カテゴリ:axle( 3 )

三銃士【東京】

大阪公演からざっと1ヶ月…間が空きました。
いやもうぶっちゃけ、終わった感ありありでしたが笑
今回は劇場が神奈川県。
みなとみらい線にある劇場でございます…。
これがネックでした…(個人的に)
土曜日と日曜日で3公演観たのですが、
土曜日が池袋→横浜のハシゴでですね…疲労感ハンパなかった。
生ける屍状態での観劇でした。
あんなにも集中できなかったアクサル舞台は、
たぶん初めてかと…(我が観劇史上においても初かもしれん)
なので土曜日の記憶がかなり曖昧ですが汗

演出など、ちょいちょい変わっていましたが、
上演時間は変わらず2時間でした。
劇場かわって…
間口が広くなったのかな??
ABCでゴチャゴチャして見えたOPとか、スッキリして見えた。
稽古の成果かもしれませんが…
舘形さんのこだわっていたラインがね、キレイになってた気がしました。
大阪で、わかりづらい…と感じた部分は、
かなり解消されていた気がします。
解消されなかったところは、
もはや脚本・演出的に無理、なんだと理解。
そして何より。
大阪の時よりも、格段に熱を感じた気がします。
大阪で観た時は、生きて、ない、と感じていたのだけど…
東京は違った。
役者さんたち、それぞれの役の人生を、生きて、いました。
凄いエネルギーを感じましたね。

3月11日に公演があった…ことも、大きかったかもしれません。
きっとあの場にいた全ての人たちが、
同じ喜びと幸福を共有していたのではないでしょうか。
舞台を上演できる喜び、
舞台を観劇できる喜び。
様々な思いが去来して…
大千秋楽は、特別な公演になった気がします。

吉谷さんがきっと、
この日を意識して書いたと思うこの作品は、
その言葉の全てが、メッセージだった。
祖国、という言葉を噛み締めた。
この国のことを、思わずにはいられなかった。
吉谷さん自身が、ブログにも記された言葉。

国を守るというのは血を流さないということではなく、
そこに生きる人達が、
傷つきながら、
苦しみながら立ち続けることなんだと思うんです。

初見の時から印象的ではありましたが…
本当に深く深く沁みわたる言葉でした。
胸に突き刺さって…そこからじわじわと…
痛みに似た余韻が広がっていくような。
不思議な感覚です。
その痛みこそが、
この舞台の残してくれたもので…
決して忘れてはならないもので…


ダルタニアンを演じる柄谷さんは相変わらずの安定度。
王を守る…その思いの強さに心が震えました。
一方のロシュフォールは更に軽妙になった気がします笑
ダルタニアンは重厚に、
ロシュフォールは軽やかに。
演じ分けがより、鮮やかになった印象。

古川さんも本当に素敵だったです。
アトスの時はきっちりとパパの一面も見せてくれて…
一方のミレディはきゃわゆく演じてくれて笑

武原さんはどうしても聞き取れない台詞があって残念だったんだけど…
信じる者は、ナントカナル
は、永遠に語り継ぎたい名言ですね!!笑
汝の罪は、もうちょっとしたら救われる
とかも、凄くテキトーな感じが大好きでした笑
ポルトスが語る、
「あの頃は良かったなぁ4人でなんでもできる気がした」
って台詞が、とてもいい台詞で…
たださほど、4人でなんでも…感は出てなかったんだけど汗
でも、若者4人が、わいわいきゃっきゃしてくれてて、
楽しそうだったのは良かったなぁ。
柄谷・古川・武原・山本の4人が、
無言で強い絆を示してくれてたのに対して、
西川・飯泉・斉藤・有川の4人は、
ドタバタ勢いで駆け抜ける青春の輝きを表現してくれてたよ。

山本さんは…
ジュサックが格段にキモくなっていた
どう考えても変態ですありがとうございます。
初登場の時の演出まで変わってて、
ミレディに「脱げー脱げ―」言うてるし、
何故か黒ぱん一丁の男たちを侍らせてるし…
必要かその演出?!!!!!
と甚だ疑問ではありましたが、まぁジュサックの、
趣味悪っ!!!!!ぷりは出ていたので良かったかと…思います…多分…笑

矢崎くんは本当に本当に大熱演だった。
ルイとフィリップの演じ分けが壮絶すぎて…鳥肌モノでした。
フィリップが語る、
「たくさん傷ついた兄の方が…」
のくだり。鮮やかにルイのことが浮かぶんです。
同じ人が演じてるのに。あれ本当に凄かった。
ルイの時はいっそうオラオラ、だったですが笑
フィリップの時はほんと、最初は特に、びくびくしててかわいかった笑
ポルトスにばっちーん背中たたかれて、
しばらくしてからイタイ…てなってるとことか笑
ほんとに魅力的でした。

西村大ちゃん…
いったいどれだけの人生経験を積んだらこの青二才が、
あんな素敵なお兄さんにお兄さんにお兄さんに、(おっさんではない)
育つんでしょうねえ…笑
ごめん、ほんと、この西村→柄谷ラインだけはな…
最後までいかんともしがたかった。
ただまぁ…決して器用ではない、暑苦しさとか、
そのへんで納得してみた!!笑

若きアトスとラウルの二役だった飯泉くんですが。
ずみちゃん、めっちゃ良かったわ…。
ラウルはパパのこと…ほんと尊敬して慕ってるんだなぁって、
剣術のシーンでのパパを見る目のキラキラっぷりが、
凄く切なくて…。
ほんと、アトスとラウルで全く違う目をしてるんだよなぁ。
アトスも凄く魅力的だったな。
でも、「さらばわが青春!」はちょっとな…
とってつけた感。
まーあのミレディとこのアトスの恋人時代は全く想像できんよ仕方ない笑

斉藤くんはアドリブも頑張ってたなぁ!!笑
あの、仕立て屋とのシーン、(無理ですねー無理ですねー)
めっちゃ楽しかった。

有川くん、
ダルタニアンとの初遭遇シーンでの豹変ぶりが、
よりいっそうわかりやすくなってたなぁ。
とんだ生臭坊主だった笑

無駄に、双子の役だった田中さん。
食べるお菓子が日替わりという…笑
なんか食ってる印象が強すぎましたが笑
食べてるシーンは長くなっていたのか。
ラウルの訃報を受け取った直後のアトスのところに、
ポルトスたちが訪ねて来るシーン…
あそこのプランシェ凄く好きだった。
泣きそうになりながら「お久しぶりでございます」
って言うの。
でもルイに「あなた」て言うのはいいのかなって、
ちょっとドキドキした笑

池永くん。
はーほんと好き!笑
照人さんとの掛け合いがほんとに毎度楽しくてなぁ…
二人が出て来るたびに楽しくなった。ずっと観てたかった。
凄く仲良しさんで、
でも、互いに互いのご主人様に忠実で…
凄く、印象的な二人でした。

吉谷さんは、
相変わらず飄々としてましたが…
舞台を締めくくるなにげにめっちゃ重責を担っております笑
祖国の大地には、先人たちの魂が広がっている
あの印象的な言葉で、三銃士は幕を閉じるのですね。(うろ覚えやけど)
本当に胸がいっぱいになる言葉でした。
仕立て屋のシーンでは、
ポルトスの名前を必ず間違っていて、
ポル原ポル幸さんとか、ポリ進一さんとか…
たけりんにムチャブリしてましたなぁ…笑
たけりん、めっちゃ困っとったがな。
しかし大千秋楽では反撃を食らい、
「ポリリンモンローさん」て逆ムチャブリされていた。
とりあえず吉谷光太郎的マリリンモンローをやってました笑
(スカートふわーーーのシーン)
爆笑だった笑

蔡さんは結局、一言もしゃべらなかったなー。
大千秋楽、
「最後の特別な日だから…何か一言…」て吉谷ペルスランに促されても、
ついぞ口は開かなかった笑
そのぶん、パワーアップしたダンスを見せて下さいましたけれども。
舞台挨拶でも「謝謝」のみでしたね。
最後まで無口な人でした笑


アクサル第13回公演
三銃士~仮面の男~

日時:3月10日(土)13時開演/18時開演
日時:3月11日(日)13時開演
会場:神奈川芸術劇場 大スタジオ
脚本/演出:吉谷光太郎
振付:舘形比呂一
配役:
ダルタニアン/ロシュフォール→柄谷吾史
アトス/ミレディ→古川貴生
ポルトス/リシュリュー→武原広幸
アラミス/ジュサック→山本健史
ルイ14世/フィリップ→矢崎広
若き日のダルタニアン→西村大輔
若き日のアトス/ラウル→飯泉学
若き日のポルトス→斉藤崇
若き日のアラミス→有川蒼馬
プランシェ/ベーズモー→田中照人 
グリモー→池永英介
フーケ→青木威
コルベール→豊田豪
ペルスラン→吉谷光太郎
モリエール→蔡暁強
近衛兵1/他→渡部 新                       
近衛兵2/他→下垣内大介
近衛兵3/他→林瑞貴 
近衛兵4/他→小野一貴 
近衛兵5/他→片山徳人
近衛兵6/他→平野健人
近衛兵7/他→野島昭平
[PR]
by edenblue3 | 2012-03-13 23:53 | axle

三銃士

今年も年に一度きりの逢瀬、
アクサルさんの七夕公演が始まりました!!笑
…まぁまだ2月なんですけど。
そんなアクサルさんの放置プレイにも、
すっかり慣れきってしまった今日この頃…
さてこのたびの演目は今はやり??の三銃士。
…つってもやっぱり私は知らないわけで汗
八犬伝にしろ三銃士にしろ、そこ割と基本じゃね?
みたいな物語を知らない自分が恥ずかしいというか、
お陰で楽しんでますというか。

今回は、外部からピスメ以来の矢崎くんほか、
劇団四季の蔡さんとか、THE CONVOY SHOWの舘形さんとか、
新しい風を取りこんでの公演でした。
振付・ステージングの舘形さんは公開稽古でも拝見いたしました。
並んだ時のラインのズレとか、
「キレイじゃないから」って何度も指摘されてたのが印象的だったなー。
実際の舞台も狭いのがちょっともったいなかったかな…。

チェス盤のようなセットと、シーンに応じて動かされる駒。
アラミスの台詞の中に、
ひとは神様の駒…みたいなのがありますが、
ぶっちゃけ駒の動きの意味までは把握できなかった。
なんか意味あったのかな…。
人を駒に見立てて、ルイがそれを盾にするシーンが印象的だった。

オープニングは、
公開稽古でも拝見していましたが、
実際に舞台で見たらやっぱり当り前だけど全然、
カッコよくて素敵でした。
音楽も勇ましくてかっこよかった!!
そして凄いドラマティック
OPにも物語があるんです。
これは初見ではなかなか把握しづらいですね…
誰が何の役なのかもわからんしね。
でも2回目からは楽しいよ!!
まさに目が離せない!
壇上のルイ14世に跪いていくことが特にかっこよくてスキ。
このあたりも舘形さんによるところだったのかな??

初見の時は、
始まって15分か…20分か…わかりませんが、
最初のほう余りに横文字の名前だらけで、
途中で脱落しかけました爆
だって誰がどれ???
状態で、
ここにいない人のこと話さナイデーーッ!!
(誰のことだかわかりまてん!!)
ダメだ諦めよう…
と思ってしまいましたの笑
だがしかし!!
そこを乗り切るとめっちゃ面白かった!!
話を知らないもんだから、どうなるの??
どうなるの!!
て感じで。わくわくしました。(相変わらずお得な無知です)
しかしね、今回わたし3回しか観れなかったわけで(えじゅうぶんですか??)
初見ではついていくのに必死、
2回目でようやく色々わかって、
3回目で細かい台詞を確認しよう!
と思ったのに…
千秋楽、せりふ飛びまくっとったがな!!!!!!!!爆
確かめようにも意味わからんかった…笑泣
まぁアレだ、やっぱ前楽がいちばん、舞台としては締まってた、
てことですね…。

若き三銃士とおっさ…いや、もう銃士隊を退任した三銃士、
過去といまとが交錯する舞台です。
それらが同時進行で描かれ、台詞が交錯するのは、
まさに吉谷さんの真骨頂!!
メイン役者が2役を演じているのもポイント。
…しかしこれ、諸刃の剣だったかなぁ??
ぶっちゃけるとおっさん銃士より、悪役のほうが印象的ではあったよね…?
演出的に狙ったのか結果的にそーなっちゃったのかはわかんないけど。
個人的には全体の印象がぼやけた要因であった。

年齢設定も理解しづらかったかな??
三銃士とダルタニアンとの歳の差はいかほど?!
あんま大差ないよね見た目はw
それと、
西村→柄谷
飯泉→古川
斉藤→武原
有川→山本
ここがいまいちリンクしなかったの…。
上演時間が短すぎるせいか、そこまで感情がついていかなくて…
せめてあと15分か20分は欲しかった気がします。
なんなら休憩いれてくれてもいいのよ。
若者時代と壮年以降との対比なんて、
本来なら私、大好物なはずなんですよ。
余りその部分での感動がなかったのは、我ながら不本意。
ほんとなら、それぞれの変化や成長にもっと心動かされるはず。
それがなかった。
休憩なしで2時間、というスピーディな上演時間にこだわりがあるのかもしれないけど…
そこはもう少し作品にあわせてもいいんではと感じました。
短いともちろん観やすくはあるけど…アッサリしすぎてる感じがする。
面白かったんだけど、
見終わった後の物足りなさハンパなかったもん。
え、これでもう終わりなん?!
て。
うまくまとまりすぎてて、
あんまり残るものがなかったというか…。
ラストのダンスとかもめっちゃかっこよかったし、
スタイリッシュな印象もあった。
けど、なんか、アクサルぽさがなかったかなって気もした。
美しさと泥臭さのせめぎあい的なものを感じた笑
役者さんそれぞれが舞台で、板の上で、
生きて、
いて欲しかったんだけど…いまいち、その息吹を感じづらかったかなぁ。

笑い要素は少なめだったかな??
描いてることは祖国がどうたらとか王権がどうたらとか、
なんか大掛かりなことになってましたが、
やっぱり吉谷さんが…
アクサルが伝えようとしてることは基本、変わってなくて。
その世界観は大好きです。
親から子へ。
過去からいま、そして未来へと。
受け継がれてゆく思い。
いまは過去からつながっていて、
未来へとつながってゆくものなのだと。
ワンフォーオール、 オールフォーワン。
同じことを言ってるんだけど、歳を重ねることによって、
若かりし頃とはそのニュアンスが変わってきていることとか。
心に響く台詞がたくさんありました。

ただ…
武蔵に続いて、今回もアクサルメンはおっさんチーム。
子持ち役を定着させるのはちょいと早くはありませんか??
若者との対比ってことで、
吉谷さんの描きたい世界に合致しているのかもしれないけど…
でもね、まだまだ、ブイブイ言わせて欲しいの笑
ガンガンいこうぜ!!なアクサルメンが観たいの。
おっさん役で落ち着いちゃうのはまだ早いんじゃありませんか??
ひまわりはおこちゃまも溢れてるから老けるのもわかるんだけど!!!笑
現実的にまわりは子持ちだらけだとは思うんだけど!!!!
でも、
それでも舞台はマジックがかかるところだと思います。
まだまだ可能です!!
だから次は子持ちパパじゃなくて…男の子の役が観たいな!!笑
や、青年の役でいいんだ。多くは望まないから…笑

アクサル初めての西洋モノ、
どうなることかと思ってましたが、
楽しかったです!!!
相変わらずデタラメに速い殺陣とかね、
前で観たら剣がショボくてちょっとガッカリとか差し引いても、
かっこよかった。(音ズレは気になったけど)
ま、
男ばっかりの舞踏会は完全に武道会でしたが…笑
いや、なかなか勇壮でしたわ。
華がNEEEEEEEEEE!!
いっそ開き直っていてすがすがしかったですが、
妖しげな雰囲気は凄く出ていました。

個人的にどこか苦手意識のあった三銃士。
ずっと避けてきたのはそんな理由もあったのですが、
これを機にもっと色んな三銃士を観てみたいなと思いました。
そんな意味でもありがとう、アクサル!!笑

あ、
今回は物販がちょっと寂しかったかな…
くじ写真いがいにも写真ほしかったです。
今回くじ全然ひいてないもんで汗
お金おとしてないよ!!!!
あと千秋楽の役者紹介がなかったのも寂しかった。
大阪だけのアンサンブルとかいたから、
せめて一言だけでも…
挨拶が欲しかったです涙

で。

東京公演まで一ヶ月も間があきます。
程よく大阪の記憶もリセットされた頃に、
はじめましてー風にまた幕が開くわけですね…。
うーん、ちょっと間あきすぎじゃないかなぁ。
どういうアレやコレやでこんな日程なのかは、
はかりしれないひまわり時間ですが、
ま、間あくからには、
更にええもん期待しますよ!!!!!


ダルタニアンとロシュフォールを演じた柄谷さんは、
公開稽古の時に、
「出番が少ない」
などとのたまって、演出家を盛大にパニックに貶めておりましたが笑
あれで少ないのか…笑
と誰しもがつっこんだことでしょう。
まぁ確かに、過去の演目に比べたら、少ないよ。
てかあんた今まで出ずっぱりすぎだから笑
それでも要所要所、オイシイところは持っていきますよ、
印象的ですよ。
決して、出番が少ないがゆえに印象に残らないわけじゃない。
そのあたり、相変わらず演出家の愛を一身に受けておいででした笑
まーでもやっぱ、黒マントを翻し真っ赤な薔薇をくわえているロシュフォールのが、
印象に残っているのですが。
あの長いマントでのアクションはさすがだった。

古川さんは子持ちおっさん役と女役の2役という…
相変わらずムチャブリされてます笑
最近はメイクも衣装もそこそこの仕様で女やらされてますね。
それこそ、メイクも衣装もバッチリ!!
な本気の女役を観てみたいですわ笑
しかしミレディはごっつ強かったです。
剣に対して拳で向かっていくという笑
どんだけ強いねん!!!
アクション冴えわたっていましたねぇ。
アトスは初見の時、
ルイ14世と謁見してるシーンが、
全く何を言ってるのかわからなくてつらかった笑
あそこで意識を失いかけました…。
2回目からは意味わかったけど。

肉体労働な武原さんは、
男かかえたり男おぶったり…大変でしたね笑
や、あれは武原さんにしかできないわ!!
ノーテンキぽいポルトスがハマっていました。

アラミスで好きなシーンは、
息子の戦死を知った直後の古川アトスを訪ねていった時。
ノーテンキ武原ポルトスが空気よまずに喋ってるんだけど、
気づいて彼をとめるとこ。
なんかあそこ、好き。
ジュサックに関しては、
どこが趣味悪っ!!なのか、
わかりづらかったなー。
顔なのか装いなのか??
別段、いつもの山本健史じゃんね?みたいな笑
さっき出てたアラミスとどう違うの??って感じで。
もうちょっと顔なりカッコなりを悪趣味にしてもらわんと、
笑えないよなー。私だけかな。

ルイ14世とフィリップの2役だった矢崎くん…。
今回もまた難しい役どころ。
それを見事に熱演してくれました!!!
素晴らしい演じ分けでした。
ルイはたまらなく孤独で、虚勢をはっているのがよくわかる。
おうさまってしんどいんだなっておもいました。(子供の感想か!!)
フィリップはとても可愛かったw
そして印象的だった言葉の強さ。
特に二幕、
傷ついた三銃士たちに、
「諦めないで下さい!!!!」
て叫ぶくだり。
それから、
「僕よりたくさん傷ついた兄さんのほうが王に相応しい」
と訴えるところ。
思い出しても胸が熱くなります。

若き日のダルタニアンを演じるのは西村大ちゃんです。
う~ん…笑
これ(大ちゃん)が、ああ(エースに)なる??
…そこがまぁリンクしなくて困ったわけですがw
舞台上手でのアトスにかばってもらって…のシーンは、
その直後に舞台下手でフィリップが撃たれてしまうので、
初見ではなにがあった!!!!!
みたいなシーンになってしまいました…。
てかぶっちゃけ下手ばっかり観てて、
なんかさっきグサッて音してたけどなんぞ??
状態でね…気づいたらずみちゃん倒れてましたよねw
あそこはちょっと連続すぎてわかりづらかったなあ。
同時進行なのは凄いドラマティックではあるんだけど…。

若き日のアトス、そしてアトスの息子ラウルの2役で飯泉くん。
ずみちゃんからのたかおちゃん、
は最後のほうはさすがにしっくりときました。
でもどちらかというと、
古川父で飯泉息子のシーンが印象的ではあったけど…
古川アトスがフィリップに、
飯泉アトスがダルタニアンに、
それぞれ剣術指南するシーンが凄く良かったな。
あそこの交錯がたまらなく切なかった。
この二人のシーンはどれもとても良かったなあ。

若き日のポルトスは斉藤くん。
最初でて来た時ちょっとビックリしちゃった笑
痩せた甲斐あったわね!!と思いました。

若き日のアラミス、有川くん。
はじめましてええええ!!!!!!笑
ひまわりはまだまだ有望株がもっさもさですね!!!!

照人さんは双子を2役。
ダルタニアンの忠実な従者であるブランシェ。
その忠実っぷりが素敵でした。
しかしやたらお菓子を美味しそうに食べていてね…
クッキーとかラスクとか、挙句ポンデリングまで!!!!
お菓子食べまくりダイエット
てどんなダイエットなのか詳しく教えて欲しいそんなものが存在するのなら!!笑

アトスの従者を演じるのが池永くん。
待ってました!!!!!
前回の武蔵の時もめっちゃいい味だしてて好きだったんだけど、
今回もー!!
照人さんとの従者コンビ掛け合いがめっちゃ面白かった!!!
「そんな今晩のおかずみたいに!」
とか、ツッコミ最高でした。
なんの役にも立たないのかと思いきや、
フィリップを医務室(どこやねん)に連れて行く、
という重役を最後に果たしてくれます。
あそこも凄い好き。

仕立て屋ペルスランは吉谷さん。
なんか衣装がごっついです笑
着こみすぎじゃね?!!!みたいなw
パリの地下から情報を発信してる情報おじさん…
らしいです笑
実はその正体は…!!!!!
みたいなことにラストなっていますが。
なんだかんだ美味しいとこ持っていきますこの人も笑

蔡さんはオープニングからダンスで魅了して下さいました。
最初は、
トートダンサー的な…
ロミジュリで言うところの死のダンサー的な…
そういったポジションなのかと思ってましたが、
モリエール、という役がちゃんとあった!!!!
劇作家さんですね。
てっきり三銃士かいた人なのかと思った…やだおばか私。
ダイナミックなダンスで、
舞台にアクセントと彩りを加えて下さいました!!!

フーケの青木さん、
コルベールの豊田さんもそれぞれ、
なかなかの怪演で笑
凄く印象深かったです。


アクサル第13回公演
三銃士~仮面の男~

日時:2月4日(土)13時開演/18時開演
日時:2月5日(日)13時開演
会場:ABCホール
脚本/演出:吉谷光太郎
振付:舘形比呂一
配役:
ダルタニアン/ロシュフォール→柄谷吾史
アトス/ミレディ→古川貴生
ポルトス/リシュリュー→武原広幸
アラミス/ジュサック→山本健史
ルイ14世/フィリップ→矢崎広
若き日のダルタニアン→西村大輔
若き日のアトス/ラウル→飯泉学
若き日のポルトス→斉藤崇
若き日のアラミス→有川蒼馬
プランシェ/ベーズモー→田中照人 
グリモー→池永英介
フーケ→青木威
コルベール→豊田豪
ペルスラン→吉谷光太郎
モリエール→蔡暁強
近衛兵1/他→渡部 新                       
近衛兵2/他→下垣内大介
近衛兵3/他→山本誠大
近衛兵4/他→今村佳佑
近衛兵5/他→大島洸一
近衛兵6/他→三木一輝
近衛兵7/他→田中尚輝
[PR]
by edenblue3 | 2012-02-15 22:37 | axle

アクサル

アクサルの舞台観劇の感想です。
[PR]
by edenblue3 | 2012-01-17 18:58 | axle