カテゴリ:straight play( 48 )

Patch stage EX 熱海殺人事件

山浦さん演出。
出演はPatchから三好さん村川さん松井さん
そして立花さん

木村伝兵衛を三好さん、大山金太郎を松井さん、熊田留吉を村川さん、
そしてハナ子を立花さんが演じました。
若い!!!!!
こんだけ若い面子ばっかりでのつかこうへいは初めて観たかも…
あの独特の台詞まわしは無かった。
というか村川くんにはちょっとハードル高かったのではないだろうか…。
完全に台詞に呑まれとったね。
なに言ってるかわからんことがちょいちょいありました。
1シーンまるごとやり直したとこあったけど…
あれはそういう演出なのか、それともほんとにやり直したのか。
実際、なに言ってるかさっぱりわからんシーンだったのだけど笑
対して三好くんも松井くんも堂々としたもんだったね。
突然歌い出すアレとかほんと好き。楽しいわ笑

しかし戯曲の古さと、
現代におきかえることへの整合性がなぁ…
女工さん、なんて今のこたちが理解できるのか…
百姓、なんてのもちょっと今とらえ方が変化しつつあるし。
確かに描かれているのは普遍的なものかもだけれど、
もう既に価値観が、社会全体が変化してますからね。
今後も古典として上演するしかない感じ?
古いのに妙に新しいところも取り入れてる的なアンバランスは仕方ないかな。

そしてあの台詞まわしがなかったせいか、
なんかちょっと物足りなかったような…。
でもPatchの人たちだいぶ名前と顔が一致するようになってきたので嬉しい(今更だけど笑)
またこういう外部への出演も楽しみです。
いつかPatchでTRUMPもやってほしいなと思ってはいるんだけど…
まだキャスト足りてない感…苦笑

a0255804_19544747.jpg

 
 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-08-21 23:29 | straight play

マクベス

パルコプロデュース。
佐々木蔵之介さんが一人で演じ切る…と聞いていたのですが、
いちおう、キャストは他にもいらっしゃいました。
ふつうにマクベスやるのかと思っていたら、
なんか研究所?病院??
(最初は精神病棟かと思った………………)
みたいな隔離された閉鎖空間に閉じ込められてる男が、
一人で演じ出す…みたいな。
一風変わったマクベスでした。
始まる前からセットのバスタブに釘付けになっていたのですが笑
蔵ちゃんやっぱり飛び込んだよね…全裸でね…
一人っきりでの生着替えちょっと観てるほうもドキドキしましたです笑
てかいきなりパンイチにさせられてたし、
かなり肌色タイムの長い舞台でございましたよ…。

a0255804_19550876.jpg

 
 
 
 


 
[PR]
by edenblue3 | 2015-08-12 23:04 | straight play
開演19時。終演20時40分。休憩なし。in→dependent theatre 2nd。
 
福喜多家にお邪魔するのもこれで8回目ー!!!!!!
まじですか!!
さくらちゃんとうとう4歳児でっせ…
心境はほとんど親戚のオバチャン笑

今回もしゅんろうは欠席です…
今度こそ出てよね…まじで…
まぁVTR出演はしてましたけども。
確かに頭髪は若干の危機を感じました笑
相変わらず壮絶な存在感でしたよひろっちゃん。

田渕くんは1時間くらい出て来なかったわ…
関さんは二人目のお子さんが産まれるそうです。(プラベ)
 
ゲスト山本くんと久馬さん。
どこかのアクション系俳優さんですかね…
と思ってたらひまわりだった山本くん。
絶対に観たことあるけど記憶にない…。
今度からちゃんとチェックしますね。
そして久馬さん相変わらず独特の存在感で面白かった~。
下下下と書いてしもむらさがる…そんな名前あるか!!!!笑

また9でお会いしましょう。
 
 
 
 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-07-04 23:04 | straight play

運命の子供

伊藤えん魔プロデュース。

子供…つっても2歳児くらいまで?!の世界を描いている近未来モノ…かな。
産まれたばかりの子供を施設みたなとこに預けて、教育させるっていう。
題材としては面白いのかもしれないけども、
観ててあんま興味がわかなくて面白みを感じなかったのが実際のところでした。
えん魔さんはなにげにファンタジーが好きかな。
ってこれもある意味ファンタジーなのかもしれないけれど。

山浦さんは相変わらずかっこよかったな…。
メイクかっこよかったな笑
もはや彼はラスボス的な…
そういう肝となる役どころが多いですね。

えん魔さんは相変わらずの出オチでしたが、
ちょっと今回は怖すぎたわ!!www
あわさん不在が個人的にはつらいです…。



 
 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-06-28 23:09 | straight play

ひとり、独りの遊戯

玉造小劇店 配給芝居vol.16。
 
わかぎさんの舞台も、世界館も久しぶりだったなぁ…。
今回、当券だったので早目に世界館に行きましたが…
相変わらず何も無いなあそこwww
とりあえず駅前のマクドで腹ごしらえはしました!!
 
舞台は満州。
時代は第二次世界大戦下。
激動の世、女として産まれながら、
男として生きざるを得なかった、 
一人の女。
嘘はつきとおせば真実になる。
長く偽って生きてきたけれど、最後は女に戻ります。

うえだひろしさんが女を演じているのだけど、
幼少期と、女性の時は、
お人形になりますwwww
…まぁ仕方ないか。
スタジオライフなら一人の役者が演じ切る…
くらいのことはしますけどもww
うえださんは男として生きてる時代を実際に演じます。
でもね、
たいしてつくりこんでる感じはないのだけど、
ほんとに女性に見えるんだから不思議。
女性が、男になってるように見えるんだから。
うえださんはたたずまいがとても寂しくて、
観ていて胸がしめつけられるよう。
凄く孤独を感じました。

お久しぶりの野田さんは、
そんなうえださんの舎弟みたいなもので。
ずーっと舎弟www
最後は女に戻ったうえださんにプロポーズしに行く、
という素敵な役どころ笑
つっても相手は人形なんだけどもww
それでもなんだか観ていてこっぱずかしかったわ!!
不思議~笑

人数的には多くない役者さんたちでしたが、
盤石のキャスト。
一人で何役もこなされている方もいましたが、
どれも安心で、見応えがありました。
いい役者さんがそろう舞台はほんと、安心だ。

…まぁ設定的に無理があるのはご愛嬌。
序盤の何かとつめこまれてる思想的な何かも、
さほど気にはならなかったのでギリギリセーフ。

 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-06-28 22:11 | straight play

戦国無双

実はギリギリまで観劇を迷っていて…
戦国無双シリーズはたぶんぜんぶゲームやってるとはいえ、
やりこんでるの織田軍だけなんで笑
今回は関ヶ原の章ってことで、
あんまわかんないんじゃないかな~とか、
光秀出ないしな~ってことで(本音)、
GWの東京はホテルも空いてなかったし(現実)、
もういいかなって諦めかけてたところ、
池袋の常宿に空きが見つかって。
覚悟を決めて、観ることにしました。
結論。
観て良かった…!!!!!!!!!!!
もうね…時間が許せば夜も観たかったくらい…!!
ほんとにほんとに観て良かったです!!
観ずに後悔するより観て後悔するほうがいい…
ってほんと思った!!(そんで後悔してないし!!!!!)

久々の吉谷さん脚本・演出ですよ!!!!
脚本は、本当にうまくゲームの内容をまとめてたな~と思いました!!
よくこれだけぶっこんだなとも言う…笑
でもゲームやってない人にはやっぱりわかりづらかったのかな…
私めっちゃ感動して関ヶ原以降はもうほぼ泣いてたんだけど汗
それはやっぱりゲームやってたからこそ、
感動できた…のかな…
BASARAと違ってゲームやってるだけに、なんとも言えないな…
(BASARAはゲームやってないから、わけわからん!!て言えるけど笑)
無双はあんま笑える要素が無いけど、
そこはさすがの吉谷さん…
シリアス一辺倒ではなく、ちょいちょい笑いもぶっこんできました笑
私の隣で観てた男性のかた(たぶんゲームファン?)も、
すっごい笑ってらした笑
原作ファンからしたらどうかな?と思ったけど、
舞台の流れを壊すほどではなかったし、
私は良かったんじゃないかな~て思ったけど…(私は面白かった!)

さて吉谷さん演出ですよ。
フラッグ演出は健在でした!!!
そして布っきれヒラヒラ演出もな…(好きやなあれ)
冒頭にはキャスト揃っての剣舞もあるんだけど、これがめちゃくちゃ滾る!!!!!!!
めちゃくちゃかっこいい!!!!!
殺陣はそんなにないというか、
ずっと殺陣ばっかりやってるわけじゃないです笑
きっちりドラマの部分が描かれているので、凄くひきこまれました。
あとね、飛んだ!!!!!!
ワイヤー出てきたな…と思ったら、
まず幸村が飛びましたね!!!
そんで三成もね!!
政宗もね!!
華麗にフライングしていたわ…かっこよかった♡

衣装はさすがコーエーさんもついてるだけあって(?)
しっかりコスプレだったわ~
そして信長・秀吉・家康がアンサンブル扱いなのな…
もちろんそういう演出にしてるわけなんだけど、
仕えてる武将さんたちのほうがゴーカ衣装なのが違和感でな笑
いや、わざとそーしてるんだけどさ!!
ちょっと地味すぎて違和感は拭えなかったよやっぱり…。
なんでいちお、光秀も出てきました笑
アンサンブル扱いだったけどね…

そして音楽が~~~ゲームまんまで!!!!
無双って音楽が凄いいいんですよね!!大好きなんですよ!!
だから余計に気持ち盛り上がってしまって…
じ~んとしましたよ…。

クライマックスは関ヶ原と大坂夏の陣が交錯する、
吉谷さんお得意のあれです。
台詞も交錯するし、時間も交錯する。
気づくまでちょっと混乱しちゃうあれです笑
三成と、清正・正則は袂を分かつし、
真田兄弟もまた、別れて戦うことになるのです。
この怒涛のたたみかけに号泣…ほんとに圧巻の演出でした。
真田兄弟んとこはやっぱり泣けたけど、
子飼い(三成・清正・正則)には本当にやられたよ~
ここで最初に涙腺が崩壊してあとはボロボロだった…
義トリオも良かったよぉ~。
そしてラスト…
桜が散る中、幸村が駈けていくところ…
美しかった…
桜、ほんとはセットで観たかった気持ちもあるけども、
まぁ美方面での演出には期待してなかったんで笑
それでもちゃんと桜の木が見えたよ、私にも…
本当に鮮やかで、印象深い、美しいラストだった…。
なんかもうThe Oneもそうだったんだけど、
この春は桜の花びらが散るのを眺めて号泣してばかりだよ…。
日本、素晴らしい…。(じーん)

安西くんの真田幸村、ほんとに幸村だったよ~。
最後、たった一人で斬り込んでいくとことか凄い切なかった。
小沼くんの真田信之は最初はちょっと違和感あったんだけど、
加速度をつけて信之になっていきましたよ…。
ラストはほんと弟たいせつ弟だいすきなお兄ちゃんで…
桜吹雪の中で戦うシーンは涙、涙だった。

植田くんの石田三成も良かったです!!!!!
でもひとつだけ、倒れるシーンの時の両足が、
カエルさんみたいになってたのがキャワすぎて笑
観ててちょっとズコーでした笑
小野くんの加藤清正、
そして早乙女くんの福島正則!!!!!
もうこの子飼いトリオの関ヶ原がね…めっちゃ泣けた。
早乙女くんは本当に良かったなあ…
はけ際にいっつも「おい清正~~~!!」って言うのが可愛くてな笑
三人わちゃわちゃしててほんと可愛かったよ…。

安川くんの伊達政宗は可愛かった笑
衣装キラッキラで凄かったわ笑
鮎川くんの片倉小十郎。
も~~~めっちゃくちゃかっこよかった!!!!!
ほんと眼鏡に弱いな私…笑
立ち姿もすらっとしてて素敵でした♡

書き切れないけど、役者さんほんとにみなさん、ハマってました!!!
戦国を生きていました。
若い役者さんが多いので、つたない部分もありました。
正直、もう少し年長の役者さんで観たかったかな…
と最初は思っていたけれど、
途中からは本当に惹きこまれて観てました。
熱い舞台だった…。
あの熱量は若い役者さんだからこそ、かな。
尊くて、切なかった。

それにしても大阪での公演がなかったのが本当に悔しいです。
こんだけ真田幸村のこと描いてるのに…
大阪で上演しないなんてアリエナイヨ!!!!!


 


 
[PR]
by edenblue3 | 2015-05-04 23:25 | straight play

たいせつなきみ

2年前に東京まで行って拝見した舞台が…
大阪に来てくれました!!!!!
NAO-TA!プロデュースvol.8です。
作はTARAKOさんで演出は中尾隆聖さん。
2年前と全く同じキャストでの上演でした!!

前回、拝見した時も感動して…
でもちょっと設定的に無理ねぇかぁ~???
なんて感じてはいたんだけれど笑
(28歳♂と46歳♀カップルとかね…)
今回はもう、そういうもん。
だと思って観てました笑
なにげないようで…
かけがえのない。
優しさ、温かさ。
TARAKOさんの本、とっても素敵でした。
サイン入りで用意されてた上演台本100冊は、
初回公演で完売しちゃってました。

高齢出産で命を落とした母、
父、三姉妹、そして弟。
そんな早見家を舞台に、
父の葬式と、長姉の結婚式、
人生の大きなセレモニーを通して描かれる、
家族の絆や、人と人とのつながり。
笑って、泣いて、
大切なものを気づかされるような、そんな優しい温かな舞台です。

一美は渡辺菜生子さん。
相変わらずの天然長女でした笑
のんびりした包み込むような優しさあふれる、
素敵なお姉さん。

二美はTARAKOさん。
ツッコミが冴え渡る次女笑
妹である真弓さんとのバトル楽しかった~。
初日、なんかちょっと引っかかった台詞があったんだけど、
二回目観たら、台詞間違えてたことが判明。
でも、一回観ただけではわからないくらい、
めっちゃ自然にアドリブで対応してた…。
凄い…!!!

三美は田中真弓さん。
ワニ~が相変わらずきゃわいすぎた!!

葬儀屋の兄とブライダル関連の弟、池本は関俊彦さん。
今回も二役で笑
舞台裏を走り回らされておりました笑笑
ほんと関さんは幾つになっても素敵だよなぁ。
お声も素敵なまんま…
いい感じに年を重ねてらっしゃいますよね♡
こうして舞台で拝見できるのが本当に嬉しいです。

お隣の産婆さんさゆりにくじらさん。
もはや出オチみたいになってたけど違
葬式で泣き結婚式で泣き…笑
ゴーカイで素敵だったです笑
ほんと、喪主…

お友達の礼子さんに鶴ひろみさん。
くじらさんとのコンビネーションも素敵でした。
やはりお声も素敵でしたね。

伊藤こと伊藤かずおは椎名茸ノ介さん。
真弓さんとカップルさんです笑
いい感じにチャラい…というか現代風な若者で笑
愉快な青年でした。
上演台本に物凄い誤植がある…
とTARAKOさんがおっしゃっていたのですが、
うん、田中かずおって誰
役名がまさかの誤植だったのね…
伊藤なのに田中…
どっちにしろありがちな苗字になってるのが更に笑える。
ラスト、ひまわりの花束を持って登場するのが、
相変わらずさいっこうにかっこよかった!!!

山崎寛治を堀広道さん。
一美の結婚相手。
朴訥なのに、めっちゃ一美への愛があふれてる人だった…。

望美は垂木才星さん。
こんにちは!
ときっちり挨拶するのが印象的笑
めっちゃデカい早見家の弟君。
凄く、優しいいい子です。
一美お姉ちゃんが優しい子に育ててくれたんだね。

徳山四郎は大谷典之さん。
亡くなったお父さんのネット友達。
吉永小百合様を姫と崇める会ですね笑
岐阜の山奥から出て来ました笑笑
彼の読んだ弔辞に、
死が迫りつつあるお父さんが、
亡くなってしまった奥さんに宛てた、
ブログのメッセージに。
客席も号泣でしたよね…。

葬儀屋の跡取り息子鈴森に小林大介さん。
泣きっぷりが可愛かった笑
ちょっとバカだけど誠実でいい人です…バカだけど笑

いつかまた再演があるといいなぁ…と思います。
脚本はちょっと古臭いところもあるけど、
いいものは、ずーっといいものだから…
また大阪に来て下さることを祈って。 


 
[PR]
by edenblue3 | 2015-04-18 23:31 | straight play

幸村-真田戦記-

壬生狼以来のブルーシャトルプロデュース。
若干、前回の壬生狼がトラウマにもなっておったわけですが(苦笑
まぁもう木刀で戦う新選組を観てしまったら、
たとえ戦国であっても、
なにがきても受け入れられるわと思ってました(爆笑
結果、
ちゃんと刀を持っての殺陣もありまして…
ちょっと安堵w
でも基本は扇子でしたね。
いや、いっそこの演出は鮮やかだったです!!!!
扇子でチャンバラとか冷静に観たらめっちゃしょぼいけどw
小劇場的に全然アリだと思いました!!!
扇子をぱっと広げるとことか、印象的だったな。

物語は真田十勇士…
序盤はほぼほぼ説明で終わります。
初日だったせいか、
みなさま台詞の海に溺れまくっておりましたね……………
膨大な台詞をとにかくちゃんと言うことに必死になってて…
まくしたてるように次から次へ台詞が続くので、
聞いてるこちらも必死だよw
とにかくエネルギーは凄かった。
真田兄弟のことも描かれてはいたのですが…
(というかそこクライマックスでしたが)
いまいち印象は薄かったですね。
あんま兄弟の絆的なとこはきっちり描いてなかったからな…。
ラストは蛇足じゃね?!と思ったりもしましたが、
(豊臣秀頼の脱出)
すがすがしく終われたのでまぁあれもアリですかねw
ただ結局、
なにがいいたいのかよくわかりませんでしたけども。
というか大塚さん…
現代の感覚を幕末や戦国に持ち込むの、
まじやめてほしいなぁ…
戦国武将が「戦うのはイヤ」「こわい」とか、
口にされるとまじ萎える…。
まぁそのあとちゃんと武士として散ってゆきますけども…
(そのあたりは壬生狼より断然よかったわ)
演出は鮮やかでスピーディでかっこいいのだけど…
いつもどっか説教臭いのがなぁ…。

真田信繁は松田さん。
子持ち役…さすがに無理ありすぎましたけどw
頑張ってましたね!!
センターなんだなぁと実感しました。
ラストの刀での殺陣は、彼のためにありましたね。
残りの役者は全員モブ斬られ役って潔すぎww

徳川家康と淀殿の二役、田渕さん。
いやぁ…大変でしたね!!
早着替えだけでも大変だろうに、
台詞も凄い量で…お疲れ様です。
 


 

 
[PR]
by edenblue3 | 2015-03-26 23:19 | straight play

SPECTER

なんやかんやで結局3回、観劇。(うち1回は当日券)
TRUMPシリーズと聞いてしまったら、
もう複数回、観るしかありません!!!!!!
それくらい大好きなTRUMP。
でもSPECTERの前知識とか全くなくて…
一体どんな話なんだろうとドキドキで挑んだ初日。

いわば物語は、
クラウスがアレンと死別したあと、
クランでソフィと出逢うまでのちょうど間くらい、
を描いた話。
もうね、因果因果、また因果。

でも初見の時は凄く混乱してしまって、
ガバンリがまずソフィを名乗ったから、
え?え?えええええええええ??????
てなって笑
なんであんたがソフィ?!
ソフィ育った?!!
って笑
結局、そのソフィの名は、
人間とダンピールとの間に産まれた、
新しい命に名づけられることになって、
ようやくあ、そっか!てなるんだけど、
もう初見の時はいろいろ、
大・混・乱☆

いかにもクラウスっぽい見た目をしたクラナッハを出しておいて、
こいつ怪しい…怪しいと煽っておきながら、舞台も中盤を過ぎた頃に、
本家クラウスが登場して!!笑
もうあの時は息をのみましたよ…
山浦さん、完全シークレット扱いでの、
クラウスでした。
ずっとツイッターでもだんまりでしたし、
公演が始まってからもなお、
いっさい公演のことは触れてませんでしたからねぇ…
凄い徹底して隠していましたけど、
でも実は最初の頃は一部公式でキャストに名前あったんだけどね笑
私はそれをすっごいおぼえていたから、
途中で名前が消えてしまったのを嘆いてたんだけど…
まさかこんな形でのシークレットだったとは~
まんまとやられましたよ末満さんに笑

私はいわゆるソフィ三部作といわれる、
TRUMP、LILIUM、SPECTERのうち、
LILIUMは観ておりませんが、
SPECTERはTRUMPと密接に関連していて…
(そのあたりはパンフの年表を見て衝撃だったり)
ただ、
初見の時は、
TRUMPありきの物語で、
TRUMPほどのドラマ性を感じなかったんですよね…
TRUMPの謎解きみたいな印象が強くて…
物語としてはイマイチかなって。
誰にも感情移入できなかったし笑
あととにかくクラウスがぜんぶ持ってってしまったから笑
それで混乱してしまって、
とにかく1回追加しなきゃ!!!!って思って。

でも結果的には3回観れて良かったなぁと。
ただ末満さんのアフタートーク、
繭期ナイトのあとに観劇できなかったのは残念だったかなぁ。
ノームが10歳の設定だったとか、
実はガバンリの息子なんじゃないかとか…
そう言った因果もそこで初めて明かされまして。
それきいてからまた観たかったよぅと思いましたよね。
私が末満作品ことTRUMPに惹かれるのは、
この因果に尽きるんじゃないかなぁと、
腑に落ちた公演でした。
繭期ナイトでの末満さんによるとSPECTERのテーマは、
受け継ぐこと。
だったそうです。
ガバンリの名前が受け継がれるのもそうですが、
クラナッハが息子に花の研究を継がせようとしたり…。
ところでそもそもこのSPECTERをやろうと思ったきっかけが、
TRUMPのガバンリはあっさりと死んだ。
って事実を知らしめるためだったそうな………………。
確かにすっごいあっさりしてて、
私もつっこんだもんな笑
一部ファンの間では、実は生きてんじゃねーか?
ってなってたらしくて、末満さん的には、
いやあっさり死んでますから。って言いたかったんですって笑

SPECTERでのガ・バンリは中山さん。
というかこのガ・バンリというのが、
実はコードネームみたいなものだと明かされましたね。
さすがに安定していた中山さん。
アクションも含めて安心して拝見できました。
しかしノームとの年の差は感じなかったよねぇ笑
どう考えても同世代、ぎりぎりアニキ。

セキシュウの三好さんも、
ストーリーテラー的な一旦も担っていましたが、
落ち着いてしっかり言葉を伝えてくれてました。

クラナッハは竹下さん。
恋人(ハリエット)に対する愛がほんと感じられなくてね…
自分の子供の名前、
ハリエットの弟であるノームが勝手につけちゃうけど全然、
どうでもいい感じでしたよね…
花にしか興味いってない…というか、
なんか感情が欠落した人だったなぁ。
そのあたりを好演されていましたね。
しかし見た目まじクラウスだった笑

ノームは井上さん。
ほんとに私は井上さんの声が好きでねぇ…
凄く印象的なんだよな~。
お芝居も好きですけども。
しかし10歳には見えなかったね!!笑
最後はガ・バンリの名を継いで…
去って行くあのラストはなんとも余韻深かった。
そしてこのガバンリが、
TRUMPでやってくるあのガバンリになるのかぁぁぁ!!!!
と思ったら、凄くTRUMP観たくなりましたよ。

カルロ村川さん。
村川さんもあのなんとも舌ったらずなとこが印象的でな笑
台詞で「ぼくの犬が!!!!!」ていうシーンがあって、
カルロんちわんこおったんや…?と思ってたら、
「ぼくの家が!!!!!」だったという笑
ちょっと喝舌がな笑
でも何故かいちど観たら忘れられない役者さん。(イケメンだからか!!!!!?)

シャド…
ローザのどこがええのか最後まで分からんかった…笑
TRUMPでも登場する「我は守護者なり」とても印象的だった。
トルステン…
おいっす!!!!!
むしろサトクリフの
「おまえイニシアチブ効いてんのか?!」
の台詞が面白かった笑
ハリエット…
初日に観た時はお腹が間に合ってないのかと笑
(余りに腹が出すぎててちょう違和感)
でも次に観た時も腹が飛び出てたので、
あれで完成なんだ…と思った笑
ローザ…
永遠の命を手に入れたところで
人殺しは人殺しだと思ったんだけど、
永遠の命を手に入れたら、
他のひと噛んだら不死にできるんだっけ…?
そこんとこがよくわかんなくて、
最後までもやもやしたローザの存在。

クラウスは山浦さん。
客席の挟み込みチラシのキャスト表にすら、
名前がありません!!!笑
ご本人も千秋楽のあとだったかな?
ようやくツイッターで自供してましたね笑
繭期ナイトも公式では全く名前なかったけど、
ちゃっかり出て来てくれて嬉しかったです♪
不老不死代表ということでね笑
「不老不死の気持ちを想像しながら演りました…」と。
私初日が最前列だったんですが、
ちょっと太った?!!!!
と思って別の意味でも釘付けだったんですけど笑
3回目がほぼほぼ最後列の観劇で、
やっぱり素敵だな~と笑
私はアレンの山浦さんも好きだったんだけど、
アレンとクラウスだけは、
山浦さんでも赤星さんでもどっちもいいんだよな~♡
それぞれにまったく違うからなぁ…
今回はクラウスだったけど。
いい感じで恐ろしげでもあり、
凄く良かったです!!!!
初日のインパクトまじ忘れない…
ところで繭期ナイト末満さんのお話によると、
このSPECTERという物語はクラウスにとっては、
猫、飼い始めました♡
ってだけの話らしいです………………………。
クラウスの肝そこなんだって…
まぁそうだけどさ!!!!!!!笑
 
 

 
[PR]
by edenblue3 | 2015-03-18 23:17 | straight play

心霊探偵八雲 祈りの柩

河合龍之介さんが演じられていた頃から、
いいないいな観てみたいなぁ…
と焦がれていた舞台が遂に大阪上陸!!!
うれしい!
原作しらないけど!!
役者さんをかえてもずっと上演されているって凄いことですよね!
八雲は、龍ちゃんから中村誠治郎さんを経て、
今は久保田秀敏さんが演じています。

19時開演の21時終演。
すっきり2時間上演でした笑
幽霊にとりつかれている…
とかいきなりオイオイオイとつっこみたくなる序盤だったのですが笑
(そこつっこむとこ違います)
2時間でほんとうまくまとまっていて…
結果、悲しい話ではあったんだけど、
それぞれに救いや希望があって、
最後は穏やかに結末を見守ったというか。

演出はちょっと過剰気味かなって気がしましたが…
ハイここで泣いて下さい!
みたいにいかにもな感じが、
私はちょっとダメだったんだけども汗

あと凄い気になったのが捜査資料とか、
ぜんぶ出席簿みたいなのにファイルされてたことかな笑
凄いアナログですね…
ほんであんな簡単に拳銃は持ち出せるものなのでせうか…
そのあたりちょっと気になっちゃったな~。

座長の久保田さん、
私はテニミュでしか観たことがなかったのですが、
なんだろう…
ちょっと言葉が軽かった印象が…
や、役ドコロとして軽いぶんはいいのですが、
なんかずっとそんな調子ではどうなの…?っていう…
ていうか見せ場でもある物語の核心に迫るシーン、
あそこでいきなり台詞がつかえちゃって、
集中できなかったよ~笑
そこはかっこよく真相に迫ってくれよ!!と思った笑
とはいえビジュアルは素晴らしく…
観ているだけで目の保養。
凄まじくかっこいい八雲さんでした♡

ヒロイン?は美山加恋さん。
凄い育っていた…笑
しかしまぁこのヒロイン…
原作を知っていればまだしも、
原作しらん者からすればほんまなんでいるんだか笑
仕方ないけど扱いがビミョーすぎました。

東地英樹さんはアニメでも後藤役だったのですね。
高橋広樹さんと佐野大樹さん(なんか名前、樹ばっかりか!) 
二人から「あなたに会えて良かった」と告げられるラスト、
良かったなぁ…(声はそろってなかったけど…………)

大樹っちゃん久々すぎていつぶりかもわかりません!
いつまでも若いな!笑

ほんで齊藤来未子さんも…
ほんとに久しぶりでした!(雛森ぶり)
相変わらずの癒しオーラ…
(最初ちょっとキンタロー出て来た…?とか思ってごめん)
しかしあんだけ人を怨んじゃだめゆるすんだよって言ってたのに、
弟も恋人も復讐に走っちゃあかんやろ…
皮肉なもんだ。
 
安西慎太郎さん、石渡真修さん、東啓介さん、
お三人ともテニミュ出身ですって!
白石に桃城に千歳だって~凄いな…
三人ともとても良かったなぁ。
安西さん最後は大熱演で客席で涙を誘っていましたね。
私は最後に石渡さんが頭をさげるところが凄く好きだったな…。
目を引いたのは東さん、背、高い!!スタイルいい~!
やっぱり舞台では目立つので得ですね!

あと個人的には樋口智恵子さん、
凄い舞台を引き締めてくれてたな~と感じました。
 
 
 
 
 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-02-27 23:36 | straight play