陽だまりの樹

手塚治虫の原作ですが実は知りません…
ちょうどCSでアニメやってたんですが、
6話くらい観て断念した…(中途半端な)
まぁでも幕末のお話なので、
凄く興味はありましたし、楽しみにしてました!!
舞台じたいは…
ツッコミどころもあれど、まぁ新歌舞伎座でやってるんだしな…
て納得できたんですが…
いかんせんその新歌舞伎座、客席が残念すぎて…ww
あんまりいい観劇だったとは言い切れない…かも…。
平日昼間に3階席で観てるような客には、
ろくでもないのが紛れてるな…
てのが実感です汗
もうお前家帰って寝てろよ!!!て言いたくなるようなオッサンとかいたわ。
ある意味オバチャンよりタチ悪くてびっくりだ。
…そんなわけで集中力削がれまくりましたが頑張って観劇しました!!!

脚本演出が方南ぐみの樫田さんだったんですねー。
オノケンが出てたのも納得かな。
前に大阪で公演のあった方南ぐみのあたっくNo.1、
あれにもオノケン出てたもんなぁ…と懐かしく。
あの時はすっごい泣けちゃったから、
今回もそんな感じ…??と思ってましたが…。
ラストとか美しかったですね。桜吹雪。

上川さんはおちゃらけ医者ww
人を笑わすのって泣かすのより難しいと思いますが、
上川さんはやっぱり絶妙だったなあ。
間合いとかね、客席を沸かせる術を知ってる方だなと。

一方の吉川さんは初舞台、なんだそうで。
武骨な感じの侍役が凄くハマってました!!
この日は上川さんのお誕生日回。
「男だけでの集まりと聞いてきたんだが!」
の台詞を、
「男だけの誕生日会と聞いてきたんだが!」
ってアドリブにしてて爆笑したわー。
あの堅物が誕生日会とかww

岡本健一も出てましたが、
若干、無駄遣い感漂う感じではありました…。

オノケンは医者見習い的な役どころ。
結構出てましたね。
最近ライフではめっきりご無沙汰なので、
こうして地方公演のある外部に出てくれると、
とてもありがたいです。


陽だまりの樹
日時:5月7日(月)12時開演
会場:新歌舞伎座
原作:手塚治虫
脚本/演出:樫田正剛
出演:
上川隆也
吉川晃司
岡本健一
高野志穂
花影アリス
石倉三郎
[PR]
by edenblue3 | 2012-06-05 22:32 | straight play