タイタニック

タイタニックと言えば、
レオナルドディカプリオ…な世代です。
映画で観た程度の知識で臨みました。
ジャックもローズも出て来ませんでした笑
物語はいわば、
タイタニック号に乗り合わせた人々の群像劇…ですかね。
乗船から氷山衝突までが一幕。
沈没で二幕。
オチまでこんなにもわかりきっている作品てのも珍しい…
なんというネタバレ
う~~~~ん、ぶっちゃけ、一幕が…長かったなぁ。
氷山に衝突するのはもう分かっているわけで…
それまでは乗務員だったり、乗客だったりの、
様々なバックボーンなんかが描かれていくのだけど…
長くて途中からちょっと退屈だったなぁ。
そうしてる間にも、
氷山のことがちょいちょい挿入されます。
だんだんと、悪夢へ向かっていく一幕。
氷山衝突の瞬間は、凄く緊迫感あってどきどきした…。
そして二幕…
船内に事態はまだ知らされていなくて、
のんきに一等客は歌ってたりします。
そこに突然の停電。
なんとなくホラーテイストな恐ろしさもあって…
演出、全般にはとても良かったです。
そしていよいよ沈没のクライマックス!!
てところですが、なんともあっさり…
淡々と、タイタニックは沈んでしまいました。
あの時、こんなにもあっさりと、
非情に、多くの命が奪われてしまったのだと…
思い知らされるエンディング。
これが現実なんだなと。
しかし一幕であんだけ尺とって描いてた人々、
さくっと死んでしまいました。
そこには何もドラマなどなかった。
ただ、たくさんの命が、
消えてしまったという現実に打ちのめされました。
悲劇ですからあたりまえですが、
なんのカタルシスも得られない、
ドラマもない。
事実のみを淡々と描いていました。
映画で散々ドラマティックな演出みちゃってるもんで(苦笑)
凄くあっけなかったな~~~~。
思えば映画はとてもスイーツなお話だったんだな…
現実はそんな甘くなどない…
そういう意味では舞台版、
シビアで良かったですね。
それにタイタニックを、
舞台でやれるんだなぁって感動しました。
役者さんたちも良かった。

加藤さんは設計士。
船が沈み始めてから、
設計ミス見つかったぁぁぁぁぁぁ!!!!!
とか歌っちゃうのがとても印象的?でした?????
あと設計士と船長と船主の三人で、
誰が設計したんだ!!
誰が急かしたんだ!!!
って責任転嫁する歌もとても壮絶だったです…
(ちょっと笑いそうになったけど笑)
それにしても、
設計士さんもちゃんと船に残ったんだなぁ…って。
まぁミス見つけちゃったもんね…切ない。
しかし和樹さん…
主役じゃなかったんかい?!!!
全く人物像的なことには触れられなかったですね。
ほんと群像劇だったので、あんま印象に残らな…汗
なんだったんだあの全裸ポスター

鈴木さんはオーナー。
そもそもお前がなぁ!!!!!!!!
ってみんな思っちゃったよね笑
しかも自分は救命ボートに乗るという…

入野さん見張り役。
でも乗客もやってたよ…
奥さんと赤ちゃんを逃がしてあげて、
船に残るパパ…という凄く胸に迫るシーンがあって、
涙がこみあげてきたのに…
次に出て来たシーンでは見張り役、
救命ボート乗っとるがなあああああ!!!!!!
あふれた涙ひっこんだわ!!!!!!笑
このあからさまな二役はどうなんです?!!!!!!!
とはいえ自由くんは歌もたたずまいも素敵でした♡

古川さんは三等客。
そして乗務員もやってたよね~~~
三等客は助かって乗務員は助かってないよね~
なんとかしろこの兼役!!笑
相変わらずすらりと素敵でした。
[PR]
by edenblue3 | 2015-04-02 23:00 | musical