夏の夜の夢

a0255804_23442163.jpg
何度目かの再演です(雑
なんかやっぱりツイッターでは書ききれないのでここに来た(駆け込み寺か!)
過去サンモールとか紀伊國屋とか、
はたまたドラマシティや名鉄ホールでも上演されましたが、
今回はスタジオライフのホームグラウンドであるウエストエンドスタジオでの上演。
幾らなんでも狭すぎじゃね?と思ったりもしましたが…
密な空間でぎゅっと濃縮された舞台となりましたね!
そこも使うんだ~ってくらいに客席以外はすべて活用…笑
衣装も小劇場化…(うのさんてまじか!???)
上演時間は2時間15分~20分くらい。休憩なし。がんばった!笑
フィロストレイトいないしアテナイの人も足りないし…
台詞もシーンもずいぶんカットされてました。
毎回わたしフィロストレイト演じる人に注目してるんで笑
ちょっと残念だったけど…適度に観やすかったです。

ウエストエンドスタジオは久々だったですが…
ふつうにおぼえてるもんですね…迷うことなく到着。
入場案内は奥田さん。
もぎりに深山さんがいて…めっちゃ丁寧にもぎってくれた笑
マチネは客席案内に関戸さん(妖精さん1号)と笠原さん(妖精さん2号)が。
あの、地下へ降りていく時のひそやかな独特の雰囲気…
まさにアンダーグラウンド!笑
現実と非現実とをつなぐ階段のようにも思えます。
踏み入れたそこはもう…夢の世界?!!!!!!笑
前説は藤原さん。
過去の夏の夜の夢公演についてのいろいろを語って下さいました。
マチネもソワレもだいたい5分押しくらいでの開演。
ほんでマチネもソワレもぎゅーぎゅーに詰まっての観劇でしたね笑

キャストはold-fashionedとnewcomerの2つ。
まぁオッサ…いやアダルトチームとヤングチームって感じですね!!!
ニューカマーはとにかく新鮮でしたね。
はじめましてのキャストが多かったですし。
都カップル4人が若々しくて勢いあって良かったですね~。
一方のオッサ…いやオールド(略)は懐かしかったです。
真新しさには欠けますが、安定したお笑いを提供していただきました笑
演目が楽しいのでキャストが変わっても楽しめるもんだな~としみじみ。
それではキャスト感想を。

鈴木ライサンダーはとにかく頭が悪そうで笑
非常に残念なイケメンでした…
宇佐見ハーミアとのバカップルぶりも良かった。

千葉ディミートリアスは凄かったです…
なんというキモさ!!!!(←褒めてます)
鈴木ライサンダーと並んで立った時のなんという貧相さ!!!
その絶妙なキモかわいさにく・ぎ・づ・け♡
若林ヘレナは何ゆえこんな千葉ディミにぞっこんなのか…
マニア臭のするお似合いカップルでした。(←ひどい)

松本ヒポリタはドヤ顔自重!!
と思わずにはいられない貫禄でございまして(いろんな意味で)
本当にお美しかったですよ。
ええもうハーミアよりも誰よりも美しかったでございます。
ラストのシーシアスとのシーンがそれはそれは美しく…
ひきこまれましたね。
幸福な結末に涙があふれました。

山本フルートは特に劇中劇がどうなることかと見守っておりましたが笑
ナイナスの墓のところで、
なけなし、ナイス、と2回ボケるのは山本シスビーの仕様ですか笑
ピラマス死後のお芝居はさすがでした。
(それまでは歌舞伎始まった…!とガクブルでしたが)

倉本パックは安定の不安定というか笑
相変わらずで安心しました笑
だらっとゆるっとしているけれどシメるところはシメて下さいました。

曽世ライサンダーは名台詞(?)も飛び出してほんと懐かしかった笑

松本ハーミアは前半はとにかくかわいくかわいくあざといまでにかわいくて笑
そんで後半は筋肉キャラ大暴走大爆発でしたね…笑
凄かった…凄いギャップでした…まさにギャップ萌え(違

緒方ディミートリアスも、
別の意味で気持ち悪くてね(←しつこいようですが褒めています)
こっちはライサンダーではなくディミのほうが頭悪いんだなっていう…笑
そしてこっちのディミはソロ歌わせてもらえないです。
(それでも上演時間こっちのが長いんだぜ…笑)

関戸ヘレナも懐かしかったなぁ。
松本ハーミアとのバトルが可愛くて可愛くて♡
やっぱりこの二人のコンビ最高ですね!!
抜群のコンビネーションを発揮してました。

久保ヒポリタはめっちゃクールビューティ…
女優さんみたいだった!
ごついけど!笑

深山フルート…相変わらず深山さんは仕草がいちいちかわいい!!
歩き方とか手の動きとか!!
ほんで安定のハーパン…まだ似合うんかい!!!とつっこんだよね笑
ん~~まだまだライフの舞台でも観たい役者さんですよ!と実感。

笠原パックは倉本さんの後で観たら凄くシャープに思えてだな…
俊敏に見えた!!!(かんちがい!!!?)
なかなかにあいくるしいパックでしたよ~。

仲原シーシアス…良かった…本当に観に来て良かった…(←噛み締める
いまだかつてこんなにも(見た目)素敵なシーシアスがいただろうか!!!
いやいない!!!!
(私の担当様はシーシアス当たり役の牧島さんですが!)
ヒポリタとのラストが本当に美しくてまばゆくて眼福でした…
しあわせをありがとう!!!!!!
「やっと心開いてくれたお…」的に凄くいい表情をなさっていて、
うるんでゆく瞳に吸い込まれそうでした。

藤原クウィンスは今回もふざけたハゲヅラだったのですが…
ほんと唯一、
劇中劇のラストの口上の時だけはそのハゲやめれになっちゃいますね…
凄くいい口上なんだけどハゲヅラが目に入るとふざけんなと言いたくなる…(←酷
アテナイどうしようもないな!笑

石飛オーベロンはなんか今回はバイキングぽかった…
相変わらず歌声すてきでした~。
とくにラヴィンユーが好きだ…凄く優しい。
今回も両パックに苦しめられていたな笑
スタジオライフのパックは石飛オーベロンを笑かすために存在してるんだと思うよ!

山崎ティターニアが意外にも(失礼)可愛かった!
そもそもティターニアが可愛いのか…と実感いたしました笑
ティタ美なの?ティタ子なの??どっちなの???と気になりますが(どうでもいい
山崎さんいつぞやのなんかの役で女役はもう最後とかおっしゃってたような…
その後にまた演ってたかもだけど。
今回は妖精だからいいのか…(?)
ティターニアと言えば。
余りにも林さんの印象が強く…
それもそのはず、過去のすべての公演において、
石飛さんとお二人で妖精夫婦をとびきり素敵に演じて下さっていたから。
もう幾度みたかわからんの!夢中になって通った舞台だったから。
…その林さんが退団され、
(くしくも私が観劇した31日付けでご退団されたのです…)
山崎さんが引き継ぐことになって…
当然、比べました。
でも別に失礼なことだと思わない。
それだけ林さんのティターニア素敵だったし好きだったから…
簡単に誰かがかわりを演じられるとは思わないし、
簡単にできるようなもんでもないと思います。
役者ってそーいうことですよね。
林さんのティターニアはそんだけ凄かった。
でも、だからと言って、
山崎さんのティターニアが受け入れ難かったのではないです。
スタジオライフでのティターニアはこれから、
山崎さんでありほかの役者さんでありがまたつくってゆけばいいのだし。
私はそのティターニアを受け入れていきますし。

長く劇団を観てゆく、というのはこういうことなのだな…
としみじみと感じます。
好きな役者さんはどんどん離れてゆかれました。
戻って来ることはまずないです。
たくさんの別れがありました…
役者は入れ替わってゆくし、思いも変わってゆく。
彼らは影。
それは初めてスタジオライフが夏の夜の夢を上演した時に、
感じたことでもありました。
舞台を照らすライトが消えれば彼らも消えていく。
そしてもう二度と、同じ舞台を観ることはかなわない。
ほんとうに、はかないものですね。
そんなはかない影を、
私はずっと追い続けている。
そしてこれからも追い続けるのだと思います。
このスタジオライフという劇団を、
見守ってゆくんだろうなって。
思います。
…微妙な距離感で。笑
 
 

 
[PR]
by edenblue3 | 2015-01-31 23:59 | studio life