体育の時間

ちょっとお久しぶり…?
の観劇になった気がする玉小です。
世界館はめっちゃ久々だった!!
以前よりもさびれた気がします…弁天町からの道のり。
なんであんな場所にあるんだろう。(今更)
世界館の何が辛いって、
往路で既に帰りたくなるのに、途中でもう引き返せなくなって、
更にまた帰りも同じ道を歩かなければならないという…
あの絶望感!!!!!!!!
ほんとなんであんな場所に…。

それはさておき、
ラックシステムでは初めて、
最初に「お」のつかない作品だそうです。
わかぎさんはかつて本気で体育教師になりたかったそうで…
そんな彼女の熱い思いが溢れた舞台でした。

物語は昭和初期。
日本女子体育高等師範学校が舞台です。
そうです女子高です。
キャストの半分、男ですが、
キャストの大半、over30ですが、
女子高なんですっ!!!!!
つまりアレです、
ほぼほぼ女子高生とは程遠い、
女子高生たちがわいわいきゃっきゃ………………………
はぁ~~~~~~~↓←色々思い出した。
おっさんが女装して出て来た時に、
だからアラケン呼ばれたのか…と納得したわけですが、
アラケンは誰よりも若く美しく艶っぽかったわ!!!!!!
ツンデレ…いやツンツン??な女子高生がハマってました。
三上さんも女子高生です…
が、もういっそ潔いくらい、渋いオッサン演技でした…。
そんなええ声の女子高生おるか!!!!!!!!!!
いやもう途中、余りに汚い絵面に、舞台を見つめるのが嫌になった笑
心が折れたわ。
玉小の何が恐ろしいって、
普通男が女装してると、見てるうちに多少は見慣れて可愛く見えてくるものなのに、
全く目が慣れない!!!!!笑
いつまで経ってもおっさんはおっさん!!笑
全く可愛く見えないんだぜ…。
ある意味凄い笑
あ、野田さんは女性教師でした。
つっても普通に男だったけどな!!!!!!!!!!
あぁしまった、
この舞台の主旨からは逸脱した感想になってしまいましたが、
本編じたいはいたってマジメ。
女性がスポーツをやることにもまだ理解の得られていない、
黎明期のお話。
たくさんの人たちの血のにじむような努力と涙のにじむ尽力があって、
今、わたしたちは当り前のようにスポーツを楽しむことができるんだな、
って…やっぱり感動しました。(おっさん女子高だったけど)

今回はコングさんが(踊る吸血鬼で)お休みなので、
物販番長は野田さんが担当。
逆ギレ気味でしたが、意外にきっちり宣伝してました笑
少なくともコングさんよりは…笑
それにしても野田さんは老化しないな!!爆
久々に見たら更に若返ってないか?くらいの勢いで、
心底びびりました。
はぁ…かわいすぎる。好きすぎる。
別に女子高生やっても良かったんじゃないかしら。
と真剣に思っています私。


玉造小劇店配給芝居vol.8 ラックシステム新春公演
体育の時間

日時:1月13日(金)19時開演
会場:世界館
作/演出:わかぎゑふ
出演:
野田晋市
千田訓子
うえだひろし
谷川未佳
祖父江伸如
西岡香奈子
三上市朗
北沢洋
中道裕
小椋あずき
森崎正弘
坂口修一
早川丈二
山藤貴子
荒木健太朗
わかぎゑふ
[PR]
by edenblue3 | 2012-01-17 20:46 | straight play