中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ ダイヤのA上映会

ダイヤのAと中日ドラゴンズがコラボレーション。
試合観戦にトークショーと上映会があるという…
凄まじいイベントでした笑

栄では試合前にミニトークショーも開催。
それが炎天下の屋外での過酷なイベントで、
11時に登場した逢坂さん、下野さん、櫻井さん…
5分で締めの挨拶になってトータル10分で去って行かれました笑
…いや、まぁ確かにあの状況で続けるのは危険すぎた。
客席の大半が直射日光にさらされてて、
生命の危機を感じましたのでね笑
賢明な判断だったかと思います。
司会の方が5分で締めようとした時に、
むしろキャストさんたちが、
「えええ?!」「もう終わり???」
ってびっくりされてたんだけど笑
割とリアルに客席はもう限界…みたいになってたから笑

試合は14時から。
始球式もあったので、
栄で昼食を取ってすぐにナゴヤドームまで移動。
始球式はほんと、あっという間でしたね~~~~。
キャストさんたちは、
試合途中からバックネット裏の特等席でご覧になってました。
次打者がバッターボックスに向かう時の場内ビジョンにたまに映り込んでいて、
いちいちおかしかったです笑
本人たちは最初は気づいてなかったみたい笑
試合途中で2回、
グラウンドでのイベントもありました。
しかし当然ですが1塁側のドラゴンズサイドばっかりにいらして…
ダイヤシートは3塁側ヤクルトサイドだったから、
遠い遠い…
ちょっと公式の悪意すら感じましたわ笑
あと場内放送を担当されたり。
これは楽しかったですね。
あとヤクルトの応援、高校野球ぽくて面白かった。
傘の応援も楽しそうだったなぁ。

試合はなんと延長戦で…
結局4時間半もやってました…疲労困憊…(しかもヤクルトの勝利)
そのあとようやくトークショーということで、
グラウンドに入れてもらえることになったのだけど、
この時のスタッフの対応がね……………
場合によっちゃオオゴトになりかねない、ひどい仕様でしたね。
誰も仕切る人がいなくて、
ただ漠然と客席に座らせた状態で…
結局、雪崩式での入場。
要は早いもん勝ち。
あれはアカン。
いちばんやったらあかんやつ。
ああいうのはあらかじめ整理番号を振っておくのが一番だと思います…。
手間かもしれないけど当日の混乱を防ごうと思ったら、
それが一番です。
オタクは順番つけられたらちゃんと守りますから。

そんな大混乱入場のあと、ほどなくトークショー開始。
先ほど(8時間前くらい)は10分で去って行ったキャストさんたちでしたが笑
こちらのトークはがっつり。
逢坂くんは「おしおしおーし!!!!」をやってくれたりも。
始球式イベント初参加の下野さんは、
自分が来たから負けた、ジンクスを作りたくない模様で笑
次の福岡、注目です!!
原作を読んで結果を知っているとはいえ、
収録の時は「勝つ気」で臨んでいると下野さん。
「キャラとして立つ以上、みんな勝つ気でやってますから!!」と。
この言葉に凄く感動しました。
だからこその熱演なのでしょうね。
現場の熱まで伝わってくるようでした。

トークの後は上映会。
75話の上映でした。
ナゴヤドームの人工芝に座ったり、寝そべったりしながらの、
まったり鑑賞。
人工芝まじ人工…て実感しました笑
硬かったもんなぁ。
でも靴も脱いだりして気持ち良かった。
 
 




 

 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-08-09 23:41 | event