような。

外国人演出に更に不安を感じたりもしましたが…
映像を駆使したり、セットも趣向が凝らされていたりと、
とてもアーティスティック?な演出でした。
漫画もそのまま映像として随所に織り込まれていて、
懐かしかったなぁ…
ちょっと単調かなぁと思うところもあったし、
全体的に静かに進行してゆく感じでしたね…。
PLUTOのとこは唐突にでっかいの出て来て、
う、うん…がんばったね…
と言うしかなかったwww
まぁあそこは映像にしちゃうか作っちゃうかのどっちかしかないですかねぇ。
(ほんで作ったんですね…)
とにかく原作の素晴らしさと、役者陣の熱演…
それらの凄いエネルギーが舞台を成り立たせていたのではないかなぁと…。
何より、ラストシーンの美しさ…
本当に本当に印象深いラストでした。
たたずむアトム。
大地に突き刺さったプルートゥの角。
流れる音楽の美しさ。
いつまでも余韻の残る、忘れられないラストシーンです。

アトムは森山未來くん。
えっと…少年なんだけど?
っていう疑問は全くわいてこなかった。
アトムだった。
同様に、
ウランの永作博美さんも。
ふつうにウランだったよ?
凄くね?
未來くんは身体能力を活かしてアトムを表現。
たま~にダンスも織り交ぜて。
永作さんはゲジヒトの妻ヘレナも演じてました。
最初にヘレナで出て来てびっくりしちゃった…(二役って知らんかったから)
こんな二役ってありなんですかとw
見事な演じ分けに震えました。
ゲジヒトが亡くなった時、天馬博士に泣くことを教えてもらい…
最初は泣き真似から始まって、それがやがて嗚咽に変わって…
号泣するところは本当に圧巻だった。

それから天馬博士の柄本明さん。
こちらもブラウとの二役。
ブラウの時はちょっと聞きとりづらいとこもあったけど…
天馬博士は得体のしれない存在感で、
恐ろしげであり、それでいて温かくもあり。

ゲジヒトは寺脇康文さん。
ちょっとかっこよすぎじゃね?!
と思ったりもしたけどw
真っ白なスーツ着て花束抱えるのが似合わないとねww

「憎しみがなくなる日は来ますか?」
最後アトムはお茶の水博士にそう問いかけます。
凄く胸に沁みた…というか突き刺さった。
大地に突き刺さったプルートゥの角のように。
いま、この時だからこそ強く響いた気がしました。
アトムにこんな言葉、言わせちゃいけない…!
と思った。
人間が、機械にこんなこと言わせちゃダメだって。
やるせなくてせつなくて涙があふれて仕方なかった。

憎しみがなくなる日は来ますか?

そんな日は来ないのかもしれない。
人間はいつまでも憎み続ける愚かな存在なのかもしれない。
けれどいつか憎しみの連鎖を断ち切れますようにと、
願わずにいられない…いつか、
互いにゆるしあえる日が来ることを。
人間だから持っていられる、希望です。
こういう作品を生み出せる日本という国は、
本当に心が豊かなんだと誇りに思います。
そんでやっぱ手塚治虫すごいなっていうまとめ。
 
 
 

 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-02-11 23:12 | straight play

BASARA


BASARA
2012年12月15日(土)
全労災ホールスペースゼロ
13時開演/18時開演
15時30分頃終演/20時30分頃終演
休憩10分


逆境ナインに続くクリエイティヴ零さんの第2回公演は、
またも漫画原作のBASARAです。
しかもかなり昔の少女漫画…(田村由美作)
脚本、演出はもちろん吉谷光太郎氏。
吉谷さん、実は少女漫画やりたかったん?!
と思ってしまいましたが…
原作知らずに観ましたが、わかりづらいことはなかったです。
いやむしろめっちゃ面白かった!!
まず原作が面白いんだと思うのですが、しっかり伝わって来ましたよ。
お花畑ヒューマニズムな展開になったらちょっとイヤかなと思いましたが、
決して甘くはなかったし…良かったです。
初日はなんでも休憩がなかったみたいですが、
2日目から休憩ができたそうですwww
なんだその初日ゲネプロww
吉谷さん的にはやっぱり休憩なしで突っ走りたい、てのがあるんだろうなあ。
まぁ観てる側としては休憩はいると楽ですけどね…身体的な意味で。
物語は、
運命の子タタラの死によって、双子の妹、更紗がタタラとして生き…
赤の王とのアレやコレや、ほんで鹿児島。
までを描いてました。(ざっくり)
原作はもちろんまだまだ続きがあるようで。
やるよね?!やるよね?!
続編やるよね?!!
to be continuedこそなかったけどw
次あると信じてますよー同じキャストで。

元アクサルメンバーからは、
柄谷さんと武原さん、飯泉ちゃんが出ておりました。
ずみちゃんはかなりオイシイ役どころでしたね。
笑わせてもらいましたよー。
愛されてる…と思いましたw
エースはちょっと出番も控えめで寂しかったけど…
まぁあのメンツなんだから仕方ないかな。
メインは完全に決まってましたからね…
最後に飛車角コンビで笑わせてくれてました。(あそこが最大の見せ場か?!)
たけりんは赤の軍でアクション頑張ってました。

更紗役は高月彩良ちゃん。
なななんと15歳だったよ…たまげた15歳だなあ。
更紗を懸命に、力いっぱいに生きてました。

朱理役、相馬圭祐くん。
地球を守ってた人でした!!(シンケン的な戦隊で)
良かったーめっちゃ素敵でした!!

揚羽は我らがw悠来ちゃん!!
すばらしい!!マダムバタフライ一座!!!!(そっちかw)
ガクブルだった女装ですが、
なんかやけにラブリィでwww
さすが吉谷演出www
と思ってしまいましたよね。
いや、大変よろしゅうございましたよ。帰蝶のシーンたいそうお気に入りです。
揚羽の時は青の衣装が凄く似合っていてねえ…
本編では惜しげもなく半裸になっていた!!
二度も!!二度も!!!!
ええカラダしとったでえ。
あぁこれはサービスタイムなんですよねと思っていましたww
ほんでまた片目になってたな…
悠来ちゃんは瞳が、眼差しが本当に素敵なんだけど、
なんですぐ片目になるのか!!!!笑
まぁ今回もとても素敵な役でわたくし大満足です。
是非とも続編が観たい!!!

ハヤト役聖也くん。ラッキーな人です。(違)
いや、いつ「ラッキー!」て言うてくれるんかなと…(言いません)

四道役、天野浩成さん。
めっちゃ良かった………
台詞とか凄い良くて、最期の、
「死が優しく伝わりますように」
なんて台詞、やばかったです…

ナギ役、寿里!!
似合う!!!!
こういうのほんと似合うな寿里wwww
寿里はカテコの時も目をつぶって出て来てて、
凄かったなあ…
悠来さんと並んで立ってるところが萌えました…
やっぱライバルズ最高やなw

茶々役、藤林美沙さん。
CHARGEの人だったのですね~
めっちゃ良かった~ハマってました。
恋人の人との会話が素敵だったわ♪
素敵な海賊姐さんでした!!
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 23:06 | straight play

福喜多さんちの三兄弟5


福喜多さんちの三兄弟5
ポインセチアの頃
2012年12月08日(土)
in→dependent theatre 2nd
17時開演
18時30分頃終演
休憩なし


福喜多さんちにお邪魔するのもこれで5回目となりました。
今回またもしゅんろうが欠席ですよ…
ひろっちゃんいないとつまんないよー!!
…いえ、じゅうぶん面白かったですww
みんなでひろっちゃんのモノマネしまくりだしw
ビデオレターでも出て来ましたしね…
でも、やっぱり、三兄弟そろってて欲しいから。
次は出てねしゅんろう…

さて今回のゲストは山浦さん!!
私が関西演劇界最強の色男と信じて疑わない役者ですw
かっこよさとかわいさとダメダメさが絶妙のバランスで同居している…
素晴らしき役者様です。←どんだけ溺愛www
山浦さんはひろっちゃんの大学の後輩役。
長髪を後ろで縛って髭面で…いかにも胡散臭いwww
ほんでまたも薫くん勘違い。今度はウシジマくんやで…
さすがに今回も同じネタはどうよ?
と思ったんだけど割と今回は早めに誤解も解けて…
やっぱり、ほっこり。
福喜多家の楽しいクリスマスの様子が目に浮かぶようで…
ほんとにほんとに、あったかい舞台でした。
なんか今回、冬に観れて凄い良かった。
いつもよりあったかく感じたwww

そうそう、天くん役の関さんはパパになられたそうで…!!
めっちゃデレデレのパパさんぶりも垣間見れましたw
しかし仕事の告知がなくて心配だぞww

また次回の公演も楽しみにしてます!!
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 23:01 | straight play

マグダラなマリア


マリア・マグダレーナ来日公演
マグダラなマリア~ワインとタンゴと男と女とワイン~
2012年12月08日(土)
新神戸オリエンタル劇場
17時開演
19時15分頃終演
休憩15分


大好きなマリアさん!!
毎回2回は観たいと思いつつ…
今回は魔の12月第2週末でしたわ…
公演かぶりすぎで、1公演しか観れませんでした。

今回のゲストは岡さん。
でけえ!!!!!
とにかくでかい!!
圧倒的でかさwww
そして2曲歌ったよ。さすが岡さんw

もっくんは今回は軍服ではなかったんだけど、
腰抜けるくらい美しかった。
あの美しさはちょっと、ほんとビックリするw
ドMのクリッパラいなくてほんと残念だったわー。
また二人の絡みが観たいですw

鯨ちゃんは…相変わらず凄かったな…
ほんとに濃い夫婦です…

コバーケン今回は幕間ショーなかったのですが…
だがしかし、本編ほぼパンイチならぬふんどし一丁…
あぁもう本編で脱いどんのかいと。
そういうことかいとwww

この舞台の最大の魅力は私的には、
マリアさんとグレイスの友情なんだけど、
以前のように二人の絡みが多くはなくなってしまって、
ちょっと寂しいかなあ…
もちろん、がっつり描かれてなくても伝わってはくるのだけど、
もう少し出番が欲しいwww
それにしてもマリアさんはやっぱ素敵だわ…
物腰、台詞の返しとか間合いとか…本当に素敵。
ずっと観ていたいくらい。
歌は言わずもがな。
ライブ、いつか関西でもやってくれないかなあ…

次回の来日公演を首を長くして待っていようと思います。
次は2回観るぜ!
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 22:57 | straight play

イエロー


イエロー
2012年12月07日(金)/08日(土)
大阪ビジネスパーク円形ホール
19時開演/13時開演
21時15分頃終演/15時15分頃終演
休憩なし


30さんは毎度脚本がネックな私ですが、
今回もね…演出好きなんだけど脚本に馴染めないまま、
もう何作目なんだかww
今回は主演に鎌苅けんけんさん。
あと私の目当ては山崎銀ちゃん。
しかしタイソンさんはいなかった…
次は出る…んですかね…

けんけんさんほんと久しぶりだったんだけど、
相変わらず麗しかったわ…
年齢わからん美しさw
けんけんが楽しそうだとこっちも嬉しくなりますね。
また舞台で観れたらいいなあ。

銀ちゃんは、柳生十兵衛です。
ちょっと消化不良だったりもしたけども…
銀ちゃんも歳とったよね…

30さんは再演フェアらしく、次回はデスティニーですって…
もう再演?!
て気がしないでもないですが、サントラ買ったくらいにはハマってたみたいなんでw
楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 22:55 | straight play

里見八犬伝


里見八犬伝
2012年11月30日(金)
NHK大阪ホール
18時30分開演
21時20分頃終演
休憩15分


チケットどこいった?!
てくらいに入手困難だった大阪公演チケ。
追加が出てもなお、大変でした…
真田十勇士もそうだったけど、
このテの舞台の大阪公演激戦ぶりはなんとかならんものか…
東京のチケットが出回りまくってるのをみると、
ほんと切なかったwww

さてお馴染み八犬伝。
私は基本、アクサルの八犬伝がベースになっとりますw
いつぞやに観た西田演出の八犬伝はリセットしたのでwww
今回は、脚本が鈴木哲也で演出は深作健太。
もう、ほんと、脚本がアレなのか演出がアレなのか…
いやどっちもどっちじゃね?!
みたいなwwwwww
なんか知らんが特効はショボいんだけど音響だけがやたら派手でしたな。
どう考えても小劇場レベルな演出だったような…
そして音楽がまるで映画音楽のようでめちゃくちゃ違和感満載でしたw
音楽だけでどんだけ盛り上げるんだとww
舞台内容にそぐわなくて吹いたよ…。

結構、わかりやすくてシンプルで、面白かったんだけども…
ただ、どうしても納得いかないのが最後、
八犬士たちが次々死んでいって(!!)
信乃だけが残った時に、
「どうして僕だけ生き残ったんですか!」
的なことを伏姫(だったか?)に訊ねるんだけど、
伏姫が一言、
「それがあなたの…運命だから!!!!!!」
て言い放ったこと。
ちょ、おま…そこを描けよ!!!
運命で片づけてどーするよ!!!
これはもう今年いちばんの衝撃でしたねwwwww
椅子からずり落ちそうになった。

まぁ感想としては、
八犬伝てなんでもありなんやな…
って言う…w
今後どんな八犬伝を観ても私もう怖くない!!
なんでも受け止められる気がしますwww

信乃役は西島さん。
舞台では私、はじめまして、でございます。
てっきり初舞台な方かと思っておりました…結構、色々、やっていらっさるのですね…
WHY?!
いやもう盛大にはてなマーク飛び交う感じでね…………
しかしめっちゃ信乃推しな脚本になっててほぼ出ずっぱりでしたね…
信乃が出すぎなので他の犬たちの出番少ない少ないw
印象も薄れがちで残念だったです…
それでもぴろしは毛野を素敵に演じていたわ。もうちょっと観たかった…
村井くんもナイス農民ぶりで。
まぁでも信乃が目立ちすぎで(略
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 22:53 | straight play

こどもの一生


こどもの一生
2012年11月28日(水)
シアタードラマシティ
19時開演
21時頃終演
休憩なし


中島らも作、演出はG2です。
チケット代が高くて観るの迷ってたのだけど、
やっぱりらもさんの作品は一度でいいから拝んでみたかった!!
観て良かった…
途中からもう凍りつきましたわ…
らもさん、面白い本を書く人だったんだな。
私はほんとに全く知らなくて、友人が昔好きだったなって思って、
それで観てみたかったのだよね。

主演はハラショーこと谷原さん。
肝心な台詞が聞き取れなかったりでちょっと微妙なとこもあったけどw
やっぱええ声やな…
まぁでもなんつってもやっぱこの舞台の肝は山内さんだったかな。
途中まで出て来ないのだけど、登場してからのあの圧倒的存在感…
ほんま恐ろしかったです。

…あんまり意識してなかったんだけど、
よくよく考えてみたらタイトルが既にコワイ。
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 22:46 | straight play

戦国BASARA3


戦国BASARA3
瀬戸内響嵐
2012年11月16日(金)
シアターBRAVA!
18時30分開演
21時30分頃終演
休憩15分


前回の前田慶次のんがめっちゃ面白かったので、
めっちゃ期待して臨んだ3。
今回は毛利と長曾我部がメインでした。
まぁな…ええ加減ゲームやれよ。
って自分でも思ってるw
あれだ、初めてBASARA観た時の感覚に似とった。
てか、この舞台、毎回こんななんだな…
と。
思ってしまいましたよね。だってゲームやってないんだものw
つか、OPの西川さんと、一幕の終わりに流れる石川さんの曲が、
毎回同じなのか違う曲なのかもわからんというねwwww
さすがにやばいよねそれ。
次回は宴らしいので、
次回こそはゲームやってから観に行くことにするよ!!そうするよっ!!!!

アニキ長曾我部元親はまおまお!!
なにがどうなってこのキャスティング?!
と最初思ったけどw
いやいや、頑張ってましたよまお!!骨太演技をね。
まぁ喝舌は相変わらず微妙な時あったけども…
素晴らしきアニキでした。
そして毛利元就はこにーです。
頑張ってたよ…(それ以外に感想ないのかw)

相変わらず家康がかっこよくてなあ…ええ人でなあ…
もうさすがに好きになってきた家康がw
そしてそこに絡む三成もな…
この二人は次回も出るのよね?楽しみだ。

ほんで悠来ちゃん圭ちゃんは相変わらず、
相変わらず素敵でした。
小十郎と佐助の人もな。
次回が楽しみで仕方がないよ。
[PR]
by edenblue3 | 2012-12-18 22:36 | straight play

笑う巨塔


笑う巨塔
2012年11月15日(木)
シアタードラマシティ
14時開演
14時30分頃終演
休憩なし


東京セレソンデラックス解散公演。
いつか観てみたいと思いつつ、機会に恵まれないまま、
とうとう解散公演…
てなわけで初めての東京セレソンデラックスでした。
主宰の宅間さんをちゃんと観るのも今回が初めてですね。
開演15分前に着いたら既になんか始まってた…
前説的な何かが。
始まる前から盛り上げてくれるのは凄く好感が持てたのですが、
だがしかし、
お茶の間感覚で見ちゃって下さい!!
とか、
どんどん参加しちゃって下さい!!
とか、
この劇団の芝居でそういうのOKなのはわかったけど、
でもちゃんと、
他ではやっちゃダメですよ!!
て言っといてくれないかな…
他の芝居もお茶の間感覚で観るアホがおるのでな…
観る前から客席カオスな予感満載でガクブルでしたが、
実際はそんなに喋りまくる客席ではなかったですねw
で、本編。
とある病院を舞台にして、
誤解が誤解を呼び勘違いが勘違いを生んで…
転がっていくドタバタ劇。
面白かった!!
確かに面白かったよ…
でもなぁ…
もういいかげん気づけよ…!
と思わせるまでにひっぱるのはアウトだよなwww
鈍いにも程があるだろ…
と途中からイライラしたわw
特に宅間さん演じる富雄が、ほんっとに鈍くてウザかったw
最後はちょっとホロリとさせられて、(実際ちょっと泣いてしまったよ…)
お話は良かったです。

工は代議士の息子にして秘書の役。
生で観るのはいつぶりかね?
もうわからんくらい久々の工さんでしたが、(まさか忍足ぶりなの…か?)
相変わらず麗しかったわ…
あんなに背が高かったのね。
ん~映像で観るのもいいけど彼はやっぱり舞台もいいね!!
また舞台で観たいものです。

終演後の余興?も大盛り上がりで…
大阪公演はどうやら異様に盛り上がるらしくw
宅間さんも大阪は凄くやりやすいとおっしゃっていましたね。
劇団は解散するものの、
また近いうちに舞台を始める的なことを言っていました。
客席は平日だというのに満員。
大阪公演はチケット完売だったそうで…
また大阪にも戻って来るとおっしゃっていました。
[PR]
by edenblue3 | 2012-11-15 23:26 | straight play