TRINITY THE TRUMP

初演は2009年でした。
1枚だけ取ったチケットが最終的に4枚になったという…
観るうちにどんどんハマった公演でございました。
初演もTRUTHとREVERSEとありましたが…
再演も再び。
更にオール女子も加わった!
なんと言ってもTRINITY THE TRUMP。
三位一体なトランプです。

ということで。

今回は最初から4枚確保w
TRUTH、REVERSE以外にも半リバとかあって、
残念ながら女子を観る余裕がありませんでした…。
私は、
TRUTH
REVERSE(半A)
REVERSE(純)
REVERSE(半B)
という順序で観劇。
衣装はTが青で、Rはすべて、赤。
全パターン観たい!と思って4枚とったわけですが、
考えてみたらTはもう一回くらい観ても良かったかも…。

さてTRUMPです。
基本、初演を踏襲していました。
がらりと変わった印象はありません。
しかしリバースした時の解釈の違いが明確になっていたような…?
今回もやはり、この「リバース」にやられたなといった感じでした。
ほんと、面白いよリバース!
ダブルとは全く違った面白さがあります。
…役者さんは大変だろうけどねぇ。
Tはギャグ少なめの正統派な感じで、
Rは脱線もお遊びも多めになっていました。
エリート!エリート!の末満・赤星・山浦の三バカエリートもTでは登場しませんw

上演時間は2時間半、休憩なし。
今回は何故かパンフがありませんでした…。
そんな余裕もなかった…的ではありますが、
やはりパンフは欲しいです!!!!!
初演のパンフが素晴らしかっただけに残念。
かわりにやたら写真がありましたが…くじ写真までありましたが…苦笑。
どうせならもっと舞台写真を売って欲しかったですね。
せめてもの記念だ。
あとサントラが売られてました。2枚組4000円という、
普通なら買わねーよ!な価格でしたが買いましたよ勿論w

このたびの再演を観ていて思いましたのは…
これ…また商業化するのかしら…
ということでした。
華麗に有毒少年を商業化したキューブの名のもとに。
やりそうですよねえ?
それはそれで楽しみだな!と。ちょっと妄想してしまいましたよねw


まずはソフィとウル。
どちらもはじめましてな役者さんです。
甲斐くんは初めてソフィで観た時、
田渕くん?!
かと思ったくらい、印象が似てました。
ただ、田渕くんほど華奢ではなく線も細くなくて、
シッカリ男子でした。
初日だったせいか、後半は前髪がだらけきっていた…。
千秋楽ではきっちりピン留めされていて良かったです。
ウルで出て来た時は、
前髪をしっかりとアップにしていたので、
え?梶くん!?
て思ったくらいに梶裕貴に似ておった…。
しかしウルの時にはどうしても違和感が拭えませんでした。
凄い熱演だったのだけど、
どうしても生きることに執着しているように見えなかった。
どこか、さばさばとして見えてしまって…。
弟キャラとしては可愛かったんですけどねw
ダリパパに教えてもらう友情パンチは、
殴ったね…!父さんにも殴られたことないのに…パーンチ!!!
というアムロレイでした。
初日はさっぱり似てませんでしたが、
千秋楽では見事ものにしていた。GJ!!!笑
甲斐ウルは、死ぬ間際にソフィに言います。
「生まれ変わったら…僕は君になりたい」
生きることというよりも、ソフィそのものへの憧憬のほうを感じました。
甲斐ソフィはとてもしなやかでした。
どこか淡々としていた。ほんでツンデレw
永遠なんて欲しくもない。確実に、アレンの血を引いている子でした。
そして冒頭とエンディングが、
4500年いきてきたんだなっていう言葉の重みがあって、良かったです。
ほんと子供じゃないんだ…て思った。
宇保くん。ひまわりっこです。
ウルの時の、生きることへの執着が凄くて…
なんというか、生き汚いと感じてしまうほどの執着が凄かった。
執着しない甲斐ソフィとの対比がとても鮮やかでした。
だからこそとても切なかったな。
ダリパパに伝授されるパンチは、
ウーボ、ウボウボ、ウー!ウボウボ、ウー!!
千秋楽は「最後だから長め」まで込みでめっちゃ長々とやらされていた笑
宇保ウルは、死ぬ間際の台詞が、
「生まれ変わったら…僕は…………………」
で事切れるんですね…。ソフィになりたい、とまでは言い切らない!!
なんかそこに強い意思のようなものを感じます。

クラウスとアレン。
ここは初演の時も、
山浦クラウスを2回みたあとで赤星クラウスが2回、
だったのですよね…。
ほんとは今回は交互になるはずが、突然のキャスト変更で、
結局こんかいも山浦クラウス2回からの赤星クラウス2回、
になってしもたよ…残念無念。
最初に観てしまうので、
やっぱクラウスは山浦さんだよなーと思うのですが、
赤星クラウスを観ると、こっちもイイ!!
となりました。(今回もw)
それこそ全く印象の違うクラウスなので、
どちらも甲乙つけがたいです。
でもやっぱり、
山浦クラウスは赤星アレンを求め、
赤星クラウスは山浦アレンを求めるのです。
泣けるで!!!!!(そこにか)
さんざんアレンアレン言われてた赤星さんが今度はアレンアレン言うのか…
と思ったらめっちゃ泣けるやん。(えええええ)
赤星アレンは相変わらずの不思議ちゃんでした。
くるくるふわふわ、不思議な魅力でクラウスを翻弄する。
放っておけないこのアレン!!
かたや山浦アレンは、なんかワイルドw
男臭くて…なんか野性の匂いがぷんぷん漂っている。
力強く…それでいてどこかしなやかな獣のようでもあり…
クラウスの掌をひらりとすりぬけて、逝ってしまうのです。
クラウスとアレンのリバースは、
観るごとに切なさが深まってゆくようでした。
あ、両アレンの恋人は今回は常に片桐はいり似でした!(どうでもいい)
今回もまた、両氏のてへぺろめっちゃ可愛かったです笑
そしてラストシーン、ソフィを手招くマント姿の両クラウスは…
それはそれは極上の恐ろしさ!
かっこいいけど恐ろしい。
その姿はまさにTRUE OF VAMPだったのでした。
…いや別に関係ないけど。うまくまとめた的な感じで。

ラファエロとアンジェリコ。
初演では、ラファエロとガ・バンリのリバースでしたが…
今回はココ。
ラファエロに敵意むきだしのアンジェリコと、
エリート兄ちゃんラファエロがリバースします!
初演の、ソフィ←ガ・バンリ、ウル←ラファエロ、
の見守り構図が好きだった私は最初かなりここガッカリポイントでしたw
まぁ今回わりとどうでも良かったけど。
洋平さんは初演に引き続き、ラファエロ。
半リバではなんと眼鏡+丁寧語という!!!!!
ヲタ女歓喜な仕様になってご登場でしたw
でも相変わらず1と10しか数えられませんwwおばかw
パパもご健勝の意味がわかってないから似たもの親子かしら。
洋平さんのラファエロはちょっと威圧的というか…
あくまでもおとうたま第一なんですよね。
弟よりも父がすき!
父に認めてもらいたい一心での弟に対する守護、という印象だった。
ウルの向こうにダリが透けて見えるラファエロでした。
アンジェリコはとっても愉快な役作りでしたがw
なんというか、エリンプネタの時の下着がフロントホックブラでね…
外してウルに渡して突き返されたらまたつけ直すっていうね…
なんだその細かい芝居w
全く必要性を感じませんでしたが楽しかったからいいですw
しかしアンジェリコの時はちょっと後ろ髪が気になったというか、
ヴィジュアル的にどこか竜兵ぽかったというか、
色々、アレでした笑
澤田さんも初演に引き続いてのアンジェリコ。
思えばこのアンジェリコで初めて彼を知ったのであったのぅ。
相変わらずのクレイジーっぷりでした。自己陶酔にも程がある。
そしてラファエロ。
眼鏡+丁寧語なのはリバースの仕様。
初見の時は…
なんだこの七五三だとか
なんだこのミニマムな兄だとか、
いろいろ言ってごめんなさい。(いやそこまで言ってないけど)
素敵なお兄様でしたわ。
なんつっても1から10までフランス語で数え始めるからね!!
さすがインテリ!笑
しかしお辞儀ヘッドにくしゃみアタックと…ちょっと天然さんだった。
弟のことは素直に大切に思ってそうです。
父からどうたら言われるよりも前に、弟を守ろうとしてたと思う。
ウルがダンピールの告白をした後、
弟の生い立ちについて語るシーンで、涙をこらえて声つまらせて…
おま…そんな大事か弟!!!
ってあそこで客席の涙腺も決壊したね。
ダリパパになじられた時の「元はあなたが蒔いた種ではありませんか」
の言葉は、かろうじての抵抗だったのでしょうなあ。
そんな素敵兄を演じた澤田さんでしたが、
千秋楽のオマケカテコ、アンジェリコフィーバーでは、
ノリッノリでダンシングしていて、
あんたやっぱこっちかよ!
と思ってしまいましたw

ガ・バンリとピエトロ。
あ、ここリバースしますか…
と私がガッカリしたポイントその2ですw
ま、今回ここどうでも(略)
中野バンリは正和でした。
全編とおしてタムラマサカズなヴァンパイアハンターでした。
え、ガ・バンリお笑い系?!!
と初見の時はヒヤヒヤしましたw
でもやっぱり要所要所かっこよかったけどね!
でもやっぱり死に際ショボかったけどね!!
ヅラだったのですが初日はほんと前髪がだらけきっていてね…。
途中で前髪を真横わけにするのが無性に笑えました。
そこは耐えろ!耐えてくれ!(甲斐ソフィのように…!)と念じてしまった。
千秋楽では程よくピンで留められていたからか、
そんなに気にならなかったです。
中野お笑いバンリにヒヤヒヤしていましたが、
リバースしたらもっとひどかったw
杉森バンリはひどいアニヲタだった。
キラッ☆であり…だおのこであり…
そうか…こんなバンリもありか…と。
新しい扉が開いた感じでした笑
それでもこちらも要所要所は締めてくれました。
すっごいメリハリであった。

グスタフとミケランジェロ。
最初にスキンヘッドの中島グスタフを観た時、
グスタフはハゲキャラがデフォなのか?!
と激しく疑問でしたがw
割と初演のまきおさんキャラ踏襲ぎみでした。
しかし筋肉はあまり…笑
衣装は初日うまく着れませんでしたが、
千秋楽でもやっぱりすぐに着れなかったw
初日はもたもたして着れてませんでしたが、
千秋楽は汗で着れなかったみたいです…笑
中島さんはミケランジェロが凄かった!
つけまつげ以外にもマニキュア、ハイヒールと…
カンペキ!カンペキにオカマバーのママ!!
植田ミケランジェロはデカかったw
ツインテールのせいか更にデカい印象に…。
しかしこちらはつけまくらいで、ノーマニキュア、ノーハイヒール。
まどマギねたをしつこくするダリ卿へのツッコミは、
植田ミケランジェロのほうが力強かった。
グスタフやった時に一度、ひどい出トチリをしてw
衣装も着れてない、眼帯ない、鞭もない…
とさんざんな感じで笑(なにやっとったんやw)
その日がDVDの一発撮りだったため、
終演後5分きゅうけいして、そこだけ撮り直したというw
前代未聞の事態を引き起こしてくれました。
いやーーありがとう!!!
たぶんあんな経験にどとできんでしょうw正直GJでした。
ご本人は平謝りでしたけどねw
キャストパレードまで撮り直しして…
あの日はほんと、レア公演となりました。

ジョルジュとモロー。
Tを初日でしか観ていないので…
すみません久保田ジョルジュと釋章充モローの記憶がありません!!!!汗
てか釋章充さんにいたっては、読み方がわからないうえ、
どこまでが苗字でどこからが名前なのかもわかりませんよ!
うわあああ超ごめんなさい!!!!
いっそ潔いまでに山本ジョルジュと和田モローの記憶しかないです…。
なんだここリバースしないんだーて真剣に思ってましたよ…。
ま、リバースはしてないんですけどね…ダブルキャストですね…ここだけ。
今回は小粋なアメリカンジョークがネタのテーマでしたw
和田くんはちびっこくて可愛いですね。

ダリ。
今回も唯一のシングルキャスト、末満さんです。
…千秋楽はダリメイクになるまでに生徒役でやたら出て来たなw
ダリちゃんは相変わらずの演出過剰でした笑
人間椅子は初演よりも豪華だった…無駄に。(ほんと無駄w)
無駄に脱線しがちではありますが、
デリコ家の名誉のため、ウルの秘密を隠し通さんとする…
厳格な父親です。
しかし焼け落ちるクランを前にしての、
「ウル…ラファエロ…これが私たちの結末か…!」
という言葉は印象的でありました。彼にとっては運命共同体だったのかなと。
あ、あと、これは千秋楽でようやく気付いたのですが…
ラファエロが焼け死ぬところで、
「あぁ…私のラファエロが…!」
て嘆いていました。
あれ…これもしかして澤田ラファエロ限定?!!
鈴木ラファエロ言うてもろてない??
気付いたのが千秋楽だったのでもうどうしようもなくて、
DVD待ちでございます。
私の、ってところにこの人のエゴが出ていますが…汗
でもなんかこれも凄く印象的な言葉でした。


ピースピット2012
TRINITY THE TRUMP

日時:1月22日(日)18時開演[T]
日時:1月27日(金)19時開演[RA]
日時:1月28日(土)18時開演[R]
日時:1月30日(月)18時開演[RB]
会場:HEP HALL
作/演出:末満健一
音楽:和田俊輔
振付:山根千佳
配役:
ソフィ→甲斐健太[T][RB]宇保允[RA][R]
ウル→宇保允[T][RB]甲斐健太[RA][R]
クラウス→山浦徹[T][RA]赤星マサノリ[R][RB]
アレン→赤星マサノリ[T][RA]山浦徹[R][RB]
ラファエロ→鈴木洋平[T][RA]澤田誠[R][RB]
アンジェリコ→澤田誠[T][RA]鈴木洋平[R][RB]
ガ・バンリ→中野聡[T][RB]杉森大祐[RA][R]
ピエトロ→杉森大祐[T][RB]中野聡[RA][R]
グスタフ→中島ボイル[T][RB]植田順平[RA][R]
ミケランジェロ→植田順平[T][RB]中島ボイル[RA][R]
ジョルジュ→久保田圭介[T]山本太一[RA][R][RB]
モロー→釋章充[T]和田重[RA][R][RB]
ダリ→末満健一[T][RA][R][RB]

[T]
ソフィ→甲斐健太
ウル→宇保允
クラウス→山浦徹
アレン→赤星マサノリ
ラファエロ→鈴木洋平
アンジェリコ→澤田誠
ガ・バンリ→中野聡
ピエトロ→杉森大祐
グスタフ→中島ボイル
ミケランジェロ→植田順平
ジョルジュ→久保田圭介
モロー→釋章充
ダリ→末満健一
[R]
ソフィ→宇保允
ウル→甲斐健太
クラウス→赤星マサノリ
アレン→山浦徹
ラファエロ→澤田誠
アンジェリコ→鈴木洋平
ガ・バンリ→杉森大祐
ピエトロ→中野聡
グスタフ→植田順平
ミケランジェロ→中島ボイル
ジョルジュ→山本太一
モロー→和田重
ダリ→末満健一
[RA]
ソフィ→宇保允
ウル→甲斐健太
クラウス→山浦徹
アレン→赤星マサノリ
ラファエロ→鈴木洋平
アンジェリコ→澤田誠
ガ・バンリ→杉森大祐
ピエトロ→中野聡
グスタフ→植田順平
ミケランジェロ→中島ボイル
ジョルジュ→山本太一
モロー→和田重
ダリ→末満健一
[RB]
ソフィ→甲斐健太
ウル→宇保允
クラウス→赤星マサノリ
アレン→山浦徹
ラファエロ→澤田誠
アンジェリコ→鈴木洋平
ガ・バンリ→中野聡
ピエトロ→杉森大祐
グスタフ→中島ボイル
ミケランジェロ→植田順平
ジョルジュ→山本太一
モロー→和田重
ダリ→末満健一

[PR]
by edenblue3 | 2012-02-02 00:20 | straight play