ラ・カージュ・オ・フォール

ラカージュ私はこれで3回目の観劇になります。
2009年に初めて拝見した時から…
心を奪われた素敵な素敵なミュージカル。
大好きな作品です。

今回は初日と千秋楽を贅沢にも観劇しました。
よ~やく!!2回観劇ができた~~~~。
私も年を重ねたせいか涙もろくなってしまって笑
オープニングでいきなり懐かしさにじ~んとしたり…
ラストは幸せにあふれすぎて泣けてきたり…
でも本当に、
何度観ても、感動できる物語だと改めて感じました。

ストーリーについては前回の時に暑苦しく語っていましたので笑
今回は略。

冒頭から、ノリノリで客席を盛り上げるマエストロ塩田明弘氏。
いやぶっちゃけ彼がいちばん楽しんでたのではないかと!!笑
初めて観たよジャンピング指揮
あんだけ客席を煽るマエストロも初めての経験です笑
おかげでオープニングからめっちゃ盛り上がりましたけども。

そして私が愛してやまないジョルジュ、鹿賀丈史さん…。
今回も素敵だった~~~~~~♡
ザザへの愛、ジャン・ミッシェルへの愛が、溢れ返ってたよ…。
あの包容力!!!
すごすぎる…。
ほんで一幕の砂に刻む歌の優しい歌声にやっぱり泣かされました。
なのにあれ、
歌ってる場合ちゃうがな!!!
ってオチがつくんですよね笑
最高!!!笑
この涙と笑いの絶妙なバランスがたまりません。
市村さんとのコンビネーションは、
本当に長年連れ添った夫婦のようで…
この二人にしか醸し出せない空気感、
これからもずっとザザ市村さんを愛して欲しいです笑
手と手をとって二人で、おなじ歩幅で、
ゆっくりと歩いてゆくラストシーン、
本当に素敵でした。

市村さんは…
モーツァルト!に続いてまた拝見できて嬉しいのですが…
でもちょっと立て続けすぎないかな…
と心配です…(勝手に)
20kgのスパンコールがついた衣装をまとってたりするらしく、
観る天国、演る地獄
ておっしゃってました。
ただでさえ舞台はハードですから…
余り、余り、急がないでほしいなぁと思ったりも…
が。
ラカージュは今年で30周年だそうです。
「足腰たたなくなっても演る!!」
と力強く宣言されていたので笑
私もついてゆきたい所存です!!
一幕ラストのありのままの私、心揺さぶられました。
本当に素晴らしかった。

今回のジャン・ミッシェルは相葉裕樹さん!!
いやぁ~ずいぶんお歌うまくなりましたよね!!(テニミュ比)
二幕の見てごらん(リプライズ)は号泣するかと思ったです…(してないけど)
その前の台詞のところ…
「彼は僕の母親です!」
あそこ本当に大好きなシーンです。
おやこ三人の絆が素晴らしくて、
ほんと大泣きするところでした。(しなかったけど)
ラカージュにはいろいろな愛の形が描かれていますが、
やっぱりこの家族の愛が、ことさら胸を打ちます。
男とか、女とか、関係なく、
たいせつに想う気持ちが、凄く素敵に描かれていて。

アンヌは前回からの続投で愛原実花さん。
アンヌはちょっと一幕が残念なんですけども笑
二幕、ジャン・ミッシェルへの愛を貫くところが本当に素敵…。
あぁジャン・ミッシェルいいこ選んだな~って。
ちゃんと見る目があったのねっていう…笑

ダンドン夫妻は今回も今井清隆さんと森久美子さんですが…
もりくみさんはむしろ痩せたんじゃないかと錯覚するほど、
なんだかもうよくわからないカラダ笑
いや相変わらずのダイナマイトバディだったす!!

初日は…
最後なんかスタオベ早すぎじゃね?!!!!
っていうタイミングで席を立ち始める客たち笑
カーテンコールまで待ってられるか!!て感じでした。
役者さんたちも早すぎでちょっと驚いてたかな?!笑
いやなんだったら一緒に歌っちゃう?!みたいなノリでしたよ客席が。
ほんと盛り上がってたな~鳴りやまない拍手、みんな笑顔で…
素敵な舞台の素敵なカーテンコールでした。

千秋楽では、
何度アンコールあったかわからんくらい笑
何度も何度も呼び出してたな~
最後は、市村さんが、
「また来るね~!!」
って客席に向かって。
そしてキャストさんたちには、
「また来ようね!!」って。
何度もおっしゃっていたから…
私も安心して、次を待っていようと思います。
またこの素敵な舞台に再会できる日を楽しみに。
 
 
 
 
[PR]
by edenblue3 | 2015-03-06 23:32 | musical